京都紹介・・・洛西大原野にあり桜と紅葉の名所「勝持寺」

画像

画像

画像

画像

「花見んとむれつつ人のくるのみぞ あたらさくらのとがにはありける」西行法師の歌で知られる勝持寺は、桜の花の頃はソメイヨシノが見事に咲き、鐘楼横の「西行桜」と呼ばれる枝垂桜のほかにも数種類の桜があり、100本ほどの桜が競演する。紅葉のころも境内に同じくらいのモミジが生えていて、見ごたえのある景観となる。歌に詠まれる瀬和井の泉や冴野の沼(さえののぬま)はこのお寺の境内にある。上の写真の石灯篭のある池には西遊記にも出てくる魚が入った竹籠を持たれた魚らん観音が置かれている。桜と紅葉のシーズン以外は茶の侘び寂を感じさせる静寂な山寺となっている。勝持寺も今日のお寺の姿の再建には善峯寺同様、桂昌院の援助があったことも知っておかねばならないだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック