京都桜情報・・・京都御苑の九条池に来るアオバトと近衛池のカワセミと糸桜

京都御苑の春の自然風景は近衛池に枝垂れ糸桜が満開になる頃が特に美しい。ここに瑠璃色のカワセミなどが現れるとさらに風趣が高まる。また、旧九条邸の庭園である九条池に訪れるアオバトの姿を見ることが出来ればさらによい。この近衛池付近には春の野鳥としてオオルリやキビタキなども桜の終焉時に現れるので観察すると楽しみが多い。(2011.4.30.に掲載)早朝のひと時、夕方のひと時、太陽はそれぞれ色合いを変え、桜の花を光り輝かせる。少し早起きをしてそういう光あふれる時にここに訪れてみてはどうだろう。アオバトは8時前後に九条邸跡に現れることが多いようだ。
画像
近衛邸跡の早咲き枝垂れ桜 2012.4.1.撮影
画像
近衛邸跡の早咲き枝垂れ桜 2012.4.1.撮影
画像
糸桜満開の近衛池に現れたカワセミ(桜に見入る人にはこの姿は映らない) 2012.4.1.撮影
画像
近衛池の糸桜 2012.4.1.撮影
画像
近衛池の糸桜 2012.4.1.撮影
画像
九条池に現れたアオバト 2012.4.1.撮影
画像
欅の大木の窪みにたまる雨水を飲むアオバト 2012.4.1.撮影
画像
九条池の下草に餌を探すアオバト 2012.4.1.撮影
画像
多い時は20羽近く現れるというが、この日は17羽が姿を見せた。 2012.4.1.撮影
画像
楠やアラカシにとまると保護色で姿が分かりにくくなる 2012.4.1.撮影
画像
自然はどうしてこういう美しい色合いを生き物に与えるのか?不思議なことが多い。 2012.4.1.撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック