京都紹介・・・善峯寺奥の院からの眺め

画像

画像

画像

画像

いよいよ善峯寺の最上段まで登ってくると、そこにはけいしょう殿と奥の院薬師堂がある。けいしょう殿は見晴らしの景勝をかけて桂昌院をお祀りする建物で、薬師堂は桂昌院のご両親が信心された薬師如来が祀られている。一番の高見で山谷が迫り、絶景を参道の階段や築地越しに見せている。とにかく善峯寺は拝観で周遊する各所から、京都の絶景が楽しめる。このお寺は宮門跡だが、平安時代の1029年に開山されてから、白河天皇により諸堂が建立され、鎌倉時代には京都の青蓮院門跡の宮様が代々住職を勤められいる。室町時代には後花園天皇が伽藍を改築され、応仁の乱で焦土と化し、桂昌院により再興される歴史をたどっている。蓮華寿院庭は青蓮院門跡の宮様の住坊旧跡の庭と言う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック