アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ


自然観察・・・賀茂川のカワアイサ

2017/12/17 05:00
たくさん来ているうちによく観察しておこうと賀茂川のカワアイサを12月13日に見に行った。この日は10羽の群れが新葵橋付近の賀茂川におり6羽の群れが鴨川にいた。合計16羽に増えている。群れが魚を追うところを観察する。
画像
カワアイサ2♀♀ 2017.12.13.撮影
画像
魚を捕えたカワアイサエクリプス♂ 2017.12.13.撮影
画像
魚を飲み込むカワアイサエクリプス♂ 2017.12.13.撮影
画像
魚を追って瀬を乗り越えるカワアイサ♂ 2017.12.13.撮影
画像
瀬を乗り越えるカワアイサ♂ 2017.12.13.撮影
画像
どんどんに来たカワアイサエクリプス♂とコサギ 2017.12.13.撮影
画像
魚を捕りに周回するカワアイサ♀ 2017.12.13.撮影
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自然観察・・・初冬の賀茂川に見る野鳥

2017/12/16 05:00
12月になり寒波が来て賀茂川・鴨川を散策する人も減ってきた。寒いと水鳥たちもどこへ行くのか数が減り、見かける場所が限られてくる。鴨川で普通にに見ることができる野鳥たちを撮影してみた。
画像
荒神橋付近に多い冬の風物詩になっている都鳥(ユリカモメ) 2017.12.13.撮影
画像
北大路橋付近に見るユリカモメとコサギ 2017.12.10撮影
画像
北大路橋付近に見るコサギとマガモ 2017.12.13.撮影
画像
葵橋付近に見るヒドリガモペアー 2017.12.10.撮影
画像
葵橋付近に見るオオバン 2017.12.13.撮影
画像
葵橋付近に見るオナガガモ 2017.12.11.撮影
画像
葵橋付近に見るオナガガモ 2017.11.13.撮影
画像
新葵橋付近に見るコガモ 2017.12.13.撮影
画像
葵橋付近に見るトビ 2017.12.13.撮影
画像
鴨川に見るハシブトカラス 2017.12.11.撮影
画像
葵橋付近に見るカワラヒワ 2017.12.13.撮影
画像
出雲路橋付近に見るハクセキレイ 2017.12.11.撮影
画像
葵橋付近に見るカワセミ 2017.12.13.撮影
画像
北大路橋付近に見るイカルチドリ 2017.12.10.撮影
画像
北大路橋付近に見るイソシギ 2017.12.13.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


自然観察・・・賀茂川のトビ

2017/12/15 05:00
賀茂川には出町周辺におびただしいトビの群れがいる。この付近で餌を水鳥に与えておられる人がいるのでトビはそのおこぼれを狙って群れているようだ。しかし、賀茂川で弁当を食べたりしてくつろぐ人には大変危険で、「トビにあぶらげ」で済めばよいが、突然急降下して来て食べ物をとられる時、翼で目を傷つけられる可能性があるので注意が必要だ。失明でもしたら大変である。今回は群れが水飲みに降りるところを観察した。
画像
鴨川出町周辺に群れ飛ぶトビ 2017.12.11.撮影
画像
群れで鴨川に水を飲みに降りたトビ 2017.12.11.撮影
画像
鴨川に水を飲みに降りたトビ 2017.12.11.撮影
画像
鴨川で水を飲むトビ 2017.12.11.撮影
画像
鴨川に水を飲みに降りたトビ 2017.12.11.撮影
画像
鴨川に水を飲みに降りたトビ 2017.12.11.撮影
画像
トビの飛翔 2017.12.11.撮影
画像
トビの飛翔 2017.12.11.撮影
画像
トビの飛翔 2017.12.11.撮影
画像
カラスに追われて飛び立つトビ 2017.12.11.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


自然観察・・・宝ケ池2017年のオシドリ

2017/12/14 05:00
毎年宝ケ池には多くのオシドリが飛来するが今年は数が少ないようだ。12月12日に見に行った時はオスが2羽しかいなかった。美しいこの鳥を間近で見られるのはうれしい。
画像
宝ケ池のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
休息中の宝ケ池のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
マガモ♀と眠る宝ケ池のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
場所交代を迫る宝ケ池のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
ホシハジロ♀と宝ケ池のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
この日見れた2羽のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
この日見れた2羽のオシドリ 2017.12.12.撮影
画像
この日見れた2羽のオシドリ 2017.12.12.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


自然観察・・・宝ケ池に川鵜(カワウ)のいる風景

2017/12/13 05:00
カワウはアユなどの漁獲に影響して漁業関係者に嫌われる害鳥となっている。捕獲駆除に奨励金が出るほどという。琵琶湖から飛来する時に大集団で移動することがある。この日は宝ケ池に10羽以上の集団で休息に来ていた。宝ケ池の風景が美しいので、そこにいるカワウは河川等で狩りをする時とは違う姿を見ているようで悪いイメージが払拭される。
画像
比叡山や国際会議場を借景とする宝ケ池公園の景色とカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池高山の景色とカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池の景色とカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池の景色とカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
画像
宝ケ池のカワウ 2017.12.12.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


自然観察・・・賀茂川のカワアイサの様々なしぐさ

2017/12/12 05:00
今年は賀茂川に多数のカワアイサが飛来している。10日は15羽を観察した。11日は風が強い性か7羽のみだった。捕食する活動や羽づくろい等々さまざまなしぐさを見たくて2日連続で見に出かけた。賀茂川でのカワアイサの観察は距離が近いのでありがたい。
画像
くつろぐカワアイサの♂ 2017.12.10.撮影
画像
カワアイサの♂ 2017.12.10.撮影
画像
カワアイサ♂の羽づくろい 2017.12.10.撮影
画像
カワアイサ♂の羽づくろい 2017.12.10.撮影
画像
くつろぐカワアイサ2♂♂ 2017.12.10.撮影
画像
魚を探査中のカワアイサ♀と♂、それのおこぼれを狙うチュウサギ 2017.12.10.撮影
画像
魚を追い回すカワアイサ♀と2♂♂、見守るチュウサギ 2017.12.10.撮影
画像
魚を捕えたカワアイサ♀ 2017.12.10.撮影
画像
カワアイサ♀ 2017.12.11.撮影
画像
カワアイサ♀ 2017.12.11.撮影
画像
カワアイサ♂エクリプス 2017.12.11.撮影
画像
羽づくろいするエクリプス♂と休息する♂ 2017.12.11.撮影
画像
カワアイサ♂と♀ 2017.12.11.撮影
画像
カワアイサ2♀♀ 2017.12.11.撮影
画像
リラックスして尾羽を広げるカワアイサ♂ 2017.12.11.撮影
画像
ヒドリガモとともに休息するカワアイサ♂ 2017.12.11.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


身近で愛らしい雀(スズメ)

2017/12/11 12:01
賀茂川に雀が群れる季節になった。自然観察に歩いた折、群雀が休んでいるところに出くわし、その愛らしい姿を少し写してみた。
画像
セイタカアワダチソウにとまったスズメ 2017.12.10.撮影
画像
愛らしいスズメ 2017.12.10.撮影
画像
スズメ 2017.12.10.撮影
画像
群雀 2017.12.10.撮影
画像
飛び立つ群雀 2017.12.10.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


滋賀の森の自然観察・・・マヒワ・ヒガラ・コガラ・ホンドリス

2017/12/07 05:00
滋賀の森に野鳥観察に出かけた。良い天気だったが風が強く午前中しか野鳥の動きが観察できなかった。観察できた野鳥他はマヒワの群れの吸水、ヒガラ、コガラの飛翔、ホンドリスの活動だった。アオゲラもいたようだが姿は見なかった。
画像
滋賀の森 2017.12.6.撮影
画像
マヒワ 2017.12.6.撮影
画像
マヒワの群れの吸水 2017.12.6.撮影
画像
マヒワの吸水 2017.12.6.撮影
画像
マヒワが吸水していた水場 2017.12.6.撮影
画像
松の実を求めて飛翔するヒガラ 2017.12.6.撮影
画像
ヒガラと群れて移動するコガラ 2017.12.6.撮影
画像
一瞬姿を見せたホンドリス 2017.12.6.撮影
画像
ホンドリス 2017.12.6.撮影
画像
ホンドリスのジャンプ 2017.12.6.撮影
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


自然観察・・・京都府立植物園のキクイタダキ

2017/12/06 05:00
今年はキクイタダキが多いようであちこちでその姿を目撃する。京都府立植物園でエナガの群れに交じるキクイタダキを観察した。
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
画像
キクイタダキ 2017.12.5.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


今年も賀茂川にやってきたカワアイサ

2017/12/05 05:00
今年も賀茂川にカワアイサがやってきた。今年は9羽も訪れている。今年はヒドリガモの数も多く、キンクロハジロ、オオバン、コガモ、オナガガモ、カイツブリの姿も変わらず見ることができる。マガモやカルガモの数も多い。ユリカモメは北大路橋付近ではまだほとんど見られない。
画像
カワアイサ♂ 2017.11.28.撮影
画像
カワアイサ♀ 2017.11.28.撮影
画像
カワアイサ♂ 2017.11.28.撮影
画像
カワアイサ♀ 2017.11.28.撮影
画像
カワアイサのペアー 2017.11.28.撮影
画像
カワアイサの集団。ここには4羽しか集っていないが周辺を合わせると9羽いる。 2017.11.28.撮影
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
紅葉と翡翠(カワセミ)
紅葉と翡翠(カワセミ) 京都府立植物園に見る紅葉とカワセミ 紅葉とカワセミ 2017.11.28.撮影 紅葉のイロハモミジとカワセミ 2017.11.28.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/30 05:00
休憩室・・・四季桜と紅葉
休憩室・・・四季桜と紅葉 しばらくパソコン修理中で休憩です。 京都府立植物園の四季桜と紅葉。 京都府立植物園半木池にて2017.11.28.撮影 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 05:00
嵯峨野広沢の稲田のケリ
嵯峨野広沢の稲田のケリ 晩秋、刈り取り後の休耕稲田にケリの親子がいた。動かなければどこにいるのか分からないほど保護色で目立たない。ゆっくりした動きで餌を探している。地味な鳥だが飛び立つと非常に美しい姿になる。また声もけたたましい。 ケリ 2017.11.24.撮影 ケリ 2017.11.24.撮影 ケリ 2017.11.24.撮影 ケリ 2017.11.24.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 05:00
自然状態でも11月末に羽化するヤマトシジミ
自然状態でも11月末に羽化するヤマトシジミ ヤマトシジミが晩秋に何時ごろまで羽化して活動するのか観察したことがなかったが、11月23日の木枯らしが吹く寒い日に南向きのベランダにあるカタバミからヤマトシジミの1♂が羽化していた。翅裏の紋は寒冷期型に見えるが、この蝶は生き抜くことが出来るのだろうか?我が家にはツメレンゲが今花盛りなのでこれが吸蜜植物となるだろうがほかのどこを見ても花はない。ツメレンゲにとまらして写真を撮ると、ふらふらと飛んで隣家の松葉に移り休止していた。 ツメレンゲにとまらして撮影した寒冷期型ヤマトシジミ♂。魚眼使用。 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/24 05:00
宝ケ池のジョウビタキとカワセミ
宝ケ池のジョウビタキとカワセミ オートバックスで冬タイヤに交換する待ち時間に宝ケ池を歩いてみた。今年初めてのルリビタキに桜の森で遭遇したが撮影はできなかった。代わりにジョウビタキが付き合ってくれ、岩倉川ではカワセミがお付き合いしてくれた。 宝ケ池桜の森のジョウビタキ 2017.11.21.撮影 宝ケ池岩倉川のカワセミ 2017.11.21.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/23 05:00
ブナ原生林のキノコ狩り
ブナ原生林のキノコ狩り 恒例となったブナ原生林のキノコ狩りに出かけた。残念ながら期待のナメコはほとんどなく、ムキタケ、チャナメツムタケ、クリタケが中心となった。収穫はそこそこで参加者でキノコ汁を楽しんだ。ムキタケやチャナメツムタケは実に美味しい。山は初雪でかなり冷え込み、霰や霙交じりの時雨が降っていた。 美しい紅葉時の広葉樹の山肌 2017.11.19.撮影 台風21号の性で山が崩れ倒木となったブナの大樹 2017.11.21.撮影 広葉樹の美しい黄葉 2017.11.19.撮影 ウリノキの黄葉 2017.11... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/22 05:00
京都府立植物園に見た晩秋のキノコ2017
京都府立植物園に見た晩秋のキノコ2017 京都府立植物園を自然観察に散策して晩秋に見たキノコを掲載する。 アカチシオタケ 2017.11.15.撮影 アキヤマタケ 2017.11.16.撮影 ウスヒラタケ 2017.11.16.撮影 カブラアセタケ 2017.11.15.撮影 ヌメリキヌガサタケ 2017.11.15.撮影 ヌメリキヌガサタケ 2017.11.15.撮影 クズヒトヨタケ 2017.11.16.撮影 コオトメカサ 2017.11.15.撮影 コツブタケ 2017.11.16.撮影 コフキサルノコシカケ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/21 05:00
京都府立植物園の自然2017
京都府立植物園の自然2017 秋の植物園を歩いて目にしたものを掲載してみる。特に変わったものはないが歩けば何かの被写体が目に付く。 イチゴノキ。晩秋に花が咲いているので虫たちの良い吸蜜源になる。 2017.11.12.撮影 ミカンの木に蛹になったナガサキアゲハ。幼虫はすぐ見つかるが蛹を探すのは大変。 2017.11.12.撮影 水辺に多いハクセキレイ。セグロセキレイと入れ替わり現れるようだ。 2017.11.12.撮影 半木池のマガモ。ここに10羽以上入っている。時に面白い仕草を見せてくれる。 2017.11.15.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/20 05:00
京都御苑にある銘木の紅葉・・・松に生えた桜
京都御苑にある銘木の紅葉・・・松に生えた桜 この11月26日に西陣歴史の町協議会のウォークを御苑を中心に幕末をテーマとして行うが、ルートで通る御苑学習院跡に生える「松に生えた桜」を紹介したい。今年の台風21号のように多くの倒木が生じると、どんな銘木も何時変化に晒され失なうことになるかわからない。この桜も松の梢に生え根を空洞を通じて地に降ろし、ある日松が倒木となった時、その空洞のおかげで、倒れた樹幹をラインにして、松から不思議な形で生き延び育ったものらしい。他では見られない松の空洞から生えた桜になっている。今回秋の紅葉を撮影したが、サクラの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/16 05:00
比叡山登山口の自然
比叡山登山口の自然 久しぶりに比叡山登山口梅谷から水飲対陣跡碑近くまで秋のキノコを求めて歩いてみた。台風21号の傷跡である倒木が多いがキノコは極めて少なくほとんど見つからなかった。今回も見つけたキノコには名前を付けてみたがキノコはそれと見極めるのは本当に難しい。間違いが多いと思う。 比叡山梅谷登山道の紅葉 2017.11.12.撮影 比叡山梅谷登山道の紅葉 2017.11.12.撮影 比叡山梅谷登山道の紅葉 2017.11.12.撮影 比叡山梅谷登山道の紅葉 2017.11.12.撮影 比叡山梅谷登山道に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/15 05:00
近隣に見る野鳥
近隣に見る野鳥 近隣に見る野鳥をアップしようとしたが8月1日から撮りためている外付け4テラの大容量USBが11日朝に損傷してすべて見ることが出来なくなった。仕方ないので11日に新たに撮影した写りの悪いものをアップする。データ修復できればよいが大事な生態観察写真がたくさんあるので困りものだ。 ピラカンサの実とアオジ。鳥の姿が少ないとアオジも人気者になる。 2017.11.11.撮影 エナガとメジロの水浴び 2017.11.11.撮影 オオムシクイ 2017.11.11.撮影 キビタキ♀。これは幸い別USB... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/12 05:00
京都御苑に見る秋のキノコたち
京都御苑に見る秋のキノコたち 京都御苑を歩いて観察した秋のキノコを掲載する。例によって名前は付してはいるが間違いも多いと思うのでご容赦願いたい。 アカハツ 2017.10.17.撮影 アミタケ 2017.11.4.撮影 ウバノカサ 2017.10.17.撮影 カオリツムタケ 2017.10.07.撮影 カニノツメ 2017.10.17.撮影 カレエダタケ 2017.10.17.撮影 カワリハツ 2017.10.17.撮影 キツネタケ 2017.10.17.撮影 シロツルタケ 2017.10.17.撮影 チ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 05:00
京都府立植物園の晩秋の花
京都府立植物園の晩秋の花 京都府立植物園に咲いている晩秋の花を写してみた。今年はこの時期に野鳥の姿が少ないので自ずと花にカメラが向かってしまう。 晩秋でもよく咲くソライロアサガオ 2017.11.3.撮影 バラ 2017.11.3.撮影 バラ 2017.11.3.撮影 メキシカンセージ(サルビアレウカンタ) 2017.11.3.撮影 ヤブラン 2017.11.3.撮影 秋明菊とヒラタアブ 2017.11.3.撮影 オハラアザミとシママメヒラタアブ 2017.11.3.撮影 イナカギクとヒラタアブ 2017... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/08 05:00
宝ケ池の山で見た秋のキノコたち(続)
宝ケ池の山で見た秋のキノコたち(続) 宝ケ池を自然観察して歩いた折、そこで見たキノコたちの続きを掲載する。今回も名前を一応付けてはいるが誤っているものがあると思うのでご容赦願いたい。 アオゾメタケ? 2017.10.14.撮影 エセオリミキ? 2017.10.20.撮影 エセオリミキ? 2017.10.20.撮影 エノキタケ 2017.10.14.撮影 エノキタケ 2017.10.14.撮影 オオウスムラサキフウセンタケ? 2017.10.14.撮影 オシロイタケ 2017.10.14.撮影 カイガラタケ 2017.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/06 05:00
宝ケ池の山に見た秋のキノコたち
宝ケ池の山に見た秋のキノコたち 自然観察を楽しむ中で、虫や鳥たちの姿が少なくなっても秋の山にはたくさんキノコが生えて来るので面白い。千変万化で名前が分かりにくいのが困りものだが、その美しさは毒のある方が面白いとも思う。図鑑と首っ引きで調べてみるが分からない方が多い。今回もあえて名前を付してみたが間違いが多いと思うのでご容赦願いたい。宝ケ池の小山を歩き、自然の中に生えるその美しさを追ってみる。 アキヤマタケ 2017.10.20.撮影 アキヤマタケ 2017.10.20.撮影 アマタケ 2017.10.20.撮影 アマタ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 09:02
紅葉の滋賀の山歩きで見たクロジとマヒワなど
紅葉の滋賀の山歩きで見たクロジとマヒワなど 滋賀の山と沢をキノコや野鳥、虫たちを探して歩いてみた。秋晴れなので何かが出てくれるだろうと期待したが、この日に見たのは野鳥ではクロジとマヒワ、ヤマガラとシジュウカラ、メジロ、コガラ、ヒガラ、コゲラ、ヒヨドリ、オオタカだった。キクイタダキも出ていたようだが私は見ることが出来なかった。キノコはほとんどなく、コガネタケが群生するのを見るのみである。蝶もテングチョウ、キタキチョウ、タテハ類が飛ぶのみで姿は少ない。モミジの紅葉は今が一番の盛りに思える。 美しいイロハモミジの紅葉 2017.11.3.撮影... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/04 05:00
スズメの集団水浴び
スズメの集団水浴び 秋の稲穂の実りや刈り取り後の落穂が田に見られるころになると、スズメが数百羽の群れになり稲田に飛び交う姿が見られるようになる。嵯峨野広沢へキノコ観察に行った折の帰り道、水たまりに百羽いるかと思えるスズメの集団水浴びを車中で見た。行きすぎてとまり、カメラを取り出して同じ光景が再現されないかと構えたが、30羽以下の集団でしか水浴びしてくれなかった。同じ状況が生まれるには車の通行量が多かったようだ。数百羽の集団が一斉に飛び交う姿は圧巻だった。稲田を守るため案山子や砲音で追い払うのもこういう集団が来るから... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/03 05:00
嵯峨野広沢長刀坂のキノコたち
嵯峨野広沢長刀坂のキノコたち 毎年この時期に観察に行く嵯峨野広沢のキノコを調べてみた。今年はやはりどこも同じでここもキノコの発生が少なく種類も多くない。毎年生えるコガネタケとクチベニタケは名前がしっかりしているがほかのキノコはわかりづらいものばかりなので一応名を付してみたが間違いがあると思う。 クチベニタケの群生 2017.10.30.撮影 触れば胞子の埃が噴き出すクチベニタケ 2017.10.30.撮影 地面からにょっきり生える大きなキノコのコガネタケ。食べられるキノコだが食べる気はしない。 2017.10.30.撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/01 05:00
京都府立植物園に台風21号が残した傷痕(10月27日)
京都府立植物園に台風21号が残した傷痕(10月27日) 2017年10月22日深夜、京都は超大型台風21号が吹き荒れた。翌朝、諸所に大木がなぎ倒されている光景を目にしたが、京都府立植物園では前代未聞の100本以上の樹木が倒れるという被害があったとニュースで知った。23日から26日までその整備のため臨時休園となったが、27日に再開したので訪れてみた。そこで見る惨状は想像以上のひどさで、これからのかなりの時間が再生に必要になると思える。立ち入り禁止区域が方々に設けられていたが、その様子を記録するため撮影してみた。 水琴窟東屋の損壊。大きなシーダが倒れて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/30 05:00
モッコクの赤い実に集まる野鳥たち・・・キビタキ・オオムシクイ他
モッコクの赤い実に集まる野鳥たち・・・キビタキ・オオムシクイ他 モッコクの赤い実に集まる野鳥たちを観察してみた。ここではキビタキ、オオムシクイ、コサメビタキ、ジョウビタキ、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラを掲載する。 キビタキ♂ 2017.10.25.撮影 キビタキ♂ 2017.10.25.撮影 モッコクの実を啄むキビタキ♂ 2017.10.26.撮影 キビタキ♀ 2017.10.25.撮影 キビタキ♀ 2017.10.25.撮影 キビタキ♀ 2017.10.26.撮影 オオムシクイ 2017.10.24.撮影 オオムシクイ 2017.10.2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/29 05:00
モッコクの赤い実を食べに来る野鳥・・・ムギマキ
モッコクの赤い実を食べに来る野鳥・・・ムギマキ 熟したモッコクの赤い実は野鳥たちの大好物になる。実が熟せばなくなるまで1週間ほど野鳥たちが次から次に訪れる。渡りのムギマキも一休みして食事している。 モッコクの赤い実を食べに来た渡り鳥、ムギマキ 2017.10.24.撮影 モッコクの赤い実を食べに来たムギマキ 2017.10.25.撮影 モッコクの枝から実を食べに飛び立とうとするムギマキ 2017.10.25.撮影 ムギマキの飛翔 2017.10.25.撮影 モッコクの実を食べに飛翔するムギマキ 2017.10.25.撮影 モッコク... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 05:00
木斛(モッコク)の実を食べにくる野鳥・・・エゾビタキ
木斛(モッコク)の実を食べにくる野鳥・・・エゾビタキ 木斛(モッコク)の赤い実を食べに来る野鳥でコサメビタキやキビタキより少し大ぶりなエゾビタキ。実を食べる時は他の野鳥を気にして喧嘩下手でなかなかシャイなところがある野鳥だと思う。 モッコクにとまるエゾビタキ 2017.10.24.撮影 モッコクの赤い実を食べようと身構えるエゾビタキ 2017.10.24.撮影 隣のクスノキにとまり他の鳥を気遣うエゾビタキ 2017.10.24.撮影 クスノキにとまり隣のモッコクのどの実を食べに行こうか品定めするエゾビタキ 2017.10.24.撮影 クス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 05:00
美しい目玉模様のある秋型クロコノマ
美しい目玉模様のある秋型クロコノマ 温暖化で京都でも普通に見られるようになった南方の蝶クロコノマは9月末頃から発生するものは秋型として大きな目玉模様を持つようになる。夏は目玉がほとんど目立たない黒い蝶だが秋型は目玉模様とオレンジの色がとても美しい。今年は市原と植物園でその生態を観察し一部は持ち帰り飼育した。 市原で幼虫を持ち帰り飼育したクロコノマの蛹 2017.9.20.撮影 市原のクロコノマの蛹。クロコノマの蛹は透き通った緑色の蛹になる。 2017.9.20.撮影 9月28日に羽化した市原のクロコノマ♂。大きな目玉模様が美... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/26 05:00
2017年10月22日、大型台風21号が京都に残した爪痕
2017年10月22日、大型台風21号が京都に残した爪痕 2017年10月22日に通過した超大型台風21号が京都の賀茂川、京都御苑に残した爪痕を見て回った。京都府立植物園は倒木の数が多く、想定外の10月23日から27日ころまでの長期にわたり、整備のため臨時休業する事態になっている。 台風21号は22日から23日の深夜に今年一番となる暴風をもたらした。3時15分頃静岡県御前崎に上陸して京都北区のこの付近の風は少し収まったようだった。かなりの強風と雨で被害が出ていると思ったが翌日見に行った北大路橋から見る賀茂川の水量は思ったほど多くはなかった。 2017... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 05:00
水滴滴るツガサルノコシカケの成長
水滴滴るツガサルノコシカケの成長 ツガサルノコシカケは多年生で松、モミ、トウヒなど針葉樹に発生するという。はじめは白い半球状で水滴を表面から分泌する特徴がある。宝ケ池で観察したこのキノコは桜に発生していた。9月に見た時から10月にかけて経時観察したが10月には恰も桜の口のような格好になり水滴を多く分泌していた。扁平、馬蹄形になるまで観察予定だが、面白い色と形のこのキノコの成長ぶりを紹介する。桜の精が口を得て何かを語りかけているようだ。 桜に出来たツガサルノコシカケの幼菌 2017.9.20.撮影 桜に出来たツガサルノコシカケ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/23 05:00
野鳥観察2017・・・近隣に見るこの時期の野鳥たち
野鳥観察2017・・・近隣に見るこの時期の野鳥たち 近くの園地や公園で野鳥たちの一コマを撮影した。この時期はモッコクの赤い実やタカノツメの黒い実、これからはカラスサンショウの黒い実に野鳥たちが集まってくる。 野鳥が好きなモッコクの赤い実 2017.10.17.撮影 モッコクの実を食べるコゲラ 2017.10.17.撮影 モッコクの実を食べに来たキビタキ♀とメジロ 2017.10.17.撮影 もうすぐ熟れる野鳥の好きなカラスサンショウの実。ミヤマカラスアゲハなどの幼虫はこの木の葉を食べる。 2017.10.20.撮影 飛び回って虫を食べる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/21 05:00
青いゴマダラチョウの幼虫
青いゴマダラチョウの幼虫 10月15日に京都市北区紫野通衣棚にあるエノキからスカイブルーのゴマダラチョウ終令幼虫を見つけ、16日のブログで紹介したが、念のためともう一度調べに行くと2頭目の青いゴマダラチョウ終令幼虫を見つけた。19日にもう一度調べたが今度は普通のゴマダラチョウ3令休眠幼虫が見つかった。おそらくこの幼虫は別親だろう。青いゴマダラチョウ幼虫について、京都蝶の会に照会してわかったことは、2009年秋にも宝塚で8頭のブルーゴマダラ幼虫が発見されていたことだ。この幼虫が初めてではなく、こういう幼虫がまれに存在し、同... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/20 05:00
佐々理峠の原生樹木とキノコたち
佐々理峠の原生樹木とキノコたち 佐々理峠のブナ原生林にキノコ観察に出かけてみた。しかし、例年のようには種類が見られない。それで原生林の樹木を探して写してみた。原生林ならではの樹木がこの森にはある。 原生林の杉 2017.10.18.撮影 原生林の杉 2017.10.18.撮影 原生林の杉 2017.10.18.撮影 原生林の杉 2017.10.18.撮影 ブナの根 2017.10.18.撮影 ブナの木の根道 2017.10.18.撮影 原生の木の根 2017.10.18.撮影 原生の木の根 2017.10.18... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/19 05:00
初めて見るゴマダラチョウの青い終令幼虫
初めて見るゴマダラチョウの青い終令幼虫 ザリガニのように遺伝子操作で生まれる美しいブルー色の個体やオレンジ色、白い個体がいることは知っているが、自然状態でゴマダラチョウにこのように美しいブルー色の終令幼虫がいることを10月15日にエノキの調査をしていて見つけた。完全アルビノのギフチョウ♀が羽化した時も驚きだったがこの幼虫にはもっと驚かされた。3頭の蛹の抜け殻がこの木にはあったがどんな蝶が羽化していたのだろう。北大路衣棚の道路植え込みにゴマダラ幼虫を見つけていたので住宅のエノキも見てみたらこんなことだった。町中で生きていることも珍しいの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 05:00
雨上がりの宝ケ池山間園遊路に見たキノコたち
雨上がりの宝ケ池山間園遊路に見たキノコたち 雨が上がったので宝ケ池へキノコ観察に出かけた。キノコを見つけては写真を撮るが、あとで図鑑と照合してもなかなか名前が分からない。今回も一応名前を付して掲載するが?のキノコが多い。教えてもらえるとありがたい。 エノキタケ 2017.10.14.撮影 オオウスムラサキフウセンタケ 2017.10.14.撮影 カキシメジ 2017.10.14.撮影 カワムラフウセンタケ 2017.10.14.撮影 クチベニタケ 2017.10.14.撮影 コムラサキシメジ? 2017.10.14.撮影 サ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 05:00
10月11日に京都御苑を歩いた時見たキノコたち
10月11日に京都御苑を歩いた時見たキノコたち キノコの名前を知るのは本当に難しい。図鑑と首っ引きで調べるがどうも紛らわしいものが多い。京都御苑を10月11日にキノコを調べて歩いてみた。今年は数が少ないようだがそれでもいろいろな姿を見ることが出来た。まちがっているかもしれないが一応名前を付けてみた。 アカハツ 2017.10.11.撮影 アラゲニクハリタケ? 2017.10.11.撮影 カシタケ? 2017.10.11.撮影 カレバキツネタケ 2017.10.11.撮影 カワラタケ 2017.10.11.撮影 キチチタケ? 201... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/14 05:00
自然観察2017・・・京都御苑の秋景色
自然観察2017・・・京都御苑の秋景色 京都御苑の10月を散策して見た。今年は10月10日を過ぎても秋の野鳥の姿やキノコの数も少ないが、暑さをぶり返した10月にしっかり紅葉の季節が忍び寄っていた。 秋を感じさせる児童公園のイイギリの赤い実 2017.10.11.撮影 児童公園付近のスダジイに出来た小型スズメバチの巣 2017.10.11.撮影 枇杷殿跡のエノキの大木 2017.10.11.撮影 この時期に実を食べに野鳥が集まる近衛邸跡のモッコクの大木 2017.10.11.撮影 富小路広場近くにある赤く色づいたサルスベリ 2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/13 05:00
自然観察2017・・・スミナガシの生態観察と飼育
自然観察2017・・・スミナガシの生態観察と飼育 2017年秋のスミナガシの生態観察を野外と飼育で行った。飼育は花脊で産卵用に母蝶を確保し採卵した。今回は40卵強を得て飼育する。また、花脊、久多、雲ケ畑、岩倉、京都府立植物園で幼虫を観察し撮影も行った。 花脊で楓の樹液に来ている母蝶を確保する。 2017.9.2.撮影 アワブキの葉裏に産み付けられた卵と孵化した1令幼虫 2017.9.9.撮影 花脊で幼虫観察した2令幼虫 2017.9.2.撮影 花脊で幼虫観察した3令幼虫 2017.9.2.撮影 京都府立植物園で観察した4令幼虫 201... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/12 05:00
自然観察2017・・・枕谷の自然
自然観察2017・・・枕谷の自然 福井県、滋賀県、京都府の県境になる三国峠付近の枕谷に出かけた。自然が色濃く残るところでそこで見たキノコや生物などを掲載する。 山深く自然豊かな枕谷 2017.10.8.撮影 原生林の枕谷。楢枯れ倒木が目立っている。 2017.10.8.撮影 鈴なりの毒キノコ、ツキヨタケ 2017.10.8.撮影 毒キノコのツキヨタケ。おいしそうだが食べられない。 2017.10.8.撮影 食べられるチャナメツムタケ 2017.10.8.撮影 食べられるナラタケ 2017.10.8.撮影 腎臓の弱い... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/10/11 05:00
京北のフジバカマ畑に舞うアサギマダラなどの蝶
京北のフジバカマ畑に舞うアサギマダラなどの蝶 京北上黒田のフジバカマ畑に舞うアサギマダラなどの蝶をオーナーのご好意で撮影させていただいた。晴天で気温が上がった為、60頭ほど前日に見られた蝶は20-30頭ほどしか見られず、暑さのため日陰で吸蜜することが多かった。その代りヒョウモン類やタテハ類が多く飛び交っている。京北の静かな山里の一角にアサギマダラの群れがフジバカマの匂いに誘われこれから数日多くの個体が訪れて来るだろう。この日は珍しく♀も一頭訪れていた。 多い時は60頭以上のアサギマダラが訪れる京北上黒田のフジバカマ畑 2017.10.9.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/10 05:00
秋の山の恵み・・・アケビの実
秋の山の恵み・・・アケビの実 秋の山を歩くとこの時期はアケビの実が多くなっている。熟したアケビは種の周りが甘くておいしい。実は天ぷらや炒めものにしてもよい。この日はすき焼きに入れていただいた。 種の落ちたアケビの実 2017.10.3.撮影 ミツバアケビの実 2017.10.3.撮影 熟して美味しい種が見えたアケビの実 2017.10.3.撮影 この日持ち帰ったアケビの実 2017.10.3.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 05:00
今年の鈴鹿のヒサマツミドリシジミ産卵観察
今年の鈴鹿のヒサマツミドリシジミ産卵観察 今年は鈴鹿へ9月8日、24日、29日と10月4日にヒサマツミドリシジミの産卵生態観察に出かけた。9月8日は叩きだしで1♀を見かけたのみで産卵活動は見られず、24日と29日は快晴無風で25度を超え、多くの♀が飛び産卵するところを観察した。しかし、温度25度を超え高すぎると葉陰へ隠れたりして活動が鈍くなる。また、1卵産むと休憩する生態を観察した。24日より29日は温度が低いので午前中から産卵活動がよく見られた。キリシマミドリシジミも2♀の産卵活動を観察できた。キリシマミドリシジミは続けて産卵できるの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/07 05:00
自然観察2017・・・9月20日に歩いた宝ケ池
自然観察2017・・・9月20日に歩いた宝ケ池 久しぶりに宝ケ池を歩いてみた。今年はキノコや野鳥の姿が少ない。虫たちもこの時期お休みの期間かあまり見られない。しかし、普段は見ないカワガラスやクロコノマの秋型などは見れた。キノコもごくわずかだが生えていた。 普段は姿を見たことのない岩倉川にカワガラスがいた。 2017.9.20.撮影 暗い空間が好きなクロコノマ秋型。枯葉に擬してどこにいるかわからなくなる大型のヒカゲチョウ。 2017.9.20.撮影 猟銃駆除できない公園なので人慣れしてしまった鹿。 2017.9.20.撮影 宝ケ池の山の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/05 08:49
京都府立植物園に見る秋型のキタテハ
京都府立植物園に見る秋型のキタテハ 京都府立植物園に秋型のキタテハがいた。琵琶湖池周辺に姿を見せ日向ぼっこをして枯草に擬態して休息をとった。そして3日後にフジバカマの花を観察にでかけると酔ったように動かないキタテハがいた。よく見るとハナグモにとらえられすでに死んでいた。自然は厳しい生存競争にさらされている。 アカメガシワの葉上で日向ぼっこする羽化したての秋型キタテハ 2017.9.28.撮影 アカメガシワの葉上に休む秋型のキタテハ 2017.9.28.撮影 擬態できる枯れ花を見つけ休息に入る秋型キタテハ 2017.9.28.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/03 05:00
自然観察2017・・・滋賀針畑川の秋の虫たち
自然観察2017・・・滋賀針畑川の秋の虫たち 滋賀の針畑川に秋の虫を見つけてみた。アワブキには9月のこの時期にアオバセセリやスミナガシが来年の春に向けて成長する幼虫が付く。 秋の美しい景観を見せる針畑川 2017.9.19.撮影 針畑川 2017.9.19.撮影 針畑川 2017.9.19.撮影 針畑川の流れ 2017.9.19.撮影 針畑川の流れ 2017.9.19.撮影 来春の出番を待つアオバセセリの幼虫 2017.9.19.撮影 アワブキに潜むスミナガシの3令幼虫 2017.9.19.撮影 アキアカネ 2017.9.1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/01 08:49
ヒサマツミドリシジミの産卵観察2017
今年は比良山系の観察場所が裏年に当りほとんど観察できない為、表年の鈴鹿山系に9月24日と29日に観察に出かけた。両日とも快晴無風で多くのヒサマツミドリシジミの♀が見られた。29日にはキリシマミドリシジミの産卵や9月末という比較的遅い時期まで生き残るエゾミドリシジミの♀の姿も観察できた。 クマシデで開翅するヒサマツミドリシジミの♀ 2017.9.29.撮影 産卵木のウラジロガシで開翅するヒサマツミドリシジミの♀ 2017.9.29.撮影 産卵木のツクバネガシで開翅するヒサマツミドリシジミ♀ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 05:00
白山の南竜山荘で見た夕焼けと朝焼け
9月25日と26日に白山に出かけた。砂防新道は70歳を越えた運動不足の集団にはかなりきつい礫道だった。メンバーの足が痙攣して歩けなくなり、南竜山荘まで何とかたどり着いたが翌日の登頂は断念せざるを得ずやむなく下山する。しかし、南竜山荘では好天に恵まれたため夕焼けと朝焼け、満天の星空、山肌の紅葉など2100mまで登らないと見れない非常に美しい景色を楽しむことが出来た。 白山南竜山荘から見る夕焼け 2017.9.25.撮影 白山南竜山荘から見る夕焼け 2017.9.25.撮影 白山南竜山荘から見... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/29 05:00
オンブバッタ
自宅の草花に毎年オンブバッタが発生して食害する。根絶できないので困りものだ。 オンブバッタ。交尾中で上が♂、下が♀。 2017.9.13.撮影 オンブバッタの交尾(褐色型♀) 2017.9.22.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/26 05:00
蝶の生態2017・・・愛知県新城産ウラナミジャノメ
愛知県新城産のウラナミジャノメを頂いて飼育してみた。羽化した蝶の開翅を待つまで一時間を要した。 愛知県新城産のウラナミジャノメ 2017.9.23.撮影 愛知県新城産のウラナミジャノメ 2017.9.23.撮影 アカメガシワの葉上で開翅するウラナミジャノメ 2107.9.23.撮影 開翅するウラナミジャノメ 2017.9.23.撮影 葉裏に隠れるウラナミジャノメ 2017.9.23.撮影 ハギの花と羽化したウラナミジャノメ 2017.9.21.撮影 羽化したウラナミジャノメ 201... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/24 05:00
滋賀(比良山系)のヒサマツミドリシジミ生態観察2017
昨年、9月14日に滋賀の比良山系渓谷でヒサマツミドリシジミの♀が産卵するところを発見してから毎日それを観察した。そこの産卵木は蝶道にもあたり、ウラジロガシが花芽をたくさんつけていたのでヒサマツミドリシジミの♀は入れ替わり毎日現れ産卵を続けた。今年もその産卵木に9月になれば産卵に現れると期待して観察に出かけたが、9月2日にその付近に吸水に降りた♀を見つけて以降、産卵木に現れる♀を見ることはなかった。今年はその産卵木は花芽をつけていないのでヒサマツミドリシジミの♀は敬遠するのかもしれない。ようやく9... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/21 05:00
自然観察2017・・・ヒサマツミドリシジミ発生地の自然
京都北山のヒサマツ発生地を昨年より定点観察し続けているが、今年は昨年と違い出現率が低い。この日も1頭も目撃できなかった。そこで見た生物を掲載する。児雷也の妖術は大蛇、オオナメクジ、蝦蟇で三すくみになるが、この日は蛇、ナメクジ、蛙で三すくみになってしまった。 ヒサマツミドリシジミの発生する京都北山の渓谷 2017.9.13.撮影 ヒサマツミドリシジミの発生する京都北山の渓谷 2017.9.13.撮影 ヒバカリ?と間違えた縞のないシマヘビ?湿地にいた蛇です。 2017.9.13.撮影 ヒバカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/19 05:00
定点自然観察2017・・・間伐で変貌する花脊杉峠
ヒサマツミドリシジミの往年のメッカ、花脊杉峠は近年周りの樹木が成長し、ヒサマツミドリシジミの飛ぶポイントが見えにくくなっていたが、今年のシーズン後から間伐が始まり周りのヒノキ等が伐採されそれのとまるイタヤカエデなどが間近に見えるようになった。来シーズンは写真撮影がしやすくなりそうである。この日は杉峠から大見尾根を谷まで下り、帰りには滝谷山を登った。鳥や昆虫たちはほとんど見れなかったが、ウラギンヒョウモン、ミドリヒョウモン、ヒオドシチョウの姿は見れた。滝谷山では前回見つけたと同じところに獣糞があり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/18 05:00
自然観察2017・・・晩夏の大原クヌギ林
オオムラサキが雄飛していた7月中旬から8月上旬の大原クヌギ林と違い、8月末から9月上旬にもなるとここはすっかり寂しくなっている。9月中旬にもなるとほとんど虫たちも姿を消す。この時期にはゴマダラチョウも羽が擦れ、近くに姿を見せたスミナガシも擦れていた。ヒカゲチョウが多く飛ぶがそれも擦れた個体になっている。しかし、キタテハ、アカタテハ、ルリタテハはまだ健在だった。ノコギリクワガタが採集者がいないので♀をめぐり大きい♂が交尾活動をしてその周りを小さい♂が隙を狙って徘徊していた。ここの観察も今年はここま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 05:00
自然観察2017・・・市原、マキノなど野山での出会い
市原やマキノ、植物園で8月末から9月上旬に出会った生き物、昆虫、花を掲載する。 市原のボロギクの花に吸蜜に来ていたアオバセセリ 2017.9.8.撮影 京都府立植物園で撮影したイチモンジセセリ 2017.8.24.撮影 市原のクズの花とウラギンシジミの卵 2017.9.11.撮影 市原で撮影したコノシメトンボ 2017.9.11.撮影 京都府立植物園の生態園にいるツクツクボウシ 2017.8.24.撮影 マキノ高原にいたツチガエル 2017.8.22.撮影 市原に咲くヌスビトハギの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/13 05:00
自然観察2017・・・鈴鹿渓谷の秋
鈴鹿の渓谷にヒサマツミドリシジミ♀の活動観察に出かけた。結果は♀1頭を叩きだしで見れただけだったが、クサギの花にミヤマカラスアゲハやオナガアゲハが舞う姿はたくさん見れた。ミンミンゼミやツクツクボウシなどの秋のセミが鳴き競っていた。 護岸工事中の鈴鹿の渓谷 2017.9.8.撮影 美しい鈴鹿の渓流 2017.9.8.撮影 クサギの花とミヤマカラスアゲハ♂ 2017.9.8.撮影 クサギの花とオナガアゲハ♀ 2017.9.8.撮影 ウラジロノキとツクツクボウシ 2017.9.8.撮影 ミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/12 05:00
自然観察2017・・・朽木の谷の野鳥など
朽木の谷をヒサマツミドリシジミの活動観察に歩いてみた。マムシやヒルに悩まされながら調査したがヒサマツミドリシジミは見ることが出来なかった。キビタキが幼鳥を連れて現れセンダイムシクイ?の姿が見れた。他に昆虫類は少なかったがミヤマカラスアゲハのボロが吸蜜するところは観察した。キンモンガやトノサマバッタが多い。 幼鳥とともに現れたキビタキ 2017.9.2.撮影 キビタキ 2017.9.2.撮影 キビタキ幼鳥 2017.9.2.撮影 センダイムシクイ? 2017.9.2.撮影 センダイムシク... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/11 05:00
京都の自然・・・9月初め、京都北部、花脊で出会った生物
9月2日、3日とヒサマツミドリシジミの活動調査に京都北山へ出かけた。そこで出会った生き物たち。ヒサマツミドリシジミの♀が9月2日12:00に吸水に降りて活動しているのを観察できた。 花脊のシダに休むイカリモンガ 2017.9.2.撮影 エゴノキに手毬のようにできた虫こぶ 2017.9.3.撮影 イタヤカエデの蜜を吸いに来ているスミナガシとコガタスズメバチ 2017.9.2.撮影 アキアカネと違い少し小型になるナツアカネ 2017.9.2.撮影 吸水に産卵木から下りてきていたヒサマツミド... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/10 05:00
安曇野アルプス自然公園の景観
信州へ出かけると必ずこの公園に立ち寄る。常念岳が雄大に見えるこの公園は花や蝶の宝庫で、行くたびに何かしらの豊かな自然の景観を味あわせてくれる。いつもは中央口から入るが、今回は穂高口から入り違う景観を楽しめた。 安曇野アルプス自然公園穂高口にある花畑 2017.8.29.撮影 雪形の残る5月の景観が好きだが、8月には雄々しい常念岳がそびえる景観を楽しめる。2017.8.29.撮影 安曇野アルプス自然公園の渓流 2017.8.29.撮影 安曇野アルプス自然公園から美ヶ原方面を眺める 2017... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 05:00
白馬五竜高山植物園の花と昆虫
白馬五竜高山植物園に花と蝶を求めて出かけてみた。青いケシの花やシモツケソウなどの旬は過ぎていたがそこそこの花と昆虫たちは観察できた。 白馬五竜高山植物園 2017.8.28.撮影 白馬五竜高山植物園 2017.8.28.撮影 白馬五竜高山植物園に咲くカライトソウ 2017.8.28.撮影 白馬五竜高山植物園とノシメトンボ 2017.8.28.撮影 ワレモコウとアキアカネ 2017.8.28.撮影 地蔵沼のオオルリボシトンボ♀ 2017.8.28.撮影 地蔵の頭 2017.8.28.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/05 05:00
自然観察2017・・・蓼科のシータテハ
蓼科のシータテハはもう秋型だった。林道に舞うシータテハを撮影してみた。林道にはアサギマダラが多数舞っていてその中にシータテハを見つける。 蓼科林道のシータテハ秋型とアサギマダラ 2017.8.30.撮影 蓼科林道のシータテハ秋型とアサギマダラ 2017.8.30.撮影 アザミの花に吸蜜するシータテハ 2017.8.30.撮影 アザミの花に吸蜜するシータテハ 2017.8.30.撮影 アザミの花に吸蜜するシータテハ 2017.8.30.撮影 笹の葉に休息するシータテハ 2017.8.3... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/04 05:00
自然観察2017・・・蓼科のクジャクチョウ
クジャクチョウも普通種ながらこの時期に出向くことがなかったので今まで撮影できていない。今回は機会を得たので蓼科と白馬でその姿を観察した。蓼科で写したクジャクチョウを掲載する。羽化したてのこの蝶は名前の通り美しい。 蓼科のクジャクチョウ 2017.8.30.撮影 蓼科のクジャクチョウ 2017.8.30.撮影 蓼科のクジャクチョウ 2017.8.30.撮影 蓼科のクジャクチョウ 2017.8.30.撮影 蓼科のクジャクチョウ 2017.8.30.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/03 05:00
自然観察2017・・・蓼科のキべりタテハ
この時期に今まで出かけられなかったので久しぶりにキべリタテハに出会えた。この蝶は日本のタテハの中でも他に類を見ない独特な蝶だ。濃紫に黄色の縁でデザインされた色彩の妙に魅入ってしまう。 蓼科のキべリタテハ 17.9.30.撮影 キべリタテハは礫石の道や崖、木の小屋を好んで集まってくる。 2017.8.30.撮影 小屋にとまるキべリタテハ 2017.8.30.撮影 小屋にとまるキベリタテハ 2017.8.30.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 05:00
自然観察2017・・・白山五竜と双子山のベニヒカゲ
今回の観察旅行で見たベニヒカゲを掲載する。 白山五竜高山植物園のベニヒカゲ 2017.8.28.撮影 アザミの花とベニヒカゲ 2017.8.28.撮影 アザミの花とベニヒカゲ 2017.8.28.撮影 アザミの花に舞うベニヒカゲ 2017.8.28.撮影 笹にとまるベニヒカゲ 2017.8.28.撮影 アザミの花とベニヒカゲ 2017.8.28.撮影 双子山のベニヒカゲ 2017.8.30.撮影 双子山のベニヒカゲ 2017.8.30.撮影 双子山のベニヒカゲ 2017.8.3... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/01 05:00
自然観察2017・・・白馬五竜高山植物園のキアゲハ
8月28日から30日まで信州へ蝶の観察旅行をした。まず白馬五竜高山植物園で見たキアゲハ。 キアゲハと八方尾根 2017.8.28.撮影 アザミの花を吸蜜するキアゲハ 2017.8.28.撮影 アザミの花に舞うキアゲハ 2017.8.28.撮影 アザミの花に舞うキアゲハ 2017.8.28.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/31 13:36
賀茂川のモンクロシャチホコの幼虫他
この時期になると賀茂川の桜にモンクロシャチホコの幼虫が群がり付く。終令幼虫になるころには桜の葉は丸坊主になる。桜の葉を食べるのでその近くを通ると糞が道路を赤く染め、桜餅の香りがする。気持ち悪い幼虫だが昆虫食の面では美味しいらしい。でもやはりこの姿を見ると食べる気にはならない。また、イネ科外来植物にはチャバネセセリの幼虫が良く見られる。この蝶が羽化すると秋が来る。 桜の葉に群がるモンクロシャチホコの若令幼虫。この幼虫を食べにジュウイチやホトトギスも9月初めには桜林にやってくる。 2017.8.2... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/30 05:00
賀茂川のセンニンソウ
一時の賀茂川の散歩道にはこの季節になるとブライダルベールのように美しく咲くセンニンソウがたくさん見られた。しかし、最近はほとんどその美しい咲きぶりは見られない。花が咲く前に刈り取られるためだ。今年も蕾をたくさんつけたセンニンソウが見られた。しかし、この花が満開になるまで刈られずに残るだろうか。 賀茂川の土手にたくさん蕾をつけたセンニンソウ 2017.8.27.撮影 センニンソウの花 2017.8.27.撮影 賀茂川の土手に咲き始めたセンニンソウ 2017.8.27.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/29 05:00
クマゼミの季節の終わり
暑い夏の性で長生きだったクマゼミもそろそろ終わりになる。賀茂川で終盤のクマゼミを見た。 賀茂川のクマゼミ 2017.8.27.撮影 賀茂川のクマゼミ 2017.8.27.撮影 賀茂川の散歩道に落ちて飛び立つクマゼミ 2017.8.27.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/28 05:00
蝶の飼育2017・・・この夏羽化したクロコノマ
毎年ジュズダマを植えておいてクロコノマを飼育しているが、この夏は鈴鹿で採取した幼虫で試みた。自然放置して飼育するとすぐアシナガバチにやられてしまう。数年前まではやられなかったが、今年はツマグロヒョウモンにしてもアゲハチョウにしてもアオイラガまで食い尽くされるのでいわゆる芋虫、青虫がほとんど我が家では見られない。屋内飼育、網掛け飼育したものは立派に羽化した。この時期のクロコノマはお世辞にも美しくない。11月に飼育する秋型が一番美しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/27 05:00
アオタテハモドキの累代飼育2017
沖縄乙羽岳で6月末に採取されたアオタテハモドキから採卵し、7月末に羽化した成虫を累代飼育し、8月25日に大半が羽化した。その美しい姿を紹介する。2回目の累代は十分可能なようだ。京都では冬は越せない。 累代飼育で羽化したアオタテハモドキ♂ 2017.8.25.撮影 美しいアオタテハモドキの♂ 2017.8.25.撮影 アオタテハモドキの♂。羽を閉じると見事に周りの景色に同化する。 2017.8.25.撮影 アオタテハモドキ♀。♀は紋の変化が多い。 2017.8.25.撮影 アオタテハモド... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/08/26 05:00
大原の自然・・・クヌギ林の昆虫たち
久しぶりに大原を朝夕訪れて見た。オオムラサキの姿はもう見られなかったが、ノコギリクワガタが姿を見せていたほか、ルリタテハ、ヒカゲチョウ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲは新鮮だった。ボクトウガの幼虫がいたので樹液はまだ出そうである。 飛び古したアカタテハとカナブン、シロテンハナムグリ 2017.8.22.撮影 新鮮なクロヒカゲ 2017.8.22.撮影 コクワガタ 2017.8.22.撮影 ノコギリクワガタの交尾 2017.8.22.撮影 ノコギリクワガタとクロカナブン、チャイロスズメバ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 05:00
マキノ高原の自然
マキノ高原温泉サラサへ行ったついでにその辺をちょっと歩いてみた。そこで見つけた生き物たち。 マキノ高原へ行く道筋のメタセコイア並木道。四季を通じて美しいが夏は緑の静寂がある。 2017.8.22.撮影 マキノ高原スキー場麓のキャンプ地の川 2017.8.22.撮影 川原のツチガエル 2017.8.22.撮影 この辺にはまだいるガムシ 2017.8.22.撮影 美しいベニシジミ 2017.8.22.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/23 05:00
蝶の生態・・・岩倉のサトキマダラヒカゲ
岩倉でサトキマダラヒカゲの産卵するところを観察し、卵を持ち帰り飼育した。非常に弱い幼虫で羽化は半分程度だった。蛹になるのは地上と見られ笹の壜刺しで飼育したために蛹化場所が不安定だったようだ。 笹に産卵するサトキマダラヒカゲの♀ 2017.6.8.撮影 笹の葉裏に産みつけられた卵 2017.6.8.撮影 産卵するサトキマダラヒカゲの♀(別の個体) 2017.6.8.撮影 笹の葉裏に産み付けられた卵。先の卵と形が違うように見えるのでこれはヤマキマダラヒカゲなのか?友人に飼育してもらったので幼... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/20 05:00
巨大マンネンタケ(霊芝)
今年は雨が多い性かマンネンタケの成長が良い。いつもより大きな立派なマンネンタケがあちこちに芽生えている。薬用にするとよいのだろうが我が家の飾り物にするため乾燥させた。 マンネンタケ 2017.7.12.撮影 マンネンタケ 2017.7.12.撮影 マンネンタケ 2017.8.4.撮影 マンネンタケ 2017.8.4.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 05:00
自然観察2017・・・最盛期が近づいたムラサキツバメ
近年はシリブカガシやマテバシイがあれば京都市内のどこにでも見られるようになったムラサキツバメだが50年前はこの地では珍しい蝶だった。温暖化による時代の流れを感じる。食樹のシリブカガシに終令幼虫が鈴なりだった日から10日を置いて再び観察に出向いてみると、数多くのムラサキツバメの♀がシリブカガシの周りで飛び回っていた。 8月4日の時点では親の数はまだ少なかった。シリブカガシ周辺にいたムラサキツバメの♀。 2017.8.4.撮影 シリブカガシの新芽にいるムラサキツバメの終令幼虫 2017.8.4.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/17 05:00
自然観察2017・・・8月の昆虫、生き物アラカルト
8月に出会った雑多な昆虫や生き物を並べてみる。 大原のアオカナブン 2017.8.8.撮影 深泥池のカナブン 2017.8.9.撮影 大原のクロカナブン交尾 2017.8.8.撮影 大原のアカタテハ 2017.8.8.撮影 大原のルリタテハ 2017.8.8.撮影 大原のアマガエル 2017.8.3.撮影 大原のアカウシアブ 2017.8.8.撮影 大原のオオスズメバチとカナブン 2017.8.8.撮影 賀茂川のウスバキトンボ 2017.8.12.撮影 金勝のシオカラトンボ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/16 05:00
自然観察2017・・・岩倉・雲ケ畑の真夏の自然
岩倉と雲ケ畑の定点観察を8月10日と11日に行ってみた。岩倉ではクヌギの根元に危険なカエンタケが生えていた。取り立てて珍しいものは見られなかった。岩倉ではすぐ逃げられて撮影がしずらかったヒグラシだが鳴いているセミに気配を消して忍び寄りカメラを5cmまで近づけて撮影できたのは初めての快挙だった。 雲ケ畑のアキアカネ 2017.8.10.撮影 雲ケ畑のコクサギにとまったオナガアゲハの♀ 2017.8.10.撮影 雲ケ畑のイワヒメワラビの葉上に休むニホントカゲ幼生 2017.8.10.撮影 雲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/15 05:00
自然観察2017・・・炎暑の宝ケ池にて
昼下がりの宝ケ池はちょっと歩くだけで汗だくになる。岩倉川で川遊びする子供たちと一緒になって水に入りたくなる暑さである。何もいないと思いつつ、自然観察に散策して見た。いきなりオオルリの幼鳥が挨拶に出てきた。水場ではメジロが水浴びしていた。林間に鳴くヒグラシの声だけは涼やかである。 台風が去り快晴の宝ケ池公園から望む比叡山 2017.8.9.撮影 子供たちが川遊びする岩倉川と比叡山 2017.8.9.撮影 岩倉川と宝ケ池憩いの森 2017.8.9.撮影 カサスゲ湿地とハンノキ林 2017.8... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/14 05:00
賀茂川歳時記2017・・・台風5号一過後の賀茂川
台風5号は全国に甚大な被害をもたらしたが、幸い京都はそれほどの雨量にならなかった。賀茂川も一過後2日立つと水量も減り、水の色も美しく戻り始めていた。ここを住みかとする生き物も活動を始めている。 台風5号が去り2日後の西賀茂橋付近の賀茂川 2017.8.9.撮影 架け替え工事中の賀茂川御園橋 2017.8.9.撮影 台風5号が去った上賀茂橋付近の賀茂川 2017.8.9.撮影 台風5号が去り晴天となった賀茂川北山橋からの眺め 2017.8.9.撮影 西賀茂橋付近で活動するカワセミ 201... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/13 05:00
自然景観散策・・・醒ヶ井のハリヨとバイカモ
醒ヶ井の湧水の清流に咲くバイカモとハリヨを久しぶりに見に行った。最近ハリヨはずいぶん数を減らしていると聞いた。以前は清流にもその姿を見ることが出来たがこの日は見れなかった。また、水槽の中にも1匹しか泳いでいない。夏はアブラゼミやニイニイゼミが鳴き、中山道の鄙びた佇まいの中にしみじみとした静寂の雰囲気を醸している。 醒ヶ井地蔵川ハリヨ棲息地保護区の看板 2017.7.27.撮影 ハリヨとバイカモの説明板 2017.7.27.撮影 水槽展示のハリヨ 2017.7.27.撮影 湧水が流れる地蔵... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/12 05:00
美しい鈴鹿の渓谷の自然
鈴鹿の渓谷に今年は3度キリシマミドリシジミを観察に出かけたが、天候不順で山の入り口付近が晴れにもかかわらずその谷だけは毎回弱雨でその活動を見れなかった。結果、今年はその谷でキリシマミドリシジミを観察する機会を失った。行くたびにオオルリはそこで囀りを聞かせてくれ、山蛭にはさんざん悩まされた。写真には撮れなかったがヤマドリの家族を見れたのと、40cm以上あるシーボルトミミズを見たこと、クロコノマの蛹や幼虫を多数観察できたのは収穫だった。 キリシマミドリシジミが観察できる美しい鈴鹿の渓谷 2017.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/11 05:00
自然観察2017・・・アオバズクとカブトムシ
京都御苑で毎年アオバズクが営巣するが、今年も3か所で営巣巣立ちが観察された。御苑の森は自然が豊かでいろいろな昆虫たちも多く見られる。中でも樹液の出るクヌギやシラカシ等には夏の昆虫の代表ともいえるカブトムシも多く見ることが出来る。アオバズクは夜間活動し、いろいろな昆虫を捕食するが、カブトムシは好物のようで営巣して巣立ちが見られたころにはその付近の樹下にカブトムシの残骸が落ちていることが多い。特にカブトムシの♂は立派な角があるので残骸が残りやすく目立っている。 母と子の森で巣立ったアオバズク 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/10 05:00
自然観察2017・・・山室湿原のハッチョウトンボ
霊仙山の帰り道、山室湿原に立ち寄った。ハッチョウトンボとミヤマアカネを見るためだったがどちらも数が少なかった。ハッチョウトンボは2cm足らずの小さいトンボなので目を凝らさないと見つからない。 山室湿原の略図看板 2017.7.27.撮影 山室湿原 2017.7.27.撮影 山室湿原のハッチョウトンボ♂ 2017.7.27.撮影 山室湿原のハッチョウトンボ♂ 2017.7.27.撮影 山室湿原のハッチョウトンボ♂ 2017.7.27.撮影 ハッチョウトンボ♂。コンデジのオートフォーカス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 05:00
2017年夏に見る蝶
目的をもって観察に行く蝶の場所に現れる普通種の蝶を撮影してみた。普通種と言っても最近はその姿を見ることが少なくなっている。これらの蝶とも出会えなかった時は大変寂しい思いがする。 イチモンジチョウ 市原にて2017.7.29.撮影 イチモンジチョウ 2017.7.29.撮影 鈴鹿の渓谷のヤマグルマにとまるウラギンシジミ♂ 2017.7.28.撮影 ウラギンシジミ♂ 2017.7.28.撮影 椿にとまるウラギンシジミ♀ 大原にて2017.7.30.撮影 鈴鹿の渓谷のクロシジミ 2017.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/07 05:00
クヌギ酒場の訪問者たち2017
大原と京都御苑のクヌギの樹液に集まった甲虫などを撮影してみた。樹液はボクトウガの幼虫やスズメバチ、クワガタなどがいないとよく出ない。 京都御苑のクヌギに来ているカブトムシ♂とカナブン 2017.7.23.撮影 京都御苑のシラカシの樹液に来ているカブトムシ♀ 2017.8.2.撮影 大原のクヌギに来ているノコギリクワガタ♂ 2017.8.1.撮影 大原のクヌギに来ているミヤマクワガタ♀ 2017.7.20.撮影 大原のクヌギに来ているクロカナブン 20178.3.撮影 京都御苑のシラカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 05:00
京都御苑と大原のゴマダラチョウ2017
京都御苑と大原のクヌギ酒場に飛来するゴマダラチョウを撮影してみた。オオムラサキは数を減らしているが同じエノキを食べているゴマダラチョウはそれほど減っていない。その理由は年に数回発生するからかもしれない。 京都御苑のゴマダラチョウとアオカナブン、シロテンハナムグリ。 2017.7.25.撮影 京都御苑のゴマダラチョウとカナブン、シロテンハナムグリ。 2017.7.25.撮影 京都御苑のゴマダラチョウとシロテンハナムグリ。 2017.7.25.撮影 京都御苑のゴマダラチョウとシロテンハナムグ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/05 05:00
大原のルリタテハ2017
大原のクヌギ酒場に来ていたルリタテハを撮影した。この蝶は秋になると里に下り、ホトトギスに産卵して育ち成虫越冬する。よく見かける蝶だったが最近は数が減ったように思う。 ルリタテハとカナブン 2017.7.31.撮影 ルリタテハとオオスズメバチ 2017.7.31.撮影 クヌギにとまるルリタテハの開翅 2017.7.31.撮影 クヌギ酒場のルリタテハ 2017.7.31.撮影 クヌギにとまるルリタテハの開翅 2017.8.3.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/04 08:36
大原のアカタテハ2017
大原のオオムラサキを観察するところで出会ったアカタテハ。樹液も好きだがカメラに付いた汗もお好みだったようだ。 クヌギにとまったアカタテハ 2017.7.22.撮影 クヌギにとまったアカタテハ 2017.7.30.撮影 クヌギにとまるアカタテハ 2017.7.31.撮影 クヌギにとまるアカタテハ 2017.7.31.撮影 クヌギの樹液を吸うアカタテハ 2017.7.31.撮影 カメラに付いた汗を吸うアカタテハ 2017.7.31.撮影 電柱にとまったアカタテハ 2017.7.31.撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/03 21:56
樹液酒場のキタテハ2017
オオムラサキの観察を今年は7月末に毎日行っているが、そこのクヌギの樹液酒場に訪れるキタテハを写してみた。 アラカシにとまるキタテハ 2017.7.26.撮影 クヌギにとまるキタテハ 2017.7.29.撮影 笹にとまるキタテハ 2017.7.29.撮影 カラムシにとまるキタテハ 2017.7.29.撮影 クヌギの樹液に来たキタテハ 2017.7.29.撮影 クヌギの樹液が出ている傍の笹にとまるキタテハ 2017.7.30.撮影 クヌギの樹液傍のヤブツバキに休むキタテハ 2017.7... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/02 05:00
霊仙山の自然2017
霊仙山はその昔、キリシマミドリシジミが多産したところだが、柏原からの道が伐採で激減した後どうなっているのか養鱒場から汗拭き峠を登って調べに行った。アカガシは残っているがおよそキリシマミドリシジミが飛ぶ環境はなく、ヤマビルに悩まされる登山道だった。7合目まで登ったが、天候が不安定でそこから先はガスで視界ゼロのため山頂に行くのは断念した。蝶の姿はほとんど見られず、スジグロシロチョウとアカタテハを見た程度で、野鳥の声は聞けたが姿を写せたのはオオアカゲラと思うものくらいだった。黒いセンチコガネ、クロホシ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/01 05:00
今年の大原のオオムラサキ
今年は大原のオオムラサキが例年になく多く発生している。6月24日に放蝶会が里の駅で行われ、ナンバリングして50頭ほど放たれたというが、今回観察しているものはそれのない新鮮な個体で、日替わりに新しい個体を観察している。8月末でも瓜生山山頂では多くのオオムラサキが飛ぶのを観察したことがあるが、7月下旬にこれほど新鮮な違う個体を毎日観察できたのは近年まれと言える。今年見れたから来年見れる保証はなく、こういう機会なので日参して観察してみた。 オオムラサキ♂ 2017.7.26.撮影 オオムラサキ♂ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/30 19:09
美しい蝶・・・アオタテハモドキ
沖縄乙羽岳産のアオタテハモドキを飼育したが、この美しい蝶を野外撮影してみた。 アオタテハモドキ♂ 2017.7.29.撮影 アオタテハモドキ♂ 2017.7.29.撮影 アオタテハモドキ♂ 2017.7.29.撮影 アオタテハモドキ♂ 2017.7.23.撮影 アオタテハモドキ♂ 2017.7.29.撮影 アオタテハモドキ♂ 2017.7.29.撮影 アオタテハモドキ♀ 2017.7.29.撮影 アオタテハモドキ♀ 2017.7.29.撮影 アオタテハモドキ♀ 2017.7.2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/29 11:04
蝶の飼育2017・・・花脊ナメラ谷のミヤマカラスアゲハ
花脊のナメラ谷で採捕した春型ミヤマカカラスアゲハから得た卵を飼育した。1頭で100卵近くを産み、大きな夏型のミヤマカラスアゲハが羽化した。夏型でも白帯の発達したものが多く非常に美しい瑠璃色の帯を見せている。中には非常に変わった色をした幼虫もおりそれは越冬蛹となった。 ミヤマカラスアゲハの卵と孵化直後の1令幼虫 2017.6.5.撮影 1令幼虫 2017.6.7.撮影 2令幼虫と3令幼虫 2017.6.12.撮影 3令幼虫と4令幼虫 2017.6.14.撮影 3令幼虫と4令幼虫 2017... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/28 05:00
野鳥観察2017・・・京都御苑のアオバズクの巣立ち
今年はアオバズクの巣立ちが遅いようだがようやく23日に御苑の巣箱のアオバズクが午前中に巣立った。午後に見に行って見ると2羽の幼鳥がエノキの葉陰にとまっていた。親が見守るクスノキの巣穴のアオバズクは時折顔を見せている。松のアオバズクはまだ見守り中だった。 エノキの葉陰に休む23日に巣立ったアオバズクの幼鳥 2017.7.23.撮影 アオバズクが育った巣箱 2017.7.22.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/24 09:06
自然観察2017・・・三日続けてオオムラサキ観察
大原のオオムラサキを三日続けて観察した。入れ替わり違う個体が現れているようだ。20日はエノキに産卵する♀を観察し、21日にはバカでかい♀を観察した。まだ美しい個体も多い。6月24日に大原では放蝶されているがそれらには羽裏にナンバーが付されていると言い、今回撮影したものにはない為、ここに現れたものはすべて自然発生個体と思える。 クヌギに飛来したオオムラサキ♂ 2017.7.20.撮影 クヌギの木の樹液を吸うオオムラサキ♂ 2017.7.20.撮影 クヌギの木の樹液を吸うオオムラサキ♂とカナブ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 05:00
自然観察2017・・・京都大原の里のオオムラサキ
京都の大原では毎年6月末にオオムラサキの放蝶が行われ、その数が回復しつつある。問題は樹液の出るクヌギがどれほどあるかだが、地道なクヌギの食樹も行われていてその先が楽しみである。今日はクヌギの樹液に3頭の♂が舞っていた。アカタテハやタマムシも姿を見せている。 クヌギの葉にとまるオオムラサキ♂ 2017.7.19.撮影 ガードレールにとまるオオムラサキ♂ 2017.7.19.撮影 クヌギの葉にとまるオオムラサキ♂ 2017.7.19.撮影 クヌギの葉にとまるオオムラサキ♂ 2017.7.19... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/20 05:00
巣立ちまじかのアオバズク2017
祇園祭の頃に巣立ちするアオバズク。もうそろそろかと覗いてみた。去年は18日に雛が見られたが今年はまだのようだ。夕刻には雛が顔を見せるらしい。巣立ちまで秒読みでもう直だろう。3ケ所とも♂♀が巣の傍で見張っていた。今日の観察者はそれぞれ数名だったが皆さんマナーよく鳥にストレスを与えない様見ておられた。 1か所目のアオバズク 2017.7.18.撮影 1か所目のアオバズク 2017.7.18.撮影 2か所目のアオバズク 2017.7.18.撮影 2か所目のアオバズク 2017.7.18.撮影 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/19 05:00
鉢高原のウスイロヒョウモンモドキ観察会に参加して
2017年7月16日に開催された兵庫県鉢高原のウスイロヒョウモンモドキ観察会に参加した。絶滅気危惧T 類Aランクに指定されるこの蝶は30年前には中国山地の局地に多産した蝶だったが年々その数を減らし、近年では鹿害により保護下でも食草のオミナエシや吸蜜植物のオカトラノオを食害されるに及んで、一時ほとんど姿を見なくなるようになっていた。現在は保護団体の尽力で鹿ネットを設け保護エリアを作り、オミナエシやオカトラノオを植栽して環境づくりをし、飼育放蝶することにより細々と姿を見ることが出来る。大体7月10... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/18 09:49
2017蝶の飼育・・・今年のオオムラサキ
今年はモルフォブルー遺伝の幼虫を7頭いただいたが、累代飼育に失敗されたと聞いていた通り幼虫はひ弱で、越冬から目覚め5令幼虫になるものが2頭しかいなかった。かなり時間をかけて成長し、1頭目が蛹になるのと2頭目がなるのは10日間の開きがあった。そしてともに♀が羽化し、ともに関東型に近い親が羽化する珍事となった。友人が飼育した京都大原産のオオムラサキとこの累代飼育品を比較してみると羽色がずいぶん違うことが分かる。 友人が飼育して我が家で6/20に羽化したオオムラサキ関西型の♂ 2017.7.3.撮影... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/17 05:00
2017ヒサマツミドリシジミ発生活動観察
2017年のヒサマツミドリシジミの発生活動観察を継続的に行い7月13日に18日目を迎え一応一区切りをつけた。6月9日に初見してから一月を越えた。今年の観察は去年200卵以上産卵した発生樹からどのように羽化して飛び立つのか、去年観察した即日ヒルトップ行動の裏付け事実を増やすこと、テリ張り時の♀の出現観察と昨年撮影した交尾行動のより精度ある撮影を観察目標としていた。結果として発生樹から2♂♂2♀♀が樹下かなり離れたところから現れてヒルトップする動き、発生樹の10m下落ち葉から1♂が羽化して飛び立つ動... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/16 05:00
野鳥観察2017・・・嵯峨野の野鳥
嵯峨野のアオバズクももうじき巣立ちの時期となる。この日はまだ見張りをしていた。カイツブリは浮巣作りに忙しそうだった。稲田のダイサギも美しい。 巣立ちまじかの嵯峨野のアオバズク 2017.7.10.撮影 浮巣作りに忙しいカイツブリ 2017.7.10.撮影 稲田のダイサギ。緑の中に白一点で美しい光景だった。 2017.7.10.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 05:00
自然観察2017・・・花脊の自然、ヒサマツミドリシジミ他
今年はすでにヒサマツミドリシジミの活動を17日にわたって観察した。花脊で終盤近く観察中、撮影した虫や鳥、花を掲載する。 コナラに産卵するアカシジミ 2017.7.6.撮影 イタヤカエデにとまったウラキンシジミ 2017.7.7.撮影 滝谷山で獣糞を処理するオオセンチコガネとクロホシヒラタシデムシ 2017.7.11.撮影 ナツアカネ 2017.7.11.撮影 ヒサマツミドリシジミのシーズンになると咲くノリウツギ 2017.7.7.撮影 ゼフのシーズンになると咲くクリの花 2017.7... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/13 05:00
自然観察2017・・・深泥池の7月
7月になり深泥池に何かいないか見に行った。これと言ったものは見当たらなかったが、撮影できたものを掲載する。 オオシオカラトンボとシオカラトンボ 2017.7.1.撮影 シオカラトンボ 2017.7.1.撮影 ハラビロトンボ 2017.7.1.撮影 キイトトンボ 2017.7.1.撮影 キイトトンボ 2017.7.1.撮影 ヤマトシジミ 2017.7.1.撮影 シロテンハナムグリ 2017.7.1.撮影 シロテンハナムグリとヨツボシケシキスイ 2017.7.1.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/12 05:00
自然観察2017・・・北摂のクロヒカゲモドキほか
北摂にはまだ一部にクロヒカゲモドキやキマダラモドキの棲息する環境が残されていた。しかし、近年キマダラモドキの姿は見れなくなり、クロヒカゲモドキも少なくなっている。道路工事等で蝶の棲息する環境は徐々に壊れてきている。この日は朝からクロヒカゲモドキの姿を探してみたが、すでにほとんどが採集済みと見え、藪の中に1♀だけが残っていたようだ。その採集された蝶を写させてもらった。 北摂のクロヒカゲモドキが棲息する環境。この蝶の発生はアブラススキ群落だがこの群落が笹の浸食等で壊れてきている。 2017.7.6... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 05:00
自然観察2017・・・鈴鹿渓谷に囀るオオルリ他
鈴鹿渓谷の朝にオオルリが美しい声で囀っていた。ムラサキシジミが美しい表翅を見せ、アカタテハは友人の汗を無心に吸う。コナラに雨上がりなのでモリアオガエルが卵を産んだが下の水たまりはこの朝に消失している。この卵は孵れない定めかもしれない。谷肌にはフジキの美しい花が塊になり咲いている。 鈴鹿の渓谷で囀るオオルリ 2017.7.3.撮影 オオルリ 2017.7.3.撮影 山肌を行き来するオオルリ 2017.7.3.撮影 オオルリ 2017.7.3.撮影 美しい紫の表翅を見せるムラサキシジミ 2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/10 05:00
ヒサマツミドリシジミ観察2017・・・花脊でのヒサマツ交尾観察
昨年、6月21日におそらく日本で初めてではないかと思うヒサマツミドリシジミの交尾行動観察と写真撮影に成功し、今年はさらにその精度ある配偶活動観察と写真撮影を目標に活動してきた。今年は花脊のヒサマツミドリシジミは10日ほど例年より遅い発生となっていて、当初数が少ないとみていたが、7月6日に訪れた時は、この日が鬼日だったようで、非常に多くのヒサマツミドリシジミのテリ張りを観察できた。7月3日が発生初期で数は少なく、4日5日が雨で、6日が晴れたので発生が集中したと思える。各ポイントではおそらく20頭以... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/09 05:00
自然観察2017・・・発生期のヒサマツミドリシジミ
今年は7月7日で14日間ヒサマツミドリシジミの発生期の観察を行った。おそらく採集に適する個体は7月7日以降はほとんど擦れとなって数も減っているだろう。今年のヒサマツミドリシジミの発生は例年より10日ほどずれ込んでいる模様で滋賀の観察ポイントでも7月3日がピークだったようだ。ヒサマツ日和のこの日鈴鹿山中でそれを観察したが非常に数が少なかった。ヒサマツミドリシジミは朝8時ころ羽化し9時から10時くらいに飛翔準備に風だまりに現れ好物のシラキの花に吸蜜するか葉水を吸って飛翔準備をする。そして10時過ぎに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 05:00
自然観察2017・・・沖縄遠征で見た雑多な生き物たち
今回の6月27日から30日にかけての沖縄遠征で観察撮影できた雑多な生き物たちを掲載する。 本土のニイニイゼミより小ぶりで羽先が透明なクロイワニイニイゼミ 2017.6.29.撮影 クロイワニイニイゼミ 2017.6.28.撮影 リュウキュウアブラゼミ 2017.6.29.撮影 リュウキュウニイニイゼミを捕食するオオジョロウグモ 2017.6.29.撮影 オキナワアズチグモ 2017.6.28.撮影 センダングサの花に潜みモンシロチョウを捕食したオキナワアズチグモ 2017.6.28.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/07 05:00
沖縄のトンボ2017・・・美しいリュウキュウハグロトンボ他
今回の沖縄遠征で美しいリュウキュウハグロトンボなどやんばるの森に棲息するトンボを観察した。数は少なかったが撮影できたトンボを掲載する。 美しいリュウキュウハグロトンボの♂ 2017.6.28.撮影 リュウキュウハグロトンボの♂ 2017.6.28.撮影 リュウキュウハグロトンボの♂ 2017.6.28.撮影 リュウキュウハグロトンボの♂ 2017.6.28.撮影 リュウキュウハグロトンボの♂ 2017.6.28.撮影 リュウキュウハグロトンボの♀ 2017.6.28.撮影 リュウキ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/06 05:00
野鳥観察2017・・・沖縄国頭やんばるの森で見たアカヒゲ
沖縄へ蝶の観察に出かけた折、国頭のやんばるの森に美しい野鳥の鳴き声を聞き、誘われてその林内を覗くとコマドリに似た小鳥が近づいてきた。好奇心が強いのだろう。こちらを見ながら餌を探している。もう一羽と鳴きあっていたようだがこの鳥だけしばらく撮影に付き合ってくれた。後で調べてアカヒゲだということが分かる。偶然だがいい鳥に出会えた。 アカヒゲ 2017.6.28.撮影 アカヒゲ 2017.6.28.撮影 アカヒゲ 2017.6.28.撮影 アカヒゲ 2017.6.28.撮影 アカヒゲ 2017... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/05 05:00
沖縄の蝶2017・・・6月27日-30日の沖縄旅行で撮影できた蝶
今年はどこへ行っても蝶の数が少ない。6月27日から30日まで沖縄に出かけたが、ここで出会えた蝶は前回行った10月から比べると格段に種類も数も少なかった。それでも何とか一通りの蝶には出会うことが出来た。6月20日頃多かったというコノハチョウに出会えなかったのは残念だった。 アオスジアゲハ 2017.6.28.撮影 アオタテハモドキ♂ 2017.6.28.撮影 オオバコに産卵に来ているアオタテハモドキの♀ 2017.6.29.撮影 アカタテハ 2017.6.28.撮影 アマミウラナミシジミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 08:21
沖縄の蝶2017・・・中城城跡の樹海に見たフタオチョウ
6月28日、29日とフタオチョウの見られる場所を数か所回ってみたが、1か所でそれと思える飛翔を確認したのみでまともに見ることが出来なかった。しかし、最後の頼みの中城城跡で城壁の眼下20mと遠くではあるが城跡からテリを張る2頭の飛翔を見ることが出来、内1頭の姿を撮影することが出来た。今年は非常に少ないらしいので非常に幸運に恵まれたのだろう。 雨後の強風の中、夕刻敏捷に城壁眼下にテリを張り休息するフタオチョウ 2017.6.29.撮影 中城城跡の城壁眼下20mの距離に休むフタオチョウ 2017.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/03 05:00
自然観察2017・・・やんばるの森に生き残るリュウキュウウラボシシジミ
対馬のツシマウラボシシジミは鹿害で絶滅したという。沖縄のやんばるの森に棲息するリュウキュウウラボシシジミも局地的にかろうじて命の火をつないでいるに過ぎない。絶滅危惧種のこの蝶の姿を観察したいと出かけてみた。撮影したやんばるの森で3頭を見、その内の2頭を撮影した。これからも撮影し続けることが出来るようであってほしい。生息環境保全と食草が守られていることが大事な要件になる。 沖縄やんばるの森のリュウキュウウラボシシジミ 2017.6.28.撮影 沖縄やんばるの森のリュウキュウウラボシシジミ 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 05:30
自然観察2017・・・いろいろな昆虫他
賀茂川のアオサナエ 2017.6.18.撮影 賀茂川のアオサナエ 2017.6.22.撮影 一気に羽化する賀茂川のアオサナエのヤゴ殻 2017.6.20.撮影 宝ケ池のアオマダラタマムシ 2017.6.12.撮影 賀茂川のイカルチドリ 2017.6.20.撮影 雲ケ畑のウコンカギバガ 2017.6.20.撮影 雲ケ畑のオバホタル 2017.6.20.撮影 雲ケ畑のキシタエダシャク 2017.6.20.撮影 賀茂川のコウガイビル 2017.6.23.撮影 賀茂川のヌートリア 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 05:00
野鳥観察2017・・・雲ケ畑のカケス親子
雲ヶ畑の渓流にカケスの親子が吸水していた。茂みからこちらの顔が見えたので鳥の方が驚いたようだった。 雲ケ畑の渓流に水を飲みに来ていたカケスの子 2017.6.20.撮影 茂みの隙間にこちらの顔が見え驚いたようだった。 2017.6.20.撮影 親が迎えに来て飛び立たせる。 2017.6.20.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 05:00
自然観察2017・・・雲ケ畑のアオバセセリ
今年の旬のアオバセセリは撮り逃がしたが、少し擦れたアオバセセリが雲ケ畑に残っていた。 賀茂川源流で吸水するアオバセセリ 2017.6.20.撮影 イノモトソウにとまるアオバセセリ 2017.6.20.撮影 イノモトソウにとまるアオバセセリ 2017.6.20.撮影 イノモトソウにとまるアオバセセリ 2017.6.20.撮影 ウツギの葉上に休むアオバセセリ 2017.6.20.撮影 ウツギの葉上に休むアオバセセリ 2017.6.20.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/30 05:00
自然観察2017・・・この時期のシジミチョウ
雲ケ畑のアカシジミ 2017.6.20.撮影 花脊和佐谷峠のアカシジミ 2017.6.23.撮影 鈴鹿茶屋川のアカシジミ 2017.6.24.撮影 鈴鹿茶屋川のウラギンシジミ 2017.6.24.撮影 花脊杉峠のウラギンシジミ 2017.6.23.撮影 花脊杉峠のメスアカミドリシジミ 2017.6.23.撮影 花脊杉峠のメスアカミドリシジミ 2017.6.23.撮影 鈴鹿茶屋川のジョウザンミドリシジミ 2017.6.24.撮影 鈴鹿茶屋川のジョウザンミドリシジミ 2017.6.2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/29 05:00
休憩・・・ツルアジサイ、タテヤマウツボクサ他
雲ケ畑に咲くウツギの花。 2017.6.20.撮影 花脊杉峠に咲くツルアジサイの花 2017.6.17.撮影 京都府立植物園に咲くタテヤマウツボグサ 2017.6.18.撮影 京都府立植物園に咲くヤブカンゾウの花 2017.6.18.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/28 05:00
野鳥観察2017・・・渓谷で囀るオオルリ
この時期に山間部の渓谷に出かけるとあちこちでオオルリの囀る姿にお目にかかる。京都北山、鈴鹿山中の渓谷で囀っていたオオルリをまとめてみた。 久多針畑川渓谷で囀るオオルリ 2017.6.15.撮影 久多針畑川渓谷で囀るオオルリ 2017.6.15.撮影 久多針畑川渓谷で囀るオオルリ 2017.6.17.撮影 賀茂川上流の渓谷で囀るオオルリ 2017.6.20.撮影 鈴鹿茶屋川渓谷で囀るオオルリ 2017.6.24.撮影 鈴鹿茶屋川渓谷で囀るオオルリ 2017.6.24.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/26 06:52
自然観察2017・・・山城で見た普通の昆虫たち
山城で見たオオヒカゲやウラナミジャノメ以外の昆虫たちを紹介する。京都でこのあたりは昔の京都の北山や岩倉を彷彿とさせる里山で見かける昆虫たちも数が多い。いつまでも今の状態が残っていてほしい。 京都の山城に見る里山のハラビロトンボ 2017.6.14.撮影 ハラビロトンボ 2017.6.14.撮影 クルマバッタと思うバッタ。一般に見るほとんどがこれだというのでそうした。トノサマバッタ、クルマバッタモドキと似たものがあるが識別は私はできない。 2017.6.14.撮影 オオヒカゲのいるところで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/25 05:00
チョウの生態2017・・・ミドリシジミ
ミドリシジミは京都でもまだ岩倉、宝ケ池にも生息する身近な蝶として残っている。今年も終令幼虫から飼育して蝶にしてみた。 ミドリシジミ終令幼虫 2017.5.11.撮影 ミドリシジミ前蛹 2017.5.17.撮影 ミドリシジミ蛹 2017.5.30.撮影 ミドリシジミ♂ 2017.6.1.撮影 ミドリシジミ♂ 2017.6.3.撮影 ミドリシジミ♀ 2017.6.5.撮影 ミドリシジミ♀B型 2017.6.4.撮影 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/24 05:00
チョウの生態2017・・・越前のギフチョウ飼育
今年も越前のギフチョウを少数飼育してみた。今年は越前のギフチョウは昨年食べなかったミヤコカンアオイを本当に食べないのか、フタバアオイで飼育するのとどう違うのか観察してみた。孵化幼虫を10頭づつミヤコカンアオイを与えるものとフタバアオイを与えるものに分けて飼育する。結果はミヤコカンアオイで育てたもののうち2頭はすくすく非常に大きく終令にまでなり蛹になるのも早かった。しかし残りの8頭は若齢で2頭死に終令まで6頭育ったものの小さく、前蛹までに5頭死に1頭は蛹になれたので計3頭が蛹化。3割の生存率だった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/23 05:00
チョウの生態2017・・・小野市福甸町のウラギンスジヒョウモン
小野市福甸町産のウラギンスジヒョウモンを強制採卵したものを友人から頂き今年飼育した。網掛け飼育のため若令幼虫時の写真は撮影できていないが、終令以降の生態を紹介する。 昨年11月にいただいたウラギンスジヒョウモンの卵。この蝶も現在は一部地域にしか見られない蝶になった。 2017.11.2.撮影 スミレを植えた植木鉢の中にツマグロヒョウモンの幼虫やダンゴムシがいないか丹念に探し、網掛けして孵化した幼虫が成長するまで待った。3月には若齢幼虫が、また4月には3〜4令の幼虫が見られるようになる。 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 05:00
自然観察2017・・・京都市左京区のキマダラルリツバメ他
京都市左京区のある地点ではもうキマダラルリツバメの発生が終盤となった。5時を過ぎても♂がテリを張らない。♀は幹を歩いて卵を産む活動をしている。ここにはよくアカシジミ、ミズイロオナガシジミなども現れる。この地点で観察した蝶などを紹介する。 キマダラルリツバメ 2017.6.16.撮影 地面に降りて吸水するキマダラルリツバメ 2017.6.16.撮影 アキニレに舞うアカシジミ 2017.6.16.撮影 アラカシに休むアカシジミ 2017.6.16.撮影 吸水するアゲハチョウ 2017.6.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 05:00
自然観察2017・・・最盛期を迎えたコオニヤンマ
6月初旬から発生を始めたコオニヤンマが最盛期を迎えている。毎年この時期に賀茂川の朝散歩で6:00ころ土手道にコオニヤンマのヤゴが出て来る。年により多さが違うが多い時は毎日数頭のヤゴを見る時がある。18日は御園橋で羽化前のヤゴが石垣を登っていた。昨日羽化したと見えるヤゴ殻もあった。そっと持ち帰り自宅で羽化させた。多い年は小学校の理科観察に提供しているが今年はそこまで多くない。京都府立植物園や宝ケ池では連日数頭の飛翔を観察している。 賀茂川の御園橋石垣に現れたコオニヤンマのヤゴ 2017.6.18... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/20 05:00
自然観察2017・・・深泥池のこの時期に見られるトンボたちなど
深泥池のベニイトトンボやキイトトンボを見に行った。池にはショウジョウトンボ、コシアキトンボ、ヨツボシトンボ、ハラビロトンボ、チョウトンボ他ヤンマ類の飛ぶ姿が見られる。しかし、例年のこの時期ほどの数は見られなかった。今年はどこも発生が遅く数が少ない。 ジュンサイが茂りタヌキモの花が咲く深泥池。タヌキモの花も今年は少ない。 2017.6.18.撮影 ミツガシワの葉にとまるベニイトトンボ 2017.6.18.撮影 ミツガシワの葉にとまるベニイトトンボ 2017.6.18.撮影 キイトトンボ 2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/19 05:00
自然観察2017・・・南山城のオオヒカゲと山城のウラナミジャノメ
今年の南山城のオオヒカゲと山城のウラナミジャノメの発生状態を調べに行った。南山城のオオヒカゲは全体に数が少なかった。まだ発生初期だろう。山城のウラナミジャノメはそこそこの数がいる。南山城はメガソーラ建設の動きの他、獣害予防柵が随所に張り巡らされるようになり発生地の保全が難しい状況になりつつある。今回のカサスゲ湿地も2-3年のうちに葭原になってオオヒカゲの姿が消えることが濃厚である。 南山城のオオヒカゲが発生しているカサスゲ湿地 2017.6.14.撮影 カサスゲ湿地のブッシュに潜むオオヒカゲ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/18 05:00
自然観察2017・・・山城のハッチョウトンボ
今年も山城のハッチョウトンボ観察に出かけた。今年は昨年の大雨で水草がはがれたところがあり数が非常に少なくなっていた。湿地の奥部にわずかに棲息しているその姿を観察する。ほかにはモノサシトンボ、ベニイトトンボ、キイトトンボ、チョウトンボなどが見られた。どれも今年の数は少ない。 2cm足らずの日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂ 2017.6.14.撮影 ハッチョウトンボ♂ 2017.6.14.撮影 ハッチョウトンボ♂ 2017.6.14.撮影 ハッチョウトンボ♂ 2017.6.14.撮影 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/17 05:00
滋賀のヒサマツミドリシジミ発生観察2017
滋賀のヒサマツミドリシジミをヒサマツフリークの会報告事項として2017年に観察を始めて5日目、今日は新たな発生ポイントでその羽化直後の♂を観察する機会に恵まれた。午前8時、人の入らない森の道を歩くとウラジロガシの落ち葉の足元からふらふらとゼフが飛び立った。何かと確認するとすぐさまそれがヒサマツミドリシジミの羽化直後の♂であることが分かる。まだ飛び立たない状態なので接写で撮影を開始する。撮影が済むと近くのウリハダカエデまで飛び、葉表で力が付くまで40分間休止した。太陽が上がり始めると開翅し、すぐに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/15 19:44
今年のキマダラルリツバメ2017
今年の京都市内のキマダラルリツバメは発生が少し遅れてやっと最盛期になった。♀の美しい蝶が羽化している。京都市内ではこれから北部も発生が始まりそうだ。 すでに紹介したが今年初見のキマダラルリツバメ♂ 2017.6.8.撮影 私の観察ポイントでM氏が採集したキマダラルリツバメの♂ 2017.6.9.撮影 この日羽化したと思えるキマダラルリツバメの♂(M氏採集品) 2017.6.9.撮影 この日羽化したと思えるキマダラルリツバメの♀(M氏採集品) 2017.6.9.撮影 桜の幹に見られたキマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/14 05:00
今年羽化したハチジョウカラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ他
今年羽化した八丈島八丈町三根産ハチジョウカラスアゲハと京都市北区の自宅キハダで育ったミヤマカラスアゲハ他。 ハチジョウカラスアゲハ♂ 17.5.21.撮影 ハチジョウカラスアゲハ♂ 17.5.21.撮影 ハチジョウカラスアゲハ♀ 17.5.24.撮影 京都市北区紫野の自宅で生育したミヤマカラスアゲハ♀ 2017.5.29.撮影 南今庄の黒いウスバシロチョウを飼育した標本。 2017.6.6.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/13 05:00
ヒサマツミドリシジミ発生木付近調査2017
ヒサマツフリークの会のメンバー他と滋賀県のヒサマツミドリシジミ産卵木周辺の第2回発生調査を6月11日に実施した。例年ならこの時期から発生ピークに向かうのだろうが今年は遅れているようだ。第1回の発生調査では、6月9日に1♂の飛翔確認をしたが、今日は何も見当たらなかった。午後には亀岡のキマダラルリツバメの発生調査を行う。こちらは晴天となったものの風が強く2頭観察するにとどまる。それらの地で普通種の蝶たちが姿を見せてくれたので撮影した。ヒサマツミドリシジミは生態解明後人気を失っているが、謎が多い蝶だけ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 05:00
京都府下南山城のオオヒカゲ2017
京都府下南山城で4令幼虫を採集したオオヒカゲがすべて羽化し終えた。その終令幼虫、前蛹段階、蛹、羽化した成虫を紹介する。この幼虫はカサスゲの葉を斜めに切るという独特の食痕を残すので発見しやすく、飼育もカサスゲを植木鉢栽培していれば簡単にできる。そろそろ自然状態でも発生する時期になった。近年個体数が増えているが今年も多いのかもしれない。 植木鉢のカサスゲで飼育中のオオヒカゲ終令幼虫 2017.5.17.撮影 オオヒカゲ終令幼虫 2017.5.20.撮影 オオヒカゲ蛹化前の幼虫 2017.5.2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/11 05:00
京都のキマダラルリツバメとダイセンシジミ2017
今年のキマダラルリツバメは発生が遅いと思う。6日の日に1♂の飛翔を見たが撮影はできていない。8日に初めて今年のキマダラルリツバメを撮影することが出来た。しかし、そこでダイセンシジミと50年ぶりに出会うことが出来た。京都北のダイセンシジミは姿を見なくなって久しいが、最近復活しているという話は本当だったようだ。また、サトキマダラヒカゲは産卵期のようで2回産卵シーンに出くわすことが出来た。まだこれは飼育したことがないので飼育してみる。ツバメシジミやベニシジミは羽化が始まったのか非常に新鮮である。ルリシ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/09 05:00
能勢初谷の今年のテングチョウ発生調査2017
2年前能勢初谷ではテングチョウが異常発生していた。妙見山への登山道沿いのエノキは丸裸となり蜘蛛の巣が張ったように幼虫が吐く糸でエノキが絡まり、下にある木々の葉裏には無数の蛹が付き、発生時期には1万頭を優に超えるテングチョウがそこかしこに飛んでいた。そして去年、ずいぶんその数が減ってはいたがまだそこそこのテングチョウが見られた。今年調査に出向いてみると探してもほとんど見当たらないほど数が少ない。この日目撃したのは飛び古した越冬テングチョウが1頭と羽化後のテングチョウ数頭のみだった。エノキは青々と茂... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/08 05:00
初夏の京都近郊で見たトンボたち2017
初夏のこの時期に見た京都近郊のトンボたちを紹介する。 アオサナエ 宝ケ池岩倉川にて 2017.6.5.撮影 アサヒナカワトンボ 能勢初谷にて 2017.6.2.撮影 ニホンカワトンボ 敦賀池河内にて 2017.5.30.撮影 ミヤマカワトンボ 岩倉繁見坂にて 2017.6.1.撮影 ウチワヤンマ 宝ケ池にて 2017.6.6.撮影 コオニヤンマ宝ケ池岩倉川にて 2017.6.5.撮影 コシアキトンボ 宝ケ池にて 2017.6.6.撮影 コヤマトンボ 京都府立植物園にて 2017.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/07 05:00
池河内湿原の自然(コサナエ、ヤナギトラノオ他)
敦賀の池河内湿原に今年も出かけてみた。ウスバシロチョウの季節には少し遅かったが、湿原にはコサナエが多く飛び、ヤナギトラノオやカキツバタの花も少ないながら見られた。湿原ではサンショウクイが鳴きなら飛び交い、時折枝どまりしていた。 池河内湿原の駐車場とトイレ 2017.5.30.撮影 池河内湿原の新しく整備された木道 2017.5.30.撮影 池河内湿原のハンノキ林 2017.5.30.撮影 池河内湿原の花のないカキツバタとハンノキ林 2017.5.30.撮影 池河内の発生末期のウスバシロ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/06/06 05:00
花脊のレンゲツツジに舞う黒いアゲハチョウ
今年も花脊のレンゲツツジに黒いアゲハチョウが舞う季節となったので見に出かけた。しかし、今年は天候の性か蝶の数が非常に少ない。飼育した蛹も早く羽化するものから遅いものまで1か月以上の開きがあった。そんなことで自然界もだらだらとした発生をしているのと、花時期が合わないので姿を見る機会が減ったのだろう。ここのレンゲツツジもオナガアゲハ数頭とクロアゲハ2頭、ミヤマカラスの♀が1頭飛んだのをこの日は見ただけだった。美しいレンゲツツジにはミヤマカラスアゲハが飛ぶ姿が似合うので今年も見てみたかったが残念だ。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/05 05:00
国指定天然記念物能勢町野間の大欅
大阪府豊能郡能勢町野間稲地に樹齢1000年を超すという大欅がある。国指定天然記念物で幹回り14m高さ30mを越える巨木で大阪府下で一番、全国でも4番目の大きさと言う。平地に立派に枝張りする姿は神々しい威風を見せている。この巨木に毎年3月下旬になるとフクロウがやってきて営巣し、5月中旬には巣立ちし、その後入れ替わりアオバズクがやってきて営巣、7月下旬に巣立つという。大木の主、トトロの世界がここにある。この時期はアオバズクが営巣しているので見に行った。♀が抱卵しているようで♂が隣の柿の木で見張りして... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/04 05:00
自然観察・・・梅雨時の岩倉の自然2017
岩倉権土池、繁見坂の梅雨時の自然を観察に出かけた。ハコネウツギ、コアジサイ、タニウツギの花が美しく、ネキトンボ、クロサナエ、ムカシヤンマ、ミスジチョウ、ヒメキマダラセセリなどが見られた。残念ながら目当てにしていたアカシジミはまだ見れなかった。 沢にいたカワラヒワの幼鳥 2017.5.29.撮影 クサノオオウ 20017.5.29.撮影 ダビドサナエ 2017.5.31.撮影 コアジサイ 2017.5.29.撮影 コミスジ 2017.5.29.撮影 シオカラトンボ 2017.5.29.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/03 10:07
野鳥観察・・・岩倉のサンコウチョウ2017
今年も岩倉のサンコウチョウを観察してみた。♀に出会ってから♂は余り鳴かなくなった。どこで巣作りをするのか、まだ♀にこの♂はそれほど気に入られてないようだ。 サンコウチョウ♂ 2017.5.29.撮影 サンコウチョウ♂ 2017.5.29.撮影 サンコウチョウ♂ 2017.5.29.撮影 サンコウチョウ♀ 2017.5.29.撮影 サンコウチョウ♂ 2017.5.31.撮影 サンコウチョウ♂ 2017.5.31.撮影 サンコウチョウ♂ 2017.6.1.撮影 サンコウチョウ♂ 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/02 05:00
自然放蝶したチョウセンアカシジミのその後
5月20日と22日に我が家のデワノトネリコ付近に自然放蝶したチョウセンアカシジミについて、5月24日のコラムで紹介した。放蝶1日後の23日には桜の樹上で交尾している姿を観察撮影出来た。その後、24日夕刻には食樹近くのエノキにとまる姿を観察している。25-26日は旅行をしたため観察できなかったが、帰宅した27日朝、デワノトネリコを見てみると根元に4卵塊48卵が産まれているのを見つけた。20日にリリースしたものは吹き流しに入れて21日に網目に絡むトラブルが起こり元気を失い擦れた後の放蝶だが、22日に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/01 05:00
鳥羽伊勢の自然・・・伊勢神社外宮で見たミカドアゲハ他
5月25-26日と伊勢鳥羽に旅行した。そこで見た自然を紹介する。 鳥羽観光人気スポット神明神社の樹齢300年を超えるヤマモガシ 2017.5.26.撮影 樹齢300年を超えるヤマモガシの幹 2017.5.26.撮影 梵潮禅寺の樹齢700年とも800年ともいわれる長寿大蘇鉄。たくさんの子を宿しているので子孫繁栄を慕われ崇められている。 2017.5.26.撮影 たくさんの子を宿す幹回り1.8mもある大蘇鉄 2017.5.26.撮影 お寺付近のイソヒヨドリ 2017.5.26.撮影 鳥羽... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/31 10:59
鳥羽二見の自然
5/25-26と鳥羽伊勢を旅行したが、二見の夫婦岩、蘇民の森でみた虫や鳥たちの自然を紹介する。 鳥羽二見の夫婦岩 2017.5.25.撮影 蛙岩にとまるトビ 2017.5.25.撮影 夫婦岩付近のウミウ 2017.5.25.撮影 フナムシ 2017.5.25.撮影 夫婦岩駐車場のイシガケチョウ 2017.5.25.撮影 イシガケチョウ 2017.5.25.撮影 蘇民の森の松下社 2017.5.25.撮影 蘇民の森で羽化したコシアキトンボ 2017.5.25.撮影 クロイトトンボ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/30 05:00
自然観察・・・宝ケ池のトンボ他
宝ケ池にこの時期のトンボの姿を探して出かけてみた。湿地にはサラサヤンマが多くホバリングした後に休んでいた。キビタキの水浴びする姿も観察できた。岩倉川にはヤマサナエやアオサナエの姿を見ることが出来る。 カサスゲ湿地とハンノキ 2017.5.23.撮影 宝ケ池の湿地に数多くホバリングしていたサラサヤンマ。ホバリングの後休息しているところを撮影。 2017.5.23.撮影 湿地にいるシオヤトンボ 2017.5.23.撮影 湿地に水浴びに来ていたキビタキ 2017.5.23.撮影 湿地に水浴び... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/29 10:00
自然観察・・・岩倉のサンコウチョウと野草
岩倉にアカシジミが出ていないか確認に行った。曇天の午後なので虫たちはほとんど見なかった。杉林にサンコウチョウのホイホイホイという鳴き声がするので探してみると、枝被りの樹間に虫を求めて飛び回っていた。この雑木林はこの時期にはアカシジミが飛ぶのだが、こちらはまだ出ていないようだ。ここは鹿が捕殺されたのか、山道には野草が回復しかけている。湿地のカサスゲはしっかり葉を伸ばし、川筋のカンアオイも数が増え、キュウリグサが咲いていた。雑木林は野草が多くなると美しくよみがえる。 枝の込み合う杉林の樹間に虫を求... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/28 05:00
自然観察・・・花脊ナメラ谷の自然
例年なら5月19日にもなればナメラ谷でミヤマカラスアゲハを観察するのは遅いくらいだが、今年は1頭も姿を見なかった。谷を歩いて渓流の初夏を楽しんだが、観察できる虫たちも少ない。渓流にはアマゴとハヤの姿が見れた。 花脊ナメラ谷の渓流 2017.5.19.撮影 花脊ナメラ谷の渓流 2017.5.19.撮影 花脊ナメラ谷の渓流 2017.5.19.撮影 花脊ナメラ谷の渓流 2017.5.19.撮影 花脊ナメラ谷湿地の水草 2017.5.19.撮影 花脊ナメラ谷の渓流 2017.5.19.撮影... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/25 05:00
自然観察・・・リリース観察した新潟のチョウセンアカシジミ
新潟のチョウセンアカシジミを友人が飼育して20頭ほど我が家のデワノトネリコ周辺にリリースした。この蝶は食草周辺から離れず周辺に大木があればそこにテリを張り交尾して産卵木に戻り産卵する習性があるという。一般のゼフィルスなら考えられないことだが言われるように隣家の桜でテリを張り1日目に交尾するに至った。桜の木の上で数頭のチョウセンアカシジミがくるくる舞う姿を眺めるのは実に感慨深いものがある。現地に出かけてその生態観察するような雰囲気を味わうことが出来た。ヒヨドリやメジロなど野鳥が多いので産卵まで至れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/24 05:00
自然観察・・・蝶の発生が遅れる雲ケ畑
雲ヶ畑へアオバセセリやミヤマカラスアゲハを見に行った。例年ならこの時期に姿を見せている虫たちも今年は非常に数が少ない。アオバセセリは飛翔を1頭目撃したのみだった。黒いアゲハはオナガアゲハとクロアゲハの飛翔を見たがミヤマカラスアゲハの姿はなかった。 ミヤマカラスアゲハの飛ぶ谷の伐採跡。数年ここにミヤマカラスアゲハは飛ばないだろう。 2017.5.18.撮影 ヒサマツミドリシジミが発生していると考えるウラジロガシ 2017.5.18.撮影 ウツギに来たトラフシジミ。まだ新鮮である。 2017.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 05:00
自然観察・・・安曇野や白馬で見た花
5月14日から16日の安曇野・白馬旅行で見た花を掲載する。 アルプス安曇野公園で見たアヤメとクララ 2017.5.14.撮影 アルプス安曇野公園で見たズミ 2017.5.14.撮影 アルプス安曇野公園で見たフジ 2017.5.14.撮影 アルプス安曇野公園で見たヤマツツジ 2017.5.14.撮影 アルプス安曇野公園で見たハルジオン 2017.5.14.撮影 親海湿原で見たキクザキイチゲ 2017.5.15.撮影 親海湿原で見たキクザキイチゲ 2017.5.15.撮影 親海湿原で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 05:00
自然観察2017・・・5月14-16日に安曇野や白馬で見た蝶や虫
5月14日から16日に安曇野から白馬に出かけた。ギフチョウやヒメギフチョウには遅く、クモマツマキには早い気がしたが、ギフチョウとヒメギフチョウには出会え、ウスバサイシンに産卵するところも観察できた。また、バッタのような飛び方でトンボのように敏捷な動きをするキバネツノトンボも私は初めて見ることが出来た。 リュードルフィアラインに混棲する白馬のギフチョウ♀ 2017.5.16.撮影 カタクリに訪花したヒメギフチョウ♀ 2017.5.15.撮影 キスゲに休息するヒメギフチョウ♀ 2017.5.1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/19 05:00
自然観察・・・雲ケ畑の昆虫と花2017
雲ヶ畑にアオバセセリが出ていないか見に行った。まだこの時期に咲くウツギの花は蕾でかろうじてイカリモンガがとまっていた。クリンソウ群落は花が咲いてはいるが、黒いアゲハ類は姿を見せない。ヤブデマリの花は咲きかけだった。ニホンカワトンボも羽化したてを見たのみで、クロコノマがふわふわ飛んで樫の木陰にとまるのを見た。今年は1週間昆虫の発生が遅れそうだ。緑色の美しいケブカトゲアシヒゲボソゾウムシがウラジロガシの新芽についていた。よく見る虫だがゾウムシにはなぜこのような美しいものがいるのだろう?自然の不思議だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/18 05:00
野鳥観察・・・鴨川のキアシシギ2017ほか
鴨川にキアシシギが訪れる季節になった。10羽の群れがこの日は中州の石に休んでいた。賀茂川(鴨川)を自然観察に散策すると初夏の野鳥の姿が見れるようになった。 鴨川の中州の石に休むキアシシギとミシシッピアカミミガメ 2017.5.12.撮影 鴨川に現れたキアシシギ 2017.5.12.撮影 鴨川でくつろぐキアシシギ 2017.5.12.撮影 鴨川でくつろぐキアシシギ 2017.5.12.撮影 鴨川でくつろぐキアシシギ 2017.5.12.撮影 鴨川でくつろぐキアシシギ 2017.5.12... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/16 05:00
深泥池のトンボや自然2017
深泥池のトンボや鳥、花を確認に5月11日に出かけてみた。ここの浮島にはハッチョウトンボ等トンボ類が多いということだが中には入れないので周りから観察している。以前多かったウラキンシジミはやはりここでも現在は見られない。 シオヤトンボ♂ 深泥池 2017.5.11.撮影 シオヤトンボ♂ 深泥池ではこの時期はシオヤトンボが多産している。 2017.5.11.撮影 シオヤトンボ♀ 深泥池 2017.5.11.撮影 シオヤトンボ♀ 宝ケ池 隣の池だがここはそれほど多くない。 2017.5.9.撮影... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 05:00
自然観察・・・宝ケ池のイソヒヨドリ他
宝ケ池にイソヒヨドリが現れた。この鳥は橋が好きで橋に巣を作る蜘蛛などを好んで食べている。地上の昆虫も追い求めていたが、ブッシュに入るとムカデを見つけそれを道に持ち出して叩きつけて食べていた。ムカデの毒も鳥には通用しないのだろうか。また、池に今年もウラキンシジミが残っていないか調べたが見つからなかった。ミドリシジミは健在なようだ。 宝ケ池に現れたイソヒヨドリ 2017.5.9.撮影 岩倉川のイソヒヨドリ 2017.5.9.撮影 工事の車にとまるイソヒヨドリ 2017.5.9.撮影 宝ケ池の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/14 05:00
敦賀の野坂岳(914m)の花
敦賀の野坂岳へギフチョウの調査とともにカタクリ等の花を楽しむため友人と一緒に登った。鹿害がこの地域も出ているので蝶や花が少なくなってきている。まだその害の程度は低いものの葉を齧られた痕が諸所に見られた。ギフチョウの食草になるサンインカンアオイやフタバアオイがある程度見られたが、発生するには数が少なすぎるかもしれない。蝶の姿は山頂でキアゲハとヒオドシチョウを見るにとどまった。カタクリ、イワカガミ、イチリンソウ、ニリンソウ、スミレ類の花は多い。 野坂岳山頂三角点とキアゲハ 2017.5.7.撮影 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/10 11:40
野鳥観察・・・花脊大見尾根のゴジュウカラ
花脊大見尾根はヒサマツミドリシジミの産地として有名だが、鹿害とカシノナガキクイムシの害で山は非常に荒れてしまった。最近、間伐が行われ杉林は多少明るさを取り戻している。蝶の観察に再々出向くが5月から8月頃、この尾根道ではゴジュウカラの姿をよく見かける。虫害で枯れ木となったミズナラで虫を探すゴジュウカラほかの野鳥を追ってみた。 鹿害、カシノナガキクイムシの害で荒れている花脊大見尾根の景色 2017.5.3.撮影 この尾根道の谷は深い。笹枯れの前は熊笹のブッシュを歩く山道だったが今は谷底までどこも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/06 05:00
南山城のオオヒカゲ幼虫探索2017年5月
南山城はソーラパネル基地の建設等開発が進んでいる。美しい里山にカサスゲの群落のある湿地が点在しているが、ここはオオヒカゲの住処になっている。去年成虫観察をした時、ソーラパネル基地の環境調査が入っていたりしたが今年はまだ開発の難を逃れていた。湿地や雑木林は土地の有効活用という視点で開発されソーラパネルの基地にされやすい。そこを住みかとする昆虫にはご難で、棲息地を損なう計画が何時実行されるかしれない。 オオヒカゲ。6月の中旬にカサスゲで育った幼虫は親になり林やブッシュの中で生活する。 2016.6... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/05 05:00
滋賀の山歩きで見たミヤマセセリと野鳥
今年はまだミヤマセセリを見ていなかったので滋賀の山へ出かけてみた。かなり飛び古している蝶と、まだ幸いにも美しい♂も見れた。ミヤマセセリは地表すれすれに忍者のように飛び回る。上空ではサンショウクイがジュージューと鳴いて飛び回り、林間ではキビタキ♂が独特の囀りで♀との駆け引きを演じていた。新緑が美しく山笑うが沢に降りてみると予想以上にひどく荒れている。 新緑が美しく山笑う滋賀の景色 2017.4.30.撮影 ヤマザクラはまだ咲いている 2017.4.30.撮影 山道も崩れ荒れている沢 2017... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/03 05:00
自然観察・・・雲ケ畑の植物と野鳥2017
雲ヶ畑の植物と野鳥を観察してみた。4月27日に撮影できた野鳥はオオルリ、ミソサザイ、ホオジロだった。ミソサザイは営巣しているので遠目でも観察すると威嚇する。しばらくしてこちらが何もしないと気づくと立ち去った。 雲ケ畑のオオルリ 2017.4.27.撮影 雲ケ畑のホオジロ 2017.4.27.撮影 営巣しているので遠目でも観察に立ち止まると激しく威嚇するミソサザイ 2017.4.27.撮影 安全な場所に移り継続して威嚇するミソサザイ。立ち退いてくれと懇願しているようだ。 2017.4.27... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 05:00
大阪城公園野鳥観察2017
大阪城公園の野鳥観察に4月24日に出向いた。飛騨の森や神社裏、桜苑、梅林では鳥影は少なかったが市民の森でクロツグミ♂♀、クロジ、アカハラ、キビタキ、オオルリなどを観察することが出来た。スズメやムクドリの動きを見ても面白かった。 4月24日の大阪城 2017.4.24.撮影 飛騨の森の花 2017.4.24.撮影 音楽堂裏のツツジ 2017.4.24.撮影 飛騨の森のアオジ 2017.4.24.撮影 梅林のオオルリ 2017.4.24.撮影 市民の森のオオルリ 2017.4.24.撮影... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/29 05:00
野鳥観察・・・大阪城公園市民の森で見たアカハラ
大阪城公園の市民の森にアカハラが3羽以上入っていた。当日のいろいろな生態シーンを撮影してみた。 タイサンボクにとまるアカハラ 2017.4.23.撮影 餌を探すアカハラ 2017.4.23.撮影 新緑のトウカエデにとまるアカハラ 2017.4.23.撮影 2羽で餌を探すアカハラ 2017.4.23.撮影 餌を探すアカハラ 2017.4.23.撮影 餌を探すアカハラ 2017.4.23.撮影 大きなミミズを捕らえて食べるアカハラ 2017.4.23.撮影 餌を食べた後のアカハラ 2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 05:00
スギタニルリシジミが多産する京都の渓谷
その昔、まだ広河原から佐々里に向かう車道のないころ、佐々理峠から渓流を佐々里に向けて下る山道には大橡が多く4月の中旬過ぎには数百頭のスギタニルリシジミが乱舞する世界があった。今そこは整備されてわずかにそれを見ることが出来る程度だが、まだまだ大橡がある京都の渓谷にはスギタニルリシジミが多産しているところが残されている。今年もその姿を求めて出かけてみた。 スギタニルリシジミが多産している京都の渓谷 2017.4.23.撮影 スギタニルリシジミが生活する大橡 2017.4.23.撮影 スギタニル... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/27 05:00
自然観察・・・美しい春の蝶、賀茂川と植物園のツマキチョウ
京都の里山で春になるとどこにでもいたツマキチョウが鹿害の性でめっきり姿を減らしたが、鹿のいない賀茂川や京都府立植物園ではタネツケバナやセイヨウカラシナが繁育するお陰でその数が増えている。最盛期の4月20日に賀茂川と植物園にその姿を観察した。府立植物園ではツマキチョウが塒にする灌木を見つけそこに多くのツマキチョウが休む姿を見た。 賀茂川のタンポポの花に吸蜜するツマキチョウ♂ 2017.4.20.撮影 賀茂川のタンポポとツマキチョウ♂。ツマキチョウは活動時間は飛び回って殆ど花にとまることがない。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 05:00
野鳥観察・・・静原川西俣に囀るミソサザイ2017
自然観察に静原川に出かけた。西俣を歩き昆虫や野鳥を観察してみる。蝶はルリシジミしか飛んでおらず野鳥もミソサザイ以外は見かけなかった。ミソサザイはあちこちで囀り、営巣に苔を運ぶものも多かった。それにしても近郊は鹿の性でほとんど春の蝶を見れなくなったので寂しい。 静原川西俣で囀るミソサザイ 2017.4.18.撮影 静原川西俣で囀るミソサザイ 2017.4.18.撮影 静原川西俣で囀るミソサザイ 2017.4.18.撮影 静原川西俣で囀るミソサザイ 2017.4.18.撮影 ミソサザイの好... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 05:00
自然観察・・・越前の花とギフチョウ
京都でギフチョウが絶滅して久しいが、往年のギフチョウの乱舞を夢見て毎年越前に出かけてその姿を観察する。ギフチョウの春はその吸蜜する花も美しい。ヤマエンゴサク、カタクリ、スミレ、サクラ、キクザキイチゲなど花も可憐だがここに来たギフチョウでその可憐さも倍加する。4月13日は越前のヤマエンゴサクの野路、カタクリの花地、サクラの里山の三か所で乱舞する姿を追ってみた。 カタクリの花 2017.4.10.撮影 ショウジョウバカマの花 2017.4.10.撮影 タチツボスミレの花 2017.4.10.撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/04/14 05:00
自然観察・・・東越前権現山の山草と春の蝶
鹿が入ってない山はこんなに美しかったかと東越前権現山に出向いて強く感じるところがあった。笹枯れと鹿が入らなかった京都の北山は春になるとこんな美しさだったと思い起してしまう。山歩きで見た春の山草の花と蝶を掲載する。 トキワイカリソウ 2017.4.10.撮影 イチリンソウ 2017.4.10.撮影 ニリンソウ 2017.4.10.撮影 イワウチワ 2017.4.10.撮影 ミスミソウ 2017.4.10.撮影 ミヤマカタバミ 2017.4.10.撮影 エンレイソウ 2017.4.10... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 20:33
越前市権現山(565m)自然観察
越前市の権現山(565m)に自然観察に出向いた。麓は佐々木小次郎の生誕地とされ小次郎公園がある。またこの山の柳の滝は小次郎が燕返しを編み出した地であるという伝承がある。今回は登山口の駐車場に車を止め、山頂にある松ケ嶽権現神社への急坂の表参道から登り、展望台で部子山、日野山を眺望し裏参道を下り窓滝、布滝、お釜滝などの眺めを楽しんだ。鹿の入っていない山は京都の北山と違い見事なほど草木が美しい。山の登り下りに咲き乱れる山草の可憐な花を観察して楽しんだ。山草は追って紹介する。 中部北陸自然歩道・柳の滝... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/12 05:00
2017年の今津弘川ザゼンソウ群落
雪の頃今津弘川のザゼンソウ群落を訪れた時は荒れた状態だったザゼンソウが4月4日に見に行くと立派な株の群落となり独特の花を見せていた。3月末が見ごろというが、今年は春が遅れたので4月初めが良かったのかもしれない。 今津弘川にあるザゼンソウ群落の滋賀県による形態及び分布案内板 2017.4.4.撮影 今津弘川の湿地にあるザゼンソウ群落 2017.4.4.撮影 今津弘川のザセンソウ群落 2017.4.4.撮影 今津弘川のザセンソウ群落。このぐらいの株になった時の方が見ごたえがあるようだ。 20... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/07 05:00
マキノ高原メタセコイアの道
福井へギフチョウ観察に出かけた帰り道、マキノ高原のメタセコイアの道へ立ち寄ってみた。ちょうど夕陽に透かされたメタセコイアの道の景色を楽しめた。 冬枯れのマキノ高原メタセコイアの道 2017.4.4.撮影 冬枯れのマキノ高原メタセコイアの道 2017.4.4.撮影 冬枯れのマキノ高原メタセコイアの道 2017.4.4.撮影 春の夕陽を透かすマキノ高原メタセコイアの道 2017.4.4.撮影 春の夕陽を透かすマキノ高原メタセコイアの道 2017.4.4.撮影 春の夕陽を透かすマキノ高原メ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/05 05:00
福井県越前の里山の春(ギフチョウを求めて)
福井県の越前市と南越前町の里山に今年のギフチョウの姿を求めて4月1日に出かけてみた。去年のこの時期はギフチョウの最盛期でカタクリの花も多く咲き、数多くのギフチョウの姿を観察して撮影できた。しかし、今年はこの日の最高気温が10度と低く、その姿を見ることが出来なかった。カタクリの花も一輪だけ咲いていたのみで、ヤマエンゴサク。キンキマメザクラ、タチツボスミレなどのギフチョウが吸蜜する花は咲いているものの発生が10日遅れぐらいとなっているのだろう。4月2日は快晴となり、京都の船岡山でナミアゲハの初見をし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 05:00
2017賀茂川の自然・・・3月末に見る野鳥他の自然
賀茂川の冬の野鳥たちも帰る時期に来ているが、今年はまだ多くの鴨たちが残っている。しかし、オナガガモの姿は今日はなかったので帰ったのかもしれない。居残り組の鴨たちとオナガガモ・コガモのハイブリッド鴨を中心に観察してみた。ダイサギは婚姻色を示し、土筆が春を感じさせる。珍しいヤツメウナギをコサギが捕え食べていた。 モンシロチョウやキチョウも飛び、テングチョウやキタテハが越冬から目覚め飛んでいた。 賀茂川の土手に生えて春を感じさせている土筆 2017.3.30.撮影 越冬から目覚めたキタテハ 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/31 05:00
2017野鳥観察・・・賀茂川で大鯉を捕らえたカワウ
賀茂川でカワウがなんと身の丈もあろうかとも思える大鯉を捕らえた。たまたま通りかかりそれを十分観察することが出来た。こんな大きな魚をカワウが捕えるとは想像もしなかったが、カワウの嘴は大鯉の急所を一突きにして即死させる武器にもなっていたことが分かる。この大鯉を捕らえてカワウはどれほど喜んだのだろう。トビが見つけてそれを奪おうと降下してきて襲い掛かる。なんと、それに対してカワウは恐れることなく大声を上げ羽ばたき威嚇して追い払う。これは私のだと叫んでいるようだった。山田池でオオタカにカワウが襲われ食べら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/30 05:00
2017野鳥観察・・・賀茂川にいるオナガガモとコガモの種間雑種
今年の賀茂川にはオナガガモとコガモの雑種がいると評判だったが、3月28日に初めてそれを観察することが出来た。オナガガモとコガモのように大きさが違う種間雑種は珍しいものだと思うが、観察してみると大きさはヒドリガモ程度でコガモの1.5倍の大きさ、頭の模様はコガモとオナガガモのミックス、背羽はオナガガモで中羽にはコガモの特徴が見られた。いずれにしても今まで見たことのないカモの外観を呈していた。尾羽が短い性かオナガガモのように上手に頭をつけて餌を取ることが出来ないようだ。 賀茂川のオナガガモペアー 2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/29 05:00
2017野鳥観察・・・8時半ころ水飲みに現れるコイカル
公園の散水栓の水たまりに毎朝8時半ころ、この時期でも水飲みに現れるコイカルがいるというので見に出かけてみた。本来もう移動する時期だが今年は気候の加減でまだ居残っていた。コイカルはイカルの群れに交じっていることが多いらしいが、ここのコイカルはこの日は単独で行動していた。8時半から10分ほど姿を見せてうろついていたが、9時には近隣の住人の犬の散歩も始まり姿を消した。イカルと違い数が少ないと思う性か羽の色も美しく思える。 公園のつぼみの膨らんだソメイヨシノにとまるコイカル。あと一週間とどまってくれる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/27 05:00
2017野鳥観察・・・ハヤブサの表情観察
抱卵中のハヤブサペアーが大体2時間おきに交代する。その飛び立つさまを見たくて観察に出かけてみた。8時、10時、12時に飛び立ち交代したが14時ころは飛び立ったままで16時まで戻らなかったので観察を中止した。休憩中の樹上での表情を写してみた。 ハヤブサが営巣する崖 2017.3.26.撮影 ♂が抱卵しているので樹上で休む♀ 2017.3.26.撮影 ハヤブサ♀のくつろぎの表情 2017.3.26.撮影 ハヤブサ♀のくつろぎの表情 2017.3.26.撮影 ハヤブサ♀のくつろぎの表情 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/26 05:00
2017宝ケ池の自然・・・ミソサザイの生態とほかの野鳥や蝶
宝ケ池の湿地にミソサザイの生態を2日にかけ観察した。ほかにもアオゲラ、アカゲラ、コゲラのキツツキ類と越冬から目覚めたテングチョウやウラギンシジミを観察する。テングチョウの数が多いので今年も各地で大発生があるかもしれない。 昼には汗ばむようになった家族連れの多い連休の宝ケ池と高山 2017.3.20.撮影 ミソサザイが越冬する宝ケ池の湿地 2017.3.20.撮影 宝ケ池湿地のミソサザイ 2017.3.18.撮影 宝ケ池湿地のミソサザイ 2017.3.18.撮影 宝ケ池湿地のミソサザイ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 05:00
2017賀茂川の自然・・・3月17日に歩いて見た賀茂川
3月17日に終盤の鴨たちの姿を見に北大路橋から西賀茂橋までを往復して見た。この時期になると鴨たちの姿も少なくなるがそれでもまだ残っている鴨も多い。 北大路橋から北山橋まで土砂浚渫工事が始まったので鳥たちも追われるように北と南へ分散している。西賀茂橋付近は自然が残されている。 2017.3.17.撮影 西賀茂橋付近の土手にへばりつくようにして咲くタンポポ。この付近はみなこの咲き方をしていた。 2017.3.17.撮影 賀茂川の土手に咲く早春の花、タネツケバナ。 2017.3.17.撮影 御... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/22 05:00
2017京都の自然・・・雲ケ畑中津川直谷と松尾谷の春
今年は雪が多く雲ケ畑の直谷、松尾谷の定点観察にしばらく行けなかった。ようやく雪も解け、3月12日に様子を見に出かけた。谷筋には雪が残り雪の性でかなり倒木が見られたがミソサザイの囀りを聞くことが出来、春が駆け足でここにも訪れようとしていることが分かる。 カワガラスやミソサザイの姿を見ることが出来た、まだ谷筋に雪が残る直谷の渓流。 2017.3.12.撮影 崩壊した直谷山荘付近に至る中津川の林道 2017.3.12.撮影 直谷と松尾谷出合い近くの中津川の落ち込み 2017.3.12.撮影 鹿... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/18 05:00
2017京都の自然・・・宇治川と大吉山の野鳥
天ケ瀬ダムから宇治川を歩き大吉山を野鳥観察に廻ってみた。およそ6kmほどの距離だが散策にはちょうどよいコースになる。大吉山の東屋では4月半ばころまでクロジが見れる。 宇治川のオオバン 2017.3.10.撮影 宇治川のカワアイサの♀ 2017.3.10.撮影 宇治川の林にいるルリビタキ 2017.3.10.撮影 大吉山東屋に水を飲みに来たクロジ♂ 2017.3.10.撮影 大吉山のクロジ♂ 2017.3.10.撮影 水を飲みに来た大吉山東屋のクロジ♀ 2017.3.10.撮影 大吉... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/15 05:00
2017京都の自然・・・3月8日に見た京都御苑の野鳥
京都御苑を3月8日に自然観察して歩いた時に見た野鳥をご紹介する。 アラカシに休んでいるアオバト。緑に溶け込んでその姿を見つけるのは容易ではない。 2017.3.8.撮影 ドングリを食べに降りているアオバトの♂ 2017.3.8.撮影 枯葉を掻き除け餌を探すアカハラ 2017.3.8.撮影 枝どまりのアカハラ 2017.3.8.撮影 モミジの種を啄むシメ 2017.3.8.撮影 色が少し変化しているツグミ 2017.3.8.撮影 まだまだ健在のトラツグミ 2017.3.8.撮影 こ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/14 05:00
京都の花・・・南丹市日吉町中世木区に自生するセツブンソウ
南丹市日吉町中世木区に自生するセツブンソウの花を見に行きました。ここのセツブンソウは京都府立植物園で見るセツブンソウと違い、葯が白い「素心花」といわれるここでしか見られない貴重なセツブンソウです。3月4日と3月11日のせつぶん草まつりで見ることが出来るのですが、6日の日に訪れると運よく鍵が明けられ管理人の方がおられたので見ることが出来ました。雪がまだ残る山間の斜面に群生するセツブンソウは清楚で可憐な姿を見せています。日吉町ではセツブンソウだけでなく2月から8月にかけて山野草が28種見られるそうで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/09 05:00
2017野鳥観察・・・鴨川(賀茂川)に見る3月の野鳥
賀茂川や鴨川で見る3月の野鳥を北大路橋から荒神橋まで歩いて撮影してみた。今年はユリカモメの姿がもうなかった。イソシギやイカルチドリもこの日は見ていない。 府立大学病院付近の鴨川 2017.3.2.撮影 北大路橋付近のイソヒヨドリ 2017.3.2.撮影 北大路橋付近のイソヒヨドリ 2017.3.2.撮影 いたるところで見られるセグロセキレイ 2017.3.2.撮影 ハクセキレイ 2017.3.2.撮影 群れて餌を取っているスズメ 2017.3.2.撮影 今年は多いツグミ。このツグミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/08 05:00
2017野鳥観察・・・昨年12月から長く賀茂川に居つくカワアイサ
今冬はカワアイサが昨年12月初めころより長く賀茂川を住みかにしてくれている。魚も多く住みやすかったのか、8羽も滞留したのは初めてかもしれない。おかげで賀茂川を散策するたびにその生態を観察させてもらった。日差しも春めいてきた3月2日にカワアイサの狩りを中心にその動きを眺めてみた。 賀茂川の北大路橋から出町橋あたりを餌場としてカワアイサは滞留していた。 2017.3.2.撮影 カワアイサが餌場とする大文字山が見える賀茂川。 2017.3.2.撮影 カワアイサの♂ 2017.3.2.撮影 岸か... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/06 05:00
2017野鳥観察・・・古墳群もある西芳寺川のカワガラスなどの野鳥
西芳寺川古墳群を見ることが出来る松尾谷西芳寺川へ野鳥観察に出かけてみた。春夏はオオルリやサンコウチョウを見ることが出来る渓流だが、この時期は野鳥の数が少ない。カワガラス、カケス、ミソサザイ、ルリビタキ、ホオジロ、シジュウカラ、エナガ、キセキレイ、トラツグミを観察することが出来た。現在は西芳寺川古墳群として統合されたが、5号橋から6号橋にかけて旧ボウジョウ古墳群5基と旧上園尾古墳群2基を見ることが出来る。20号橋まで往復約8kmを探鳥してみた。 西芳寺川20号橋付近。1号橋から約4kmの地点にあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 05:00
2017野鳥観察・・・三鈷寺周辺のウソ
2月26日にポンポン山登山のため小塩から三鈷寺経由で杉谷に向かう途中、三鈷寺わきの山道でウソが桜の芽などを食べに来ているところに遭遇した。この付近には野鳥の姿が多く見られたがウソに出会えたのは幸運だった。 大原野小塩付近の梅 2017.2.26.撮影 三鈷寺参道と杉谷へ向かう脇道の別れ 2017.2.26.撮影 桜の芽を食べに来ているウソの♂ 2017.2.26.撮影 桜の芽を食べるウソの♂ 2017.2.26.撮影 イタドリの実を食べに来ているウソの♂ 2017.2.26.撮影 イ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 05:00
2017野鳥観察・・・宝ケ池公園のウソやミソサザイ、ルリビタキ
宝ケ池公園にウソが出始めた。この日は憩いの森に4羽ほど入っていた。うち一羽が水を飲みに降りているのを撮影できた。またミソサザイは野鳥の森と憩いの森に見られた。ルリビタキは野鳥の森と憩いの森にいたのを観察した。キクイタダキやアオゲラも桜の森にいるようだが私は観察できていない。そろそろ冬も終盤に差し掛かった感じが強い。 アトリは数が少なくなって群れでいるのを見ることが少なくなった 2017.2.22.撮影 水を飲みに降りていたウソの♀。周りに3羽ほど梢にいて一緒に飛び去った。 2017.2.22... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/24 05:00
2017野鳥観察・・・今年は多い京都御苑のトラツグミ他
今年は京都御苑にトラツグミの数が多かった。散策すると多い時には巡回時に7羽ほどを見ることもあった。この日も同じ場所に同時に2羽を見るなど一巡すると5羽を見た。ほかにもルリビタキの♀を2羽、ビンズイやツグミの数も多く、シロハラはどこにでもいてツグミと縄張り争いをしている。ツグミを観察していると色の薄いものがいることが分かる。2月19日にはアトリやイカルは急に数を減らしていた。 長く滞在しているアカハラ 2017.2.19.撮影 ツグミとともにどこにでもいて縄張り争いをするシロハラ 2017.2... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 05:00
2017野鳥観察・・・淀川河川敷や他の場所で見たハチジョウツグミ
今年、淀川河川敷でハチジョウツグミをつぶさに観察できたので以前撮影した個体と差がどの程度か確認してみた。 淀川河川敷のハチジョウツグミ 2017.2.15.撮影 淀川河川敷のハチジョウツグミ 2017.2.15.撮影 淀川河川敷のハチジョウツグミ 2017.2.15.撮影 淀川河川敷のハチジョウツグミ 2017.1.31.撮影 淀川河川敷のハチジョウツグミ 2017.1.31.撮影 大阪城公園のハチジョウツグミ 2016.4.14.撮影 大阪城公園のハチジョウツグミ 2016.4.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/20 05:00
2017野鳥観察・・・淀川河川敷で出会ったメジロガモなど野鳥たち
再び京阪牧野駅から穂谷川沿いに淀川に出て河川敷の野鳥通りを歩いてみた。そこで2月15日に出会った野鳥たちを写真紹介する。 淀川河川敷実験池の景観。ヒヨドリ、ムクドリが夥しく群れている。 2017.2.15.撮影 淀川河川敷の景観 2017.2.15.撮影 アトリ 2017.2.15.撮影 狸の死骸を食べるハシブトカラス 2017.2.15.撮影 カワセミ 2017.2.15.撮影 カワラヒワ 2017.2.15.撮影 キジ 2015.2.15.撮影 コゲラ 2015.2.15.撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/18 05:00
2017野鳥観察・・・大沢池・広沢池の冬の野鳥
今年は総じてどこへ行っても野鳥の数が少ないようだ。広沢池や大沢池もいつも見られる野鳥の数も種類も少ない。2月7日に雪が舞い天候が良くなかったが出かけて観察してみた。その日に出会った野鳥を写してみた。 嵯峨野大覚寺の大沢池 2017.2.7.撮影 嵯峨野大覚寺の大沢池蓮池と多宝塔、大師堂 2017.2.7.撮影 大沢池の菊島 2017.2.7.撮影 大沢池の菊島。川鵜やアオサギ、オオバン、マガモ等が休んでいる。 2017.2.7.撮影 菊島に休むカワウ 2017.2.7.撮影 菊島に休... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/10 05:00
2017野鳥観察・・・賀茂川でくつろぐカワアイサたち
賀茂川の居心地が良いのかいつの間にかカワアイサが8羽(3♂♂5♀♀)も見られるようになった。淀川や宇治川だと遠くから観察せねばならないが、賀茂川だと近くからその仕草をじっくり眺めることが出来る。この日は午後から春のような好天になったのでカワアイサたちは余り動き回らずゆっくりくつろいでいた。その時の可愛い仕草を撮影してみた。 賀茂川を泳ぐカワアイサ♂ 2017.2.4.撮影 賀茂川を泳ぐカワアイサ♂♀ 2017.2.4.撮影 賀茂川を泳ぐカワアイサ♂と昼寝に入った♀ 2017.2.4.撮影 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/06 05:00
2017野鳥観察・・・賀茂川でのカイツブリの水浴び
賀茂川でカイツブリが水浴びしているところを見守った。春のような天気となった昼下がり、カイツブリも水浴びして気持ちよさそうである。仕草がとても愛らしい。 カイツブリの水浴び 2017.2.5.撮影 カイツブリの水浴び 2017.2.5.撮影 カイツブリの水浴び 2017.2.5.撮影 カイツブリの水浴び 2017.2.5.撮影 カイツブリの水浴び 2017.2.5.撮影 カイツブリの水浴び 2017.2.5.撮影 カイツブリの水浴び 2017.2.5.撮影 カイツブリの水浴び 20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/05 05:00
野鳥観察・・・2017宝ケ池公園の野鳥
2月2日も小雪が舞う寒い朝でしたが宝ケ池の山間周遊路を散歩がてら探鳥しました。あちこちに鹿の群れが出没しています。罠が仕掛けてあるので立ち入り禁止のところもありますがその効果はほとんどないとみてよいでしょう。山肌の雑木はカシノナガキクイムシの害でクヌギやコナラがほとんどが枯れてしまい立ち枯れの木は危険な状態で、倒木には苔が生しています。立ち枯れを整理したところは空間が広くなり野鳥には住みにくい環境になり、鹿害が追い打ちしてだんだん野鳥の訪れる数も減っているようです。この日は桜の森でミソサザイやル... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/03 05:00
野鳥観察・・・淀川河川敷で出会った野鳥たち2017
淀川河川敷の野鳥通りを2017年1月31日に歩いてみた。そこで出会った野鳥たちをご紹介する。センダンの実を食べに夥しいヒヨドリとムクドリの群れが集まっていた。アキニレの実にはアトリやカワラヒワが集まっている。エノキの下にはこれもイカルの群れが100羽ほど飛び交っていた。お目当てにしていたベニマシコはエナガの群れの中に1羽だけ見つけたが残念ながらそれ以上は見当たらなかった。ツグミやムクドリに別のものが混じってないか見ているとハチジョウツグミが飛び出したのでそれをしばらく観察できた。エナガやメジロの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/01 05:00
野鳥観察・・・宝ケ池公園で見られる冬の野鳥2017
1月24日から26日の3日間、京都の宝ケ池公園の野鳥を観察してみた。24日と25日は雪が舞う冬日で26日は嘘のような快晴となり気温も上がった。しかし、小鳥たちは晴れた日の方が姿をあまり見せてくれなかった。 あちこちに姿を見せるようになったルリビタキ♂ 2017.1.25.撮影 宝ケ池公園の山間部で飛び回るルリビタキ♂ 2017.1.26.撮影 山肌のブッシュの中を飛び回るミソサザイ。枯れ木に隠れて羽繕いをしていた。 2017.1.26.撮影 宝ケ池の山の緑を食べつくして害を広げている鹿。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/29 05:00
野鳥観察・・・宝ケ池の今年(2017)の鴛鴦(オシドリ)
宝ケ池に入っている2017年の鴛鴦を観察してみた。例年より数が少なく♂が3羽、♀が1羽となっている。 松の木の枝下に休む鴛鴦♂ 2017.1.24.撮影 松の木の枝下に休む鴛鴦♀ 2017.1.24.撮影 宝ケ池の松の木の枝下で休む鴛鴦♂♀ペアー 2017.1.24.撮影 雪の舞う日松の木の枝下で休む鴛鴦♂♀ペアー 2017.1.24.撮影 宝ケ池を泳ぐ鴛鴦3♂♂1♀ 2017.1.26.撮影 見事な構図を見せてくれた宝ケ池の鴛鴦 2017.1.26.撮影 好天の日射しに煌めく鴛鴦... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/28 05:00
野鳥観察・・・大泉緑地公園のカラアカハラ
堺の大泉緑地公園にカラアカハラが出ているということで観察に出かけた。餌付けされて12日目らしくずいぶん人なれしていた。近くを犬が通っても驚いて逃げる気配がない。日本にはあまり来ない旅鳥ということだが今年は温暖化とか気象の関係からか迷鳥が多いように思う。昼前から雨が強くなり始めたがその生態を撮影して観察してみた。2日前からピラカンサの実を食べだしたので水を飲みに行かなくなったという。 大泉緑地のカラアカハラ 2017.1.23.撮影 ピラカンサの実を食べるカラアカハラ 2017.1.23.撮影... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/23 05:00
野鳥観察・・・京都御苑名物、平安時代の化け物「鵺(ぬえ)」の正体見たりトラツグミ
平安時代、夜の闇の深いころ、御所に夜な夜な現れて不気味な声を発し貴人を怖がらせた化け物「鵺」の正体・・・、こんなかわいいトラツグミだったんですね。貴人は想像たくましくとんでもない複合体の姿を作り上げたものです。トラツグミはミミズが大好きです。簡単に土中にいるミミズを見つけます。しかし、落ち葉の下にこんなにも多くのミミズがいることにトラツグミ観察をしていると驚かされます。今回観察したのは京都御苑に現在いる3個体です。 休む時は木の上に隠れている桜町のトラツグミ 2017.1.9.撮影 ミミズを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/13 19:28
野鳥観察・・・大阪府のオジロビタキ
大阪府の谷あいにいるオジロビタキを撮影した。ニシオジロビタキとオジロビタキの識別は私にはよくわからないが、これはオジロビタキらしい。京都御苑でも数年前に撮影したが餌付けされるとかなり長く居つくようだ。 枝にとまり囀るオジロビタキ 2017.1.10.撮影 谷あいの餌場に現れるオジロビタキ 2017.1.10.撮影 餌付けされているオジロビタキ 2017.1.10.撮影 ブッシュに休むオジロビタキ 2017.1.10.撮影 餌場に出てきたオジロビタキ 2017.1.10.撮影 枝どまり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/11 21:32
野鳥観察・・・水無瀬のコミミズク
今年も水無瀬にコミミズクが来ているので今日見に行った。駐車場が5時に締まるので一刻も早く姿を見せてくれないかと期待して待ったが、結局この日は4時ころしか出てこなかった。15分だけの撮影時間で2度棒どまりから飛び立つところを撮影して引き上げる。ほかにはホオジロ、モズ、チョウゲンボウの姿を見ることが出来た。河川敷は草が伸び放題で去年から大きく変化している。コミミズクのネズミ狩場はほとんどなくなってしまった。 草が伸び放題になりコミミズクの狩場になる平坦な草場が少なくなった水無瀬の河川敷 2017.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/10 21:18
今年の蝶の自然観察ハイライト・・・杣山型ギフチョウ、ヒサマツミドリシジミの交尾写真他
今年の蝶の自然観察を行った結果のハイライトは、珍しい杣山型のギフチョウの撮影をできたことに始まり、羽裏が真っ白のモルフォオオムラサキの杉谷型の羽化を見れたこと、誰もまだ写真撮影したことがないと言われるヒサマツミドリシジミの交尾写真を撮れたことや新しい産卵観察ポイントを見つけたこと、さらには京都で定着が進むイシガケチョウを大原野、雲ケ畑、植物園で撮影したことでした。ほかにもいろいろありましたが、キマダラルリツバメがキヅタの中に数多く潜んでいたことの発見、八丈島のカラスアゲハを飼育できたことも特筆で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 05:00
師走歳末の賀茂川に見る紅葉のコントラスト
12月も末になって大方の景色は冬模様となっているが賀茂川葵橋付近のユキヤナギやヤマブキは今が紅葉の盛りとなっている。また、北大路橋付近のソメイヨシノやトウカエデにもまだ美しい紅葉が見れる木が残っている。寒さが厳しくなってきているが、これも温暖化の一現象なのだろうか? 高野川鞍馬口付近から見る松ヶ崎東山の法。山は冬景色になっている。 2016.12.24.撮影 高野川と賀茂川が合流する出町亀石渡りの景色 2016.12.24.撮影 葵橋付近の賀茂川東岸にはユキヤナギがこの時期に見事な紅葉を見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 05:00
野鳥観察・・・師走に見る賀茂川の水鳥たち
12月に上賀茂橋から葵橋までの賀茂川を歩くと見れる水鳥たちをご紹介する。 賀茂川亀石渡から北の葵橋方面を望む景色 2016.12.24.撮影 賀茂川東岸から南の出雲路橋方面を望む景色 2016.12.24.撮影 北大路橋から北の賀茂川を望む景色 2016.12.24.撮影 北山橋上流の東岸から上賀茂橋、船形を望む景色 2016.12.21.撮影 上賀茂橋上流から御園橋方面、船形を望む景色 2016.12.21.撮影 アオサギ 2016.12.24.撮影 イソシギ 2016.12.2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/25 05:00
野鳥観察・・・美しい賀茂川のオナガガモ
賀茂川のオナガガモは今年は例年より飛来数が多いようだ。ユリカモメは京都新聞によると12月19日の調査で1987年の調査開始以来最小数の269羽という飛来記録らしいが、年により賀茂川で見られる水鳥は変化している。美しいオナガガモの姿を写してみた。 賀茂川新葵橋下流のオナガガモ 2016.12.19.撮影 賀茂川新葵橋下流のオナガガモ 2016.12.19.撮影 美しい姿を見せる賀茂川のオナガガモ♂ 2016.12.19.撮影 賀茂川のオナガガモ♀ 2016.12.19.撮影 賀茂川葵橋下... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/12/24 05:00
野鳥観察・・・賀茂川と湖北山本山のチョウゲンボウ
湖北にオオワシを見に行った時と賀茂川を散歩した時にたまたまチョウゲンボウに出くわした。ほんの少しの時間だったがチョウゲンボウが狩りをするところを観察できた。その時の写真を紹介する。 賀茂川の北大路橋を300mほど北に行った所でチョウゲンボウが狩りをするところを見た。最初は目の前の堤防下にセキレイを追って飛び込むところだった。しかし、それは不発に終わり飛び立って西岸の松の上にとまってもう一度周りを見渡していた。 2016.12.19.撮影 最初に東岸の堤防下に何かが飛び込んだ時、とっさにチョウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/22 05:00
景観散策・・・奇岩が多く変化が楽しい近江湖南アルプス自然休養林山歩き
今年も70代後半も混じる老年組忘年山歩きを楽しんだ。草津駅から上桐生までバスに乗り、ゆっくりした時間配分をとれるよう湖南アルプスの上桐生バス停〜落ケ滝、落ケ滝線〜北峰縦走線〜天狗岩〜耳岩〜水晶谷線〜上桐生バス停のコースを歩く。このコースは花崗岩の谷沿いになる美しい水の流れを楽しみながら岩登りも楽しめる奇岩の多い変化に富んだ絶景を見て回る山歩きになる。普通の人は休まずに4時間強のコースだが、こちらは湯を沸かす昼食やコーヒータイムを楽しむので6時間をかけて歩く。楽しんだコースの奇岩の様子を中心に景観... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/21 05:00
野鳥観察・・・賀茂川出雲路橋付近のカワアイサ
賀茂川の出雲路橋付近に今年もカワアイサが定着している。♂♀2ペアーがいるようだが姿を見るのは日により異なる。宇治川などの川にいると遠くてなかなか観察しづらいが賀茂川にいると近くで見れるのでその美しさを十分味わうことが出来る。夕陽残照の川面に泳ぐ姿などは特に美しい。 賀茂川の出雲路橋下流を泳ぐカワアイサの♂♀ 2016.12.11.撮影 賀茂川の出雲路橋付近に定着しているカワアイサの2♂♂2♀♀ 2016.12.11.撮影 賀茂川に休むカワアイサ♀ 2016.12.11.撮影 夕陽残照の賀... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/20 05:00
野鳥観察・・・湖北山本山のオオワシ観察
オオワシが飛来することで有名な湖北の山本山へ今年も出かけてみた。毎年1度はその姿を見たくなり出かけている。今年は12月15日に出かけたが去年と違い年ごとに重なるお歳の性か心なし飛び方に迫力が薄れたような感じがした。昼前に現地に着くことにしているが、やはりこの日も昼前に飛び立ち琵琶湖の畔になる片山トンネルまで飛んで山の中腹にある松の木に休憩した。去年なら飛び立つとすぐ餌のブラックバスを捕らえて戻ってきたのに休み休み飛ぶように見えた。片山トンネルまで歩いて行ってしばらく休憩中のオオワシを観察すると、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/19 05:00
自然観察・・・オーストラリアのケアンズで見たいろいろな昆虫と生物
オーストラリアケアンズの自然観察旅行で蝶や野鳥たちの他に見た様々な昆虫、生物をご紹介する。熱帯地方で見られる美しい色がここでも印象的だった。 ゾーディアック モス。アゲハチョウのように暗い木陰を飛び回り頭を下にして羽を広げてとまる。非常に美しい昼行性の蛾で毒があるので鳥は食べないらしい。 2016.12.2.ケアンズ植物園にて撮影 ムカシカワトンボ。美しい瑠璃色が印象に残るトンボ。バロンゴルジュの公園にいた。 2016.12.4.撮影 瑠璃色の胴体が美しいムカシカワトンボ 2016.12.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 05:00
自然観察・・・ケアンズのダウンタウンの夜空を覆うメガネオオコウモリとオーストラリアオオコウモリ
今回のケアンズ旅行で目にした驚きの光景は、夕食時にダウンタウンへ出かけた時に数千匹のオオコウモリが空を覆うように飛翔していたことです。メガネオオコウモリとオーストラリアオオコウモリの2種がいると言われ、これからプールが建設予定されている公園の木立を塒として木の葉のようにぎっしり休んでいます。それらが夕闇が迫るころ一斉に活動開始するのです。日本でも石垣島や西表島でオオコウモリは見ることが出来ますが数が問題になりません。羽を広げるとカラスほどの大きさがあるこの蝙蝠たちが飛ぶさまは、ヒチコックの映画「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/11 05:00
休憩室・・・京都府立植物園に見る晩秋のキノコ
京都府立植物園の晩秋11月に見たキノコを紹介する。 アラゲキクラゲ 2016.11.30.撮影 キュウバンタケ 2016.11.15.撮影 クズセンボンタケ 2016.11.15.撮影 ニガクリタケ 2016.11.15.撮影 ハチノスタケ 2016.11.30.撮影 ハチノスタケ 2016.11.30.撮影 ハナビラタケ 2016.11.15.撮影 ヒラタケ 2016.11.28.撮影 ブナシメジ 2016.11.15.撮影 ブナシメジ 2016.11.15.撮影 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/05 05:00
野鳥観察・・・京都府立植物園のアオゲラ他
京都府立植物園の熟柿を食べに今年もアオゲラが来るようになった。毎年のことだがこの季節になると現れる。しかし、今年は野鳥の数も少なくアオゲラも少し神経質そうだ。 京都府立植物園で熟柿の実を食べに来たアオゲラ 2016.11.30.撮影 京都府立植物園で熟柿の実を食べに来たアオゲラ 2016.11.30.撮影 京都府立植物園で熟柿の実を食べに来たアオゲラ 2016.11.30.撮影 京都府立植物園で熟柿の実を食べに来たアオゲラ 2016.11.30.撮影 京都府立植物園大温室前にあるミズキ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 05:00
野鳥観察・・・カモメ(セグロカモメ?)の小魚捕食とグリーンアイラインの美しいヒドリガモ
香櫨園浜の夕暮れ時、ハマシギがいないか見に出かけたがそれはいなかった。しかし、カモメが小魚の狩りをして捕食するところとグリーンアイラインの美しいヒドリガモ(アメリカヒドリとの雑種?)を観察できた。この浜ではいろいろな野鳥が見られるようだが機会を見つけてまた来てみたい。 香櫨園浜の夕暮れ時、小魚の群れに狩りをするカモメ 2016.11.12.撮影 香櫨園浜で小魚の狩りをするカモメ 2016.11.12.撮影 香櫨園浜で小魚の狩りをするカモメ 2016.11.12.撮影 香櫨園浜で小魚の狩り... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 10:07
野鳥観察・・・京都府立植物園のキンクロハジロがザリガニ捕食
京都府立植物園の半木中池に珍しくキンクロハジロの幼鳥が入っていた。賀茂川では毎年見かけるが私はここでこの鳥を初めて見る。蓮池にいるので池に映る姿が美しい。カイツブリと同じくこの鳥は潜って餌をとる。この日は何度か池に姿を消してはザリガニを捕え食べていた。 半木池の常連になるマガモたちとともに一羽だけ2週間ほど前から姿を見せているキンクロハジロの幼鳥。冬に♂は黒白のツートン色のいでたちになる。 2016.11.2.撮影 京都府立植物園半木中池に姿を見せているキンクロハジロの幼鳥 2016.11.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/09 05:00
自然観察・・・佐々里峠の原生林に見るキノコたち
佐々里峠から灰屋に向かうブナの原生林に生えるキノコを見て歩いた。今年はナメコが不作かあまり見られない。また、この時期にしてはキノコの数も少なかった。ここの尾根道に見る樹林は原生林の姿を見せていて興味が尽きない。 佐々里峠から灰屋に向かう原生林の尾根道 2016.10.31.撮影 佐々里峠から灰屋に向かう原生林の尾根道 2016.10.31.撮影 佐々里峠から灰屋に向かう原生林の尾根道 2016.10.31.撮影 佐々里峠から灰屋に向かう原生林の尾根道 2016.10.31.撮影 佐々里... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/07 05:00
秋の蝶・・・シリブカガシにいるウラギンシジミ♀とムラサキカタバミのキタキチョウ
京都府立植物園の秋晴れの昼下がり、気温が上がったのでウラギンシジミの♀とキタキチョウの動きが活発になっていた。晩秋でも一部の蝶は活動するので観察できる。 越冬場所のシリブカガシで日向ぼっこするウラギンシジミ♀ 2016.11.2.撮影 越冬場所のシリブカガシで日向ぼっこするウラギンシジミ♀ 2016.11.2.撮影 越冬場所のシリブカガシで日向ぼっこするウラギンシジミ♀ 2016.11.2.撮影 越冬場所のシリブカガシで日向ぼっこするウラギンシジミ♀ 2016.11.2.撮影 越冬場所... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/02 20:12
キノコの世界・・・わかりにくいキノコ
キノコはよほど知っていないと幼菌、成熟菌、老菌で違いが大きくわかりにくい。山で見つけたキノコも自分が知っているもの以外はほとんど名前がわからないと言ってもよい。写真図鑑で調べてもおよそ似て非なるものがそれである場合が多い。 アラゲキクラゲ 2016.11.1.京都府立植物園にて撮影 カンゾウタケと思えるキノコ 2016.11.1.京都府立植物園のスダジイにて撮影 カンゾウタケと思えるキノコ。割いてみた。 2016.11.1.京都府立植物園にて撮影 スエヒロタケ 2016.11.1.京都府... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/01 22:19
景観自然散策・・・秋晴れで紅葉近づく大阪城公園
秋晴れで紅葉が迫る大阪城公園を自然観察しながら散策した。ハゼノキや欅が赤く染まり始め、銀杏も今年は早、美しく黄金色になり始めている。飛騨の森にはジョウビタキやルリビタキが来るようになった。ムギマキも少ないながら見れたそうだ。アトリやツグミが紅葉した欅に飛ぶと美しい景色になる。栴檀草に舞うモンキチョウは越年するのでこの時期は美しい。お堀にはオカヨシガモ、ハシビロガモ、ヨシガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、マガモなどが見られたが、ここでもヌートリアが悠然と泳いでいた。 秋晴れの大阪城日本庭園 20... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/29 05:00
自然観察・・・植物園で追ったモンシロチョウ
普通種なのでまったく見向きもされないモンシロチョウであるがじっくり観察すると非常に美しい。京都府立植物園のコスモスの花とステビアの花に吸蜜するモンシロチョウを写してみた。 コスモスの花を吸蜜するモンシロチョウ 2016.10.26.撮影 京都府立植物園のステビアの花に舞うモンシロチョウ 2016.10.26.撮影 京都府立植物園のステビアの花に舞うモンシロチョウ 2016.10.26.撮影 京都府立植物園のステビアの花に舞うモンシロチョウ 2016.10.26.撮影 京都府立植物園のス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/28 19:29
自然観察・・・京都府立植物園の秋の花と蝶(普通種の美しさ)
京都府立植物園に蝶の姿も少なくなる10月の後半、秋の花に舞う普通種の蝶の美しさを写しに出かけてみた。ヤマトシジミ、ウラナミシジミやモンシロチョウでさえ秋の花に舞う姿を見ると実に美しい。 ツルソバの花とアオスジアゲハ 2016.10.21.撮影 ミゾソバの花とウラナミシジミ 2016.10.21.撮影 秋の花とウラナミシジミ 2016.10.21.撮影 秋の花とウラナミシジミ 2016.10.21.撮影 ミントマリーゴールドの花とシロオビノメイガ 2016.10.21.撮影 ヒメウラナ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/21 22:19
キノコ観察・・・花脊大見尾根で見たキノコたち
花脊大見尾根へ好天なのでヒサマツミドリシジミを確認に出かけた。ウラジロガシを叩きだしで確認するが、好天の11時ころ気温も22度ながら何も現れなかった。それでキノコ観察に切り替え見て歩く。今年はナメタケも10月初旬に終わってしまったのか旬を過ぎたキノコが残っていた。キノコは名前がわからないものばかりだが、それらしい形のものがあったのであえて名前を付して?表記した。間違いがあればご教授願いたい。 花脊杉峠から見る琵琶湖方面の景色 2016.10.19.撮影 和佐谷峠、ヒサマツミドリシジミポイント... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/20 19:49
野鳥観察・・・10月18日に大阪城公園で出会った野鳥たち
昨日大阪城公園で観察したノゴマを紹介したが、10月18日にそこで出会った野鳥たちを紹介する。雨覆の白羽が大きく美しいキビタキが神社裏東で見られ、メボソムシクイは撮影しにくかったが10羽以上が音楽堂西通路、桜広場のアキニレに飛び交いそれに付く虫を食べていた。また、一番櫓北の椋の木にはクロツグミ♂♀やマミチャジナイが椋の実を食べに来てヒヨドリと喧嘩するところも見られた。 山里丸で見たエゾビタキ 2016.10.18.撮影 山里丸で見たエゾビタキ 2016.10.18.撮影 雨覆の白羽が非常に大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/19 19:49
野鳥観察・・・大阪城公園のノゴマ
久しぶりにノゴマのシーズンなので大阪城公園に出向いてみた。1週間ほど飛騨の森にノゴマがいついているらしい。今日も朝からその美しい姿を見せてくれた。喉元の赤さが見事なまでに鮮やかである。いろいろなしぐさを写させていただいた。コンデジで撮影しているが近くまで寄れるのがうれしい。 大阪城公園飛騨の森のノゴマ 2016.10.18.撮影 大阪城公園飛騨の森のノゴマ 2016.10.18.撮影 大阪城公園飛騨の森のノゴマ 2016.10.18.撮影 大阪城公園飛騨の森のノゴマ 2016.10.18... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/18 21:22
野鳥観察・・・賀茂川北大路橋のノビタキ
賀茂川の中州は定期的に刈り込みされるのでノビタキがやってきてもそれを見れる期間が少ない。今年も北大路橋南にノビタキの姿が見られたが明日から中洲の剪定が始まるので残念ながらここから抜けるだろう。秋晴れの一日、のどかなノビタキの姿を観察して撮影し、ゆっくり時間が流れて行った。 秋晴れの北大路橋南の景色。中洲が自然な状態はいろんな花鳥蝶が見られ非常に美しい。 2016.10.14.撮影 オギやセイタカアワダチソウが美しい賀茂川北大路橋付近 2016.10.14.撮影 賀茂川とノビタキ 2016.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/14 21:21
蝶の生態・・・50年で普通種に成り下がった美しいツマグロヒョウモン
およそ50年前には今は普通にどこにでも見られるようになったツマグロヒョウモンは非常に珍品だった。京都からは若草山に行かないと捕れなかった。しかし、それから年ごとの温暖化と園芸ブームでヒョウモン類の中では唯一多化性ということもあって数を著しく増してしまった。年に6回以上発生しているのではないだろうか。12月の好天時にも飛んでいることがある。普通種になったと言ってもその美しさは変わらない。趣味人にあまり見向きもされなくなっただけで♀の美しさは1級品と言える。私もそういえばあまり写真を撮ってなかったこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/13 11:20
キノコの世界・・・宝ケ池公園で見つけたキノコたち
宝ケ池の遊歩道と周遊山路で見つけたこの時期のキノコたち。独断と偏見で名前を入れてみました。間違いも多いと思いますがご教示ください。 アカイボカサタケ 2016.10.10.撮影 ウズハツ? 2016.10.10.撮影 ウスヒラタケ 2016.10.10.撮影 ウチワタケ 2016.10.10.撮影 ウラムラサキ 2016.10.10.撮影 ウラムラサキ 2016.10.10.撮影 オシロイタケ 2016.10.10.撮影 カキシメジ 2016.10.10.撮影 カレバハツ? 2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/12 20:11
風景散策・・・京都御苑秋景色
京都御苑を一周して野鳥や蝶など秋の景色を見て回った。この時期は見るものが少ない。 モッコクの黄色い実を食べているキジバト。キビタキやオオルリを観察する人たちには邪魔者でしかない。 2016.10.9.撮影 モッコクの黄色い実を食べに来ているキビタキの♀ 2016.10.9.撮影 バードバスに来たキビタキの♀ 2016.10.9.撮影 餌を啄む雀 2016.10.9.撮影 神社境外を埋め尽くす銀杏 2016.10.9.撮影 神社の境外を埋め尽くす銀杏 2016.10.9.撮影 草むら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/11 20:51
キノコの世界・・・京都御苑に10月9日に生えていたキノコ
雨上がりの京都御苑にキノコを観察に出かけた。意外にキノコの姿が少ない。また、生えていたとしても名前のわからないものが多いが、今回はこれではないかと思うものに出会えた。間違っていたらご指摘願いたい。 コフキサルノコシカケ 2016.10.9.撮影 黒松に生えていたチャイボタケ 2016.10.9.撮影 チャイボタケ 2016.10.9.撮影 シロテングタケ? 2016.10.9.撮影 シロテングタケ? 2016.10.9.撮影 傷つければ乳色の汁が出るツチカブリモドキ 2016.10.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/10 11:09
キノコの世界・・・紛らわしいものは食べてはいけないカキシメジ風のキノコ
キノコは食べられるキノコと毒キノコが紛らわしいので食べるのははっきり区別できるものに限るとよいだろう。この時期には嘔吐腹痛を起こす毒キノコのカキシメジがたくさん生えている。広沢の山にもそれと思えるものが群生していた。老成したものはシミがあってわかりやすいが若いキノコはシミもなく縦にもきれいに割けるので食用になりそうに思えるほどだ。カキシメジだと思うキノコを掲載してみる。 きれいなキノコは一見食べられるカクミノシメジかな?と思ったりした。 2016.10.1.撮影 若いキノコは裏にもシミがなく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/09 05:00
自然観察・・・京都市西京区大原野藤袴の里で見た蝶や虫
昨日大原野で見たイシガケチョウを紹介したが、今日はそれ以外の蝶や虫たちをご紹介する。ただ、あくまでここの主役はアサギマダラであることを申し添えたい。アサギマダラはフジバカマに訪花しこれから台湾方面へ2000キロの旅をする。♂のみがこの花に途中舞い降りるのも自然の不思議だろう。 美しい景色の大原野藤袴の里農園 2016.10.7.撮影 フジバカマを定植された美しい景色の大原野藤袴の里農園 2016.10.7.撮影 十輪寺と善峯寺の中間にある藤袴の里農園 2016.10.7.撮影 オミナエシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/08 05:00
自然観察・・・京都市西京区大原野にある藤袴の里に定着したイシガケチョウ
昨日、雲ケ畑でイシガケチョウを撮影したので昨年大原野にある藤袴の里で目撃したイシガケチョウを確認に出かけてみた。ここはフジバカマを栽培されていてアサギマダラを誘引し町おこしをされているところである。毎年この時期は100頭以上のアサギマダラが舞い新聞紙上をにぎわすところだが今年は温度が高い性かまだ20頭程度のそれが飛んでいるのみだった。いろいろな蝶がフジバカマに訪れるがイシガケチョウの好みそうな水場で観察した。昼前に幸運にもそれは現れ元気よく飛び回っていたが、一旦フジバカマに吸蜜すると酔ったように... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/07 21:06
自然観察・・・雲ケ畑にヒサマツミドリシジミの調査に行ったらイシガケチョウがいた
雲ケ畑のウラジロガシポイントにヒサマツミドリシジミが産卵に現れないか観察に出向いた。9:30から12:30まで観察するが、多くのウラギンシジミが飛ぶのみでお目当ての蝶は現れなかった。しかし、ここで予想外のイシガケチョウが現れ、しばらく谷筋を飛翔した後で吸水に降りてきた。京都市では比叡山や大原野、植物園で私は目撃しているが、こんな北部の雲ケ畑中津川渓谷に出現するとは驚きだった。温暖化でイシガケチョウは着実に北上していると言えるだろう。中部鈴鹿山系の渓谷でもこの秋、ヒサマツ観察中にその飛翔を目撃して... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/06 19:51
自然観察・・・10月まで生きているアイノミドリシジミの♀
ヒサマツミドリシジミの生態観察に鈴鹿地方に出かけた。5日は台風なのでこの日を逃しては好天での今年の観察ができないと思い朝8時から午後2時まで根気よく観察する。しかし、11時10分にかろうじて谷筋を移動飛翔する♀を観察したのみで産卵活動に現れる♀は見ることができなかった。去年と全く違う様子に自然の不思議を感じざるを得ない。しかし、ひとつ大きな観察ができたのはアイノミドリシジミの♀が林道に吸水に来たことだった。この蝶が10月まで生きていることに驚かされる。こんなに長生きしていることは私にとり新しい発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/05 05:00
自然観察・・・芦生の森、枕谷で見かけたキノコたち
キノコ狩りに出かけ芦生の森、枕谷で見かけたキノコの一部をご紹介する。名前のわからないものがほとんどだったがこれではないかと思うものだけ載せてみる。アシボソクリタケ? 2016.10.2.撮影 アラゲカワラタケ 2016.10.2.撮影 ササタケ? 2016.10.2.撮影 ツキヨタケ 2016.10.2.撮影 ツリガネタケ 2016.10.2.撮影 ドクツルタケ 2016.10.2.撮影 ナギナタタケ 2016.10.2.撮影 ナメコ 2016.10.2.撮影 ハナビラタケ 20... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/04 05:00
自然観察・・・生杉、地蔵峠、枕谷のキノコ狩りで見た自然
10月に毎年恒例とされている枕谷キノコ狩りに参加した。キノコを採り現地でキノコ鍋を楽しむ会である。今年は13名参加して山歩きを楽しむ。しかし、朽ち木の状態が悪いため、ナメコがほとんどなく登山路には良いキノコが生えていない。最後にいつもの好ポイントとされている谷にマイタケを求めるが、一足違いでほかの人に先を越されて採られていた。たくさん採られていたのでその方のご好意でおすそ分けをいただき、かろうじてキノコ鍋を楽しむことが出来た。ここではキノコだけでなく芦生の森や生杉の登山路に豊かな自然がありいろい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 13:33
野鳥観察・・・嵯峨野広沢の稲田に舞うノビタキ
彼岸花のころは少し過ぎたが広沢の稲田に舞うノビタキを観察に出かけた。怖がりなので少し近づくとすぐ逃げる。距離はあるがその生態を撮影してみた。稲田の水路にはコサギやダイサギ、カルガモが餌を求めて集まっていてカワセミも仲間入りしている。愛宕山や遍照寺山を望む実りの稲田は今が一番美しい。 愛宕山を望む嵯峨野広沢の実りの稲田 2016.10.1.撮影 嵯峨野広沢、遍照寺山を望む刈り取りの終わった稲田 2016.10.1.撮影 広沢の稲田 2016.10.1.撮影 用水路のコサギとカルガモ 201... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/02 05:00
自然観察・・・今日もヒサマツミドリシジミの探索と産卵観察に
久しぶりの晴天に恵まれ、明日からまた雨なので今日しかないと思い、南丹の目星をつけていた渓谷にヒサマツミドリシジミの♀の探索に出かけた。9:30に到着し、まさに♀が現れそうなウラジロガシの環境で12:00まで観察し続けるがお目当ての蝶は出てこなかった。オオルリの♀が現れたので撮影できたのとヤマトシジミを撮影したに終わる。周囲にはあまり蝶の姿はなくアサギマダラとコミスジが飛んでいたくらいだった。時間がもったいないのでいつも観察しているご神木と崇める場所へ移動する。ここには13:00前に到着して早々ヒ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 20:38
自然観察・・・鈴鹿の渓谷のタカ(ヒサマツミドリシジミの産卵観察を通じて)
今年はヒサマツミドリシジミの産卵生態観察に鈴鹿の渓谷へ8月25日、8月27日、9月10日、9月25日の4日間出かけた。しかし、天候が晴れでもこの谷は弱雨・薄日のことが多く、好天は9月25日のみだった。いずれも気温が高く蒸し暑い日が続いた。その性か10日にヒサマツミドリシジミらしきものの移動飛翔確認、25日に産卵木梢でわずかな移動飛翔を確認しただけでまともな産卵活動の姿を観察できていない。これは♀採集に来ている地元の人も9月に入り4度来てまだ姿を見ていないという話と符合する。台風の重なり、夏日の継... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/29 05:00
ヒサマツミドリシジミの産卵観察
比良山系のヒサマツミドリシジミの産卵観察を今日(9月27日)で4日間行った。27日は晴で気温が24度と高く風もありヒサマツミドリシジミにとっては産卵に適さない気候だったようだ。あまり活発な産卵活動がなく、時間も11:00から13:00までの短い時間にとどまる。光が強く活動も少ないためほとんど開翅がない。崖下から現れたのと上から舞い降りたのに分かれ、風に乗り通過する個体もあった。4日間を通じて言えることは別の日の友人の観察も含めると曇りで無風、一時的に薄日が射す瞬間が一番集中して産卵活動をするよう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/28 05:00
岡山県自然保護センターを訪れて見た生き物たち
昨年に引き続き今年も岡山県自然保護センターへ訪れて見た。昨年見た丹頂鶴の自然状態飼育を再び見たかったからである。しかし、ここに着いたのが3時30分だったのですでに丹頂鶴はケージの中に入っていた。4時30分に閉園なので大急ぎでケージまでを往復した。その間、ゴイシジミの飛ぶ姿、ヤマカガシの幼体と思える青い蛇を観察できた。こんな色の蛇は初めて見た。こういうところへ出かけると必ず何か面白い出会いがある。 岡山県自然保護センターの美しい田尻大池 2016.9.24.撮影 水生植物が生い茂る上池 201... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/27 05:00
自然観察・・・岡山県新見 満奇洞のスジボソヤマキチョウ
去年満奇洞を訪れた時、ヤマハッカの花にスジボソヤマキチョウが多く群れていた。それで今年もその様子を見がてら満奇洞を再訪した。しかし、今年はヤマハッカの花が少なく、そこにはなにも飛んでいない。周辺のウスバアザミの花に吸蜜する数頭を見ただけだった。新見の草間台地周辺は昆虫が多く生息していそうだが自然は年によりこういう蝶の発生を変化させる。 ホソバアザミの花とスジボソヤマキチョウ 2016.9.24.撮影 ホソバアザミの花とスジボソヤマキチョウ 2016.9.24.撮影 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/25 21:18
景観散策・・・嵯峨野広沢彼岸花の咲くころ
毎年彼岸花の咲くころ、嵯峨野広沢にノビタキがやってくる。この鳥は彼岸花との取り合わせがすこぶる良い。この日もそれを見がてら広沢池周辺を散策してみた。しかし、日曜日とあってちょうど稲の刈り取りが行われており、ノビタキがのどかに飛ぶような雰囲気ではなかった。わずかに飛ぶノビタキを写せたが、併せて散策途中に出会った鳥などを掲載する。ここを歩くとなにがしかに遭遇する。この日は私がノビタキの飛ぶあぜ道に進もうとする時、急に鳶が羽を広げて歓迎してくれた。川鵜なら当たり前のポーズだが、鳶のこんな姿を見たのは初... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/19 05:00
続続ヒサマツミドリシジミの産卵活動観察
9月14日、15日と曇天日におけるヒサマツミドリシジミの産卵活動を観察したので、16日は晴れが予想されたため、条件の違う時、どんな活動をするか観察に出かけた。京都市内は9時まで小雨が降ったようだが現地に9:30到着時には晴天となっていた。産卵木のウラジロガシに太陽が当たり今にもヒサマツミドリシジミが飛びそうな雰囲気だった。そういう環境で10:10に1頭の♀が昨日もぐった下草あたりから現れる。そして早速産卵活動に入り10:40くらいまで休眠芽を探しながら産卵した。産卵移動に昨日のような落ち着きがな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/17 05:00
続ヒサマツミドリシジミの産卵活動観察
昨日に引き続き15日もヒサマツミドリシジミの産卵活動を観察に出向いた。私がかくもヒサマツミドリシジミに関心を示すようになったのはヒサマツフリークの会の故井上孝美氏と2度会食してその生態の不思議を知らされ45年前の活動や思いを再燃したからである。本来交尾写真他その生態についての話をお会いして話す予定だったのが突然の訃報で果たせなくなった。これら写真を氏に捧げたい。15日は曇天で昨日と違い12:30に薄日が射した。それに呼応して2頭の♀が2本のウラジロガシに産卵に現れる。まず開翅して体温を上げる行動... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/16 05:00
ヒサマツミドリシジミの産卵活動・・・比良山系渓谷での観察
昨年10月に鈴鹿山系でヒサマツミドリシジミの産卵活動をつぶさに観察撮影し、他地域でも観察できないか45年前の採卵活動の記憶をたどり比良山系の渓谷に何度か足を運んだ。空振りが続いたが、9月14日にとうとうその活動を観察し、写真撮影することが出来た。今年、花脊でヒサマツミドリシジミの交尾写真を撮影できたのと同じ快挙だった。その様子を写真紹介する。 渓谷のめぼしいウラジロガシに着目して観察したところ、10時に一度わずかに姿を見せ、このウラジロガシに潜り込んで動きがなかった。そして、11:10に日が射... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/15 05:00
自然観察・・・酷暑を越えて生き抜く蝶たち(ウラミスジシジミ、クロシジミ他)
鈴鹿の谷に自然観察に出かけた。晩夏なので蝶の姿も少ない。しかし、ここで思わぬ蝶に出くわした。6月の初旬に発生するウラミスジシジミ(ダイセンシジミ)が吸水に林道に現れたのだ。この場所で発生していることも初めて知るが、この蝶が9月の初旬まで生き抜いてまだこれから卵を産んでいるとは思っても見なかった。私にとり大きな発見だった。またクロシジミも生き抜いている。この蝶はまだ10月の終わりまでここでその姿を見ているので長生きな蝶だ。また、夏に元気に飛んでいたイチモンジチョウもずいぶん擦れたがまだ健在だ。クサ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/14 05:00
自然観察・・・今年も健在の京都のクロセセリ
亀岡で大発生してから一時は貴船、雲ケ畑にまで生息範囲を広げた京都のクロセセリだが、最近はだいぶ落ち着いてきた。最近は大原や修学院、広沢、松尾、蹴上といったところの方が多く、北は減少して植物園ではもうほとんど見られない。我が家へ訪れるこの蝶も秋はまだ見ていない。しかし、もともと多産していた西賀茂はまだまだ健在である。生息環境は日に日に整備や住宅化等で損なわれているがミョウガの繁殖力が強いので当分大丈夫と思う。発生状況を調べに行ったが薄暗い環境に複数のクロセセリが飛び交い、幼虫の巣も数多く確認するこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 05:00
野鳥観察・・・賀茂川西賀茂橋のイソヒヨドリ
賀茂川西賀茂橋周辺にイソヒヨドリが出現する。本来磯辺にいる青い鳥だが山間にも居ついていることが多い。市原の山間でも昔見かけたが最近は上賀茂のマンションに巣作りして定着しているそうだ。美しい声に住民は癒されるという。西賀茂橋周辺で蜘蛛の巣を狙って蜘蛛を食べたり小昆虫を捕えている。当分西賀茂が彼の居住地になるのだろう。 西賀茂橋で蜘蛛や小昆虫を狙うイソヒヨドリ 2016.8.26.撮影 西賀茂橋で蜘蛛や小昆虫を狙うイソヒヨドリ 2016.8.26.撮影 西賀茂橋で蜘蛛や小昆虫を狙うイソヒヨドリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/08 05:00
自然観察・・・近隣に見る秋の虫
今年は猛暑の性で虫が少ないように思う。キハダなども暑さで新芽もすぐに固くなってしまう。これで飼育しようとした伊豆式根島のカラスアゲハは孵化した1令幼虫が葉を齧れずほとんど死滅するようなこともあった。どこにでもいたアオマツムシなどは見ることもまれになっている。暑さに強い虫たちががんばっている。 京都府立植物園の有用植物園池で産卵するギンヤンマ 2016.9.2.撮影 京都府立植物園の有用植物園池で産卵するギンヤンマ 2016.9.2.撮影 過ぎる夏を惜しんで京都府立植物園半木池で鳴くツクツク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/07 13:20
野鳥観察・・・蓼科山登山路で出会った野鳥たち
8月31日の蓼科山登山中その登山路で出会った野鳥たちをご紹介する。登山中に森の中から鳥の鳴き声はするが姿はほとんど見せてくれない。唯一登山路の流水にルリビタキの幼鳥が姿を見せてくれる。ほかは蓼科山荘裏に野鳥の餌場がありそこにウソ、アオジの幼鳥が集まっていたくらいだった。 蓼科山登山路の流水に水を飲みに来ていたルリビタキの幼鳥 2016.8.31.撮影 蓼科山荘裏の野鳥餌場に来ていたアオジの幼鳥 2016.8.31.撮影 蓼科山荘裏の餌場に来ていたウソ♂ 2016.8.31.撮影 蓼科山荘... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/05 12:16
自然観察・・・霧ヶ峰の八島ケ原湿原で見た花と蝶の幼虫
8月30日の小雨降る中、八島ケ原湿原を散策した。ちょうど駐車場に着いたところで雨が上がり、ガスがかかってはいたが木道を散策して湿原に咲く花と蝶の幼虫を観察した。その一部をご紹介する。 アキノキリンソウ 2016.8.30.撮影 アサマフウロ 2016.8.30.撮影 ウド 2016.8.30.撮影 オミナエシとワレモコウ 2016.8.30.撮影 オヤマリンドウとアキノキリンソウ 2016.8.30.撮影 ゴマナ 2016.8.30.撮影 サラシナショウマとヨツバヒヨドリ 2016... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/04 13:46
自然観察・・・霧の八島ケ原湿原散策(標高1632m)
8月30日に霧ヶ峰の北西部にある八島ケ原湿原を散策した。霧ヶ峰は訪れてもなかなか快晴だったことがない。この日も小雨の降る霧の中をドライブしたが、八島湿原駐車場に着いた折、ようやく雨は上がり散策中には一時的に陽が射す幸運にも恵まれた。晩夏の花も咲いていてこのような条件でしか見られない美しい景色を楽しめた。 ゴマナ、シシウドなどの花が咲く八島ケ原湿原の木道 2016.8.30.撮影 霧にかすむ八島ケ原湿原と八島ケ池 2016.8.30.撮影 ワタスゲの咲く八島ケ原湿原 2016.8.30.撮影... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/03 11:00
蓼科山頂上(2530.1m)のパノラマ写真
8月31日は台風10号も通過し前日の雨も止み晴天に恵まれた。蓼科山に登山し、頂上のパノラマ写真を撮影した。足が弱っている70才前後の私含む今回の同行者にとってかなりきつい行程だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/02 19:59
自然観察・・・晩夏の鈴鹿山系の渓谷
8月も終盤となり鈴鹿山系の渓谷へ出掛け、8月25日と27日に定点観察を行った。東近江市は晴れているが両日とも渓谷は雨だった。それでも少し小雨になると蝶は飛んでいる。 鈴鹿山系の渓谷。雨が降ると渓谷の清流は濁流と化す。 2016.8.25.撮影 渓谷にかかる吊橋。 2016.8.25.撮影 ヒカゲノカズラ群落 2016.8.25.撮影 崖に咲くホツツジの花 2016.8.25.撮影 ボタンヅルの花 2016.8.25.撮影 クサギの花 2016.8.27.撮影 クサギの花に舞うミヤマ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/28 21:50
自然観察・・・晩夏の花脊ナメラ谷の自然
定点観察を続けている花脊峰定寺ナメラ谷の自然を見て歩いた。この時期は猛暑であまり多くの昆虫たちに出会えない。道筋に見た草木や昆虫、鳥などをご紹介する。 アワブキに産まれたアオバセセリの卵殻と若令幼虫の巣。今年は数が少ないように思う。 2016.8.24.撮影 アワブキについていたスミナガシの若令幼虫。これも数が少ない。親は1頭見たが写真には撮れなかった。 2016.8.24.撮影 最近目にするのはアキアカネばかりだがこれはナツアカネかと思う。 2016.8.24.撮影 アキアカネ 201... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/27 18:51
京都府立植物園、温室前熱帯スイレン池のカイツブリ
熱帯スイレン池でカイツブリが餌を探していた。こんなところに餌があるの? 熱帯スイレンの花とカイツブリ 2016.8.23.撮影 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 05:00
自然観察・・・ツバメシジミとヤマトシジミ
身近な小さい蝶に目を向けてみた。ツバメシジミとヤマトシジミ。観察すると一瞬だが一生懸命生きて同類でかかわりを求めていることがわかる。 ヌスビトハギにとまるツバメシジミ♂ 2016.8.23.撮影 ツバメシジミの♂に接近するツバメシジミの♀。単にここへ卵を産みたかったのか? 2016.8.23.撮影 ヤマトシジミの♀に求愛する♂ 2016.8.23.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/25 19:43
自然観察・・・熱帯スイレン池に連結産卵するギンヤンマ
京都府立植物園の温室前熱帯スイレン池に毎年のようにこの時期ギンヤンマが縄張り飛翔し、ペアーとなったギンヤンマ♂♀が連結して産卵する姿を観察できる。殺人的な熱暑の昼下がりその姿を観察してみた。 京都府立植物園の温室前熱帯スイレン池で縄張り飛翔するギンヤンマ 2016.8.23.撮影 熱帯スイレン池のスイレン付近に産卵飛翔するギンヤンマの連結ペアー 2016.8.23.撮影 スイレンの茎につかまり産卵する連結ギンヤンマ 2016.8.23.撮影 オオバミズオジギソウ付近を縄張り飛翔するギンヤ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/24 20:19
秋になると数を増やすムラサキツバメの生態
温暖化で生息域を広げるムラサキツバメはシリブカガシ、マテバシイの新芽のあるところには出現しやすい。それのある場所の周りには産卵する♀や羽化したての♂が良くこの時期になるとみられる。今年もそれらの生態を撮影してみた。 シリブカガシの大木の周囲で開翅するムラサキツバメの♀ 2016.8.22.撮影 シリブカガシの大木の周囲で開翅するムラサキツバメの♀ 2016.8.22.撮影 新芽のあるシリブカガシの周囲で休息するムラサキツバメの♀ 2016.8.22.撮影 シリブカガシのある森の周囲の薄暗... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/23 22:20
炎暑でギラギラの京都府立植物園
地蔵盆が過ぎて夏も終盤だがとにかく暑い。今朝植物園でミンミンゼミが鳴くのを聞いた。秋がもうそこに来ている。行く夏を惜しむツクツクボウシの鳴き声も盛んだ。うだる暑さで接写モードで写してしまった為ピントが少しぼけたが暑さを感じる写真になった。 炎暑の京都府立植物園 2016.8.22.撮影 炎暑の京都府立植物園 2016.8.22.撮影 炎暑の京都府立植物園 2016.8.22.撮影 炎暑の京都府立植物園 2016.8.22.撮影 炎暑の京都府立植物園 2016.8.22.撮影 炎暑の京... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/22 20:44
蓬莱山山頂のオオルリボシヤンマ
琵琶湖バレイのウォータースライダーでできる湿地に来るオオルリボシヤンマ オオルリボシヤンマ。コンデジルミックスFZ1000で写すとこの程度の写真になる。 2016.8.17.撮影 2012年にキャノン60Dで撮影した時はこんな感じ。 2012.8.18.撮影 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/20 22:19
美しい八丈島のカラスアゲハの生態
知人から八丈島のカラスアゲハ幼虫を頂いた。トカラ列島のものと同類の亜種だという。3令幼虫から育てたがほとんどは夏型のカラスアゲハとして羽化した。4頭のみ越冬蛹として来年春型として羽化するだろう。普通のカラスアゲハと違いブルー紋が大きく見事に美しい蝶になった。 羽化した美しい夏型のハチジョウカラスアゲハ♂ 2016.8.13.撮影 羽化したハチジョウカラスアゲハ♂ 2016.8.12.撮影 羽化した美しい夏型のハチジョウカラスアゲハ♀ 2016.8.14.撮影 羽化した美しい夏型のハチジョ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/19 21:32
瓜生山山頂と狸谷不動尊周辺の散策
瓜生山の山頂にはオオムラサキやスミナガシが舞うことがある。運が良ければの話だが、それを求めて今年も暑い日だが登ってみた。山頂は狸谷不動尊の奥の院になっていて地蔵堂がある。再々紹介したが室町時代の北白川城跡でもあり、かってはこの地蔵石室に勝軍地蔵が祀られていた。本堂からの山道は巡礼路ともなっている。狸谷不動尊は詩仙堂を過ぎて坂道を進み参道の長い石段を登ると懸崖造りの本堂がある。ここにご利益の高い金色の目をしたお不動様が祀られている。参拝ならここまでだが、この日の目的とした山道はあまりにも暑く大汗を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/15 20:55
自然観察・・・真夏の雲ケ畑定点観察で見た昆虫や植物
真夏の雲ケ畑にどのような昆虫や植物がみられるか定点観察に出かけてみた。土はカラカラでほとんどの植物が干上がった姿を見せている。水の滴り落ちている場所にのみ精気があるようだ。そこで見た蝶はコミスジ、イチモンジチョウ、クロアゲハ、ルリタテハ、アカタテハ、キマダラセセリ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ、キタキチョウでトンボはオニヤンマ、オオシオカラトンボ、ナツアカネ、他の昆虫はアカウシアブ、スズバチ、ムネアカオオアリなどだった。鹿の性でマツカゼソウ、エゴマ、ダンドボロギクが多くコアカソは鹿の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/13 14:30
身近にいる夏のセミ
温暖化が進んでクマゼミの増殖が激しいがこれから盆にかけてはアブラゼミの鳴き声が目立つようになる。秋口にはミンミンゼミ、ツクツクボウシの鳴き声も聞くことが出来る。山に行くとヒグラシ、エゾゼミ、エゾハルゼミの鳴き声も聞こえる。チッチゼミも秋にかけて鳴いているが小さいのでなかなか姿を見ることができない。そんなセミの一部を写真紹介する。 クマゼミ 2016.7.21.自宅にて撮影 アブラゼミ 2016.8.9.京都府立植物園にて撮影 ツクツクボウシ 2014.8.25.京都府立植物園にて撮影 ヒ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/11 11:21
ツバメシジミの交尾
なにげない普通種のツバメシジミだが羽化したては美しい。シリブカガシの葉上で交尾していた。 ツバメシジミの交尾 2016.8.9.撮影 ツバメシジミの交尾 2016.8.9.撮影 ツバメシジミの交尾 2016.8.9.撮影 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/10 12:47
自然観察・・・京都府立植物園のムラサキツバメ
2009年の8月31日からこのブログを始めて丸7年を迎えようとしています。最初の記事がムラサキツバメでした。ブログを始めたころはムラサキツバメがこんな身近にいるとは思いもよらなかったのですが、観察を続ける内にまったくの普通種になっていると思いました。温暖化がもたらした自然変化ですね。6日間夏風邪でダウンしたのでブログも滞りましたが、このムラサキツバメで再開です。普通種になったとはいえ特に♀は美しいブルー紋を持つのでこの蝶を好み集める人も多いでしょう。 シリブカガシ付近に飛ぶムラサキツバメ♀ 2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/09 22:22
蝶の生態・・・石垣島のシロオビヒカゲ
今年も石垣島の蝶から強制採卵されたシロオビヒカゲの卵を友人から頂き、その各ステージを観察する機会に恵まれた。この蝶は現地では人家近くの竹林が伐採され次第に数を減らしている。 羽化したシロオビヒカゲの♂。翅表には白帯が目立たない。 2016.8.5.撮影 シロオビヒカゲの♂ 2016.8.5.撮影 羽化したシロオビヒカゲの♀ 2016.8.4.撮影 羽化したシロオビヒカゲの♀ 2016.8.4.撮影 シロオビヒカゲの蛹 2016.7.29.撮影 シロオビヒカゲの蛹 2016.7.29.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/05 13:27
蝶の生態・・・ジャコウアゲハの悲しい習性
京都市北区の我が家のガレージ横にウマノスズクサを植えて置いたらいつの間にかジャコウアゲハが訪れ自然発生するようになった。京都府立植物園や北白川の友人宅でもウマノスズクサがあると自然発生しているのでこんな住宅地で発生しても不思議はないかもしれない。しかし、この蝶は終令幼虫になると悲しい習性を持っている。ずいぶん茂ったウマノスズクサは葉だけを食べていれば何代も繰り返しそこで育つことが出来るのに終令幼虫になると根元から茎を齧る習性がある。茎を根元から齧り切ってしまうと当然上の葉はすべて枯れてしまう。そ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/04 05:00
自然観察・・・金勝林道のキリシマミドリシジミを探して
かってO氏が採卵している金勝林道のキリシマミドリシジミ発生期の様子を観察したくて出かけてみた。金勝寺から馬頭観音堂まで2往復する。7時半に初回叩きだしで歩いた折、1♂の飛翔と叩きだしによる3♀を見ることが出来たが3♀はいずれも叩きだしで近隣にとまることなく谷奥に消えた。それ以後は姿を見ない。いることはいるのだろうが極小だと思う。まず姿を確認しただけで成果はあっただろう。ここで出会った虫たちは撮影したものではジャノメチョウ、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ、ムラサキシジミ、シオカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/03 05:00
京都紹介・・・真夏の静寂に包まれる大沢池
蓮池に雨音撥ねて蝉しぐれ。うだるような暑さの大沢池、突然の通り雨がスマホ情報の予告通り寸暇なく襲ってくる。蓮の葉に撥ねる雨音が激しい。雨宿りの佛母心院跡小堂に涼風が流れ吹き降りとなる。雨音を伴奏に蝉しぐれはそれをかき消すように鳴りやまない。小堂横の石仏は洗われて生色を見せる。京都の夏景色は自然が奏でる静寂の中で味わってこそ悠久の雅さを感じられる。 ポカリスエットを1本飲み干しても渇きを感じる昼下がり。うだる暑さの大沢池蓮池。 2016.7.31.撮影 鳥も亀も姿を見せない炎暑の池にシオカラト... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/01 05:00
自然観察・・・鈴鹿山系にキリシマミドリシジミの飛ぶ世界
ここ2〜3年鈴鹿山系のキリシマミドリシジミの数がめっきり少ないようだ。いつも出会えるところにその姿がないことが多い。美しいキリシマミドリシジミの金緑色の金属光沢を見たくて鈴鹿山系にこの時期は通う。金緑色と銀白色の輝きを見せながら飛ぶ姿を見ると今年もまた出会えたと嬉しくなる。しかし、この蝶は写真に撮る時は実に露出の調整が難しい。あまりにも金属光沢が強すぎるからだ。私が日本一美しいと思うこの蝶は写真ではなく自然の中で眺めてこそ本当の美しさを鑑賞できると言えるだろう。 キリシマミドリシジミが舞うアカ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/31 12:39
自然観察・・・タヌキモの生い茂る真夏の深泥池と虫や鳥
真夏の太陽の照り付ける深泥池に出向き、そこに飛ぶトンボや甲虫、野鳥を観察した。 真夏の深泥池をパノラマ写真に撮ってみた 2016.7.29.撮影 タヌキモの黄色い花とジュンサイに埋め尽くされる真夏の深泥池 2016.7.29.撮影 真夏の深泥池 2016.7.29.撮影 タヌキモの生い茂る真夏の深泥池 2016.7.29.撮影 タヌキモの黄色い花で埋め尽くされる深泥池。その花の上にチョウトンボが夥しく飛ぶ。 2016.7.29.撮影 タヌキモの黄色い花と深泥池 2016.7.29.撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/30 05:00
自然観察・・・京都府立植物園で発生する今年のムラサキツバメ
毎年この時期になると京都府立植物園でムラサキツバメが発生する。しかし、今年は発生源のマテバシイやシリブカガシが剪定されすぎていて数が少ない。ジャコウアゲハなどは一時守られているのかと思ったがウマノスズクサを意図的に除草したり、オオバウマノスズクサは薬がかかっているようになり発生しないようになった。虫や鳥がいなくなる植物園は花の咲き方も汚くなったようだ。そんなムラサキツバメの発生状況を今年も見て回っている。 シリブカガシの周りで産卵活動をするムラサキツバメ 2016.7.28.撮影 シリブカガ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/29 05:00
自然観察・・・カリガネソウ群落のある霊仙山白谷林道のヤマトスジグロシロチョウ
霊仙山のキリシマミドリシジミの棲息環境を見に白谷林道に出かけた。通行止めになっていたので車で奥まで行けず少し歩いただけなのでキリシマミドリシジミの実態は見ることが出来なかった。ここは鹿がまだ入っていないと見え、ほかの地域とは植生が全く異なっている。カリガネソウ群落やコアカソの群落があり、昔の山道の植物を見ると嬉しくなる。天気は悪かったがそこにヤマトスジグロシロチョウが飛んでいた。この蝶も鹿害で京都の近隣では見かけることが少なくなってしまった。 霊仙山の白谷林道 2016.7.27.撮影 植生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/28 12:48
自然観察・・・クロオオアリに育てられて親になるクロシジミ
幼虫がコナラや萩などに付くアブラムシを食べクロオオアリの巣で育てられるクロシジミは京都ではそれほど珍しい蝶ではなかったが、今では京都のほとんどの産地で姿を消し一部の局地で生息しているに過ぎない。滋賀ではまだ限られた地域ではあるがそこそこ姿を見ることが出来る。クロシジミの♀がクロオオアリとアブラムシを探し、卵を産む場所を模索しているところを観察した。 卵を産む場所を探しているクロシジミの♀ 2016.7.27.撮影 卵を産む場所を探しているクロシジミの♀ 2016.7.27.撮影 卵を産む場... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/27 21:23
キノコの世界・・・ツガノマンネンタケ
最近このツガノマンネンタケと思うキノコをあちこちで見かける。霊芝を見つけたと言って中国の方はこのキノコを持って帰りお茶にして飲まれるようだ。私はまだそれをしたことがないがこのキノコが本当に健康に良い薬効があるのだろうか?乾燥しておくと型崩れしないのでなかなか美しい標本になる。 ツガノマンネンタケ? 京都府立植物園にて2016.6.28.撮影 ツガノマンネンタケ? 京都御苑にて2015.7.6.撮影 ツガノマンネンタケ? 京都御苑にて2015.7.6.撮影 ツガノマンネンタケ? 京都御苑に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/26 05:00
自然観察・・・滋賀県のキリシマミドリシジミの飛ぶ世界
毎年7月末になるとキリシマミドリシジミが飛ぶ世界を見に行きたくなる。梅雨明けの太陽に照らされて緑影が濃くなった谷あいの蝶道に金緑色と白銀色を織り成して飛ぶその姿は誠に美しい光景になる。ひところほどの数は見られなくなったがそれを見つけて観察すれば飽きることのない時間が待っている。 滋賀県のキリシマミドリシジミ 2016.7.23.撮影 キリシマミドリシジミの表翅は金緑色で裏翅は銀白色になっている。 2016.7.23.撮影 蝶道を描きアカガシやウラジロガシ等の緑影を濃くする木立の上を♀を探し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/25 05:00
蝶の生態・・・自宅にエノキを植えておくと自然発生するゴマダラチョウ
自宅に小花を植えて花を咲かせたり幼虫が食べる食樹を植えておくと周りに少なくなっているとはいえ色々な蝶が訪れてくる。オオムラサキの越冬幼虫餌付け用に植えてあるエノキにも袋掛けが終わるとそこにゴマダラチョウが毎年卵を産みに来ている。今年も気が付くとゴマダチョウが産卵し幼虫を見ることが出来た。我が家にはアシナガバチが来ることも多いので再び袋掛けして親になるまで見守った。また、久しぶりに訪れた京都御苑ではゴマダラチョウが犬が小用でもしたのか、石柱に口吻を伸ばして吸っていた。こういう時でないとこの蝶はすば... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/24 05:00
野鳥観察・・・京都御苑で巣立ちしたアオバズク
アオバズクの営巣地では祇園祭頃になるとヒナたちが巣立ちする。なかなか観察のタイミングが合わず見過ごすことが多いが、久しぶりに京都御苑の宗像神社に立ち寄ると3羽が巣立ちしたところだった。別の場所はすでに飛び立った後だった。 京都御苑宗像神社で巣立ちしたアオバズク 2016.7.21.撮影 京都御苑宗像神社で巣立ちしたアオバズク 2016.7.21.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/23 05:00
自然観察・・・オハグロトンボが一斉に羽化、お盆を感じさせる
賀茂川の朝散歩でオハグロトンボの羽化が盛期を迎えた。残念ながら羽化シーンはピンボケで載せられない。オハグロトンボはお生霊トンボともいわれお盆に多くなるトンボである。セキレイの餌になるものも多いが、ふわふわ飛んでいるのを見ると夏本番を感じさせる。 賀茂川のオハグロトンボ 2016.7.21.撮影 賀茂川のオハグロトンボ 2016.7.21.撮影 賀茂川のオハグロトンボ 2016.7.21.撮影 賀茂川のオハグロトンボ 2016.7.21.撮影 賀茂川のオハグロトンボ 2016.7.21.... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/22 12:04
自然観察・・・花脊大見尾根で見た梅雨明けの野鳥や昆虫たち
梅雨が明けた7月19日の花脊大見尾根を自然観察に朝から歩いた。そこで出会った野鳥や昆虫たちを紹介する。昔と違い鹿の姿を見たりヤマビルに血を吸われてたりすることがあるが、蝶や野草をほとんど見ないというのは実に寂しいことだ。 尾根にいたキビタキ 2016.7.19.撮影 花脊大見尾根にいたキビタキ 2016.7.19.撮影 花脊大見尾根にいたキビタキの若鳥 2016.7.19.撮影 花脊大見尾根にいたキビタキの若鳥 2016.7.19.撮影 アワブキについていたスミナガシの4令幼虫 201... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/20 05:00
ヒサマツミドリシジミ観察・・・シーズンオフの花脊杉峠と大見尾根ポイント
梅雨が明けた7月19日、快晴の日にヒサマツミドリシジミがテリを張っていたポイントがどうなっているか観察に出かけた。想像通りであるがもうこの時期になると未交尾の♀が尾根に上がるはずもなく、♂のテリを張っていた場所は活動時間が来てもアキアカネやヒグラシが飛ぶだけだった。通常活動開始する時間まで見守るが何も現れなかった。大見尾根や和佐谷峠のポイントを後にして見通しの良い杉峠で見守るがここももう何も現れない。毎日見に来れるわけではないのでわからなかったがいつまで♂は活動していたのか?少なくとも7月10日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/19 21:20
7月13日に京都府立植物園に咲いていたキノコ
キノコは図鑑と照合してもなかなかその名前を特定することがむつかしい。やはり良く知る人にお聞きするのが一番だろう。京都府立植物園に7月13日に咲いていたキノコを掲載する。名前をご存知の方がおられればご教示願えると嬉しい。 @ハイイロカラチチタケ? Aハイイロカラチチタケ? Aハイイロカラチチタケ? Bシロハツ? Bシロハツ? C? Dニセクサハツ? Eアラゲカワラタケ? Fチャヌメリカラカサタケ? Fチャヌメリカラカサタケ? Gツヤナシマンネンタケ? Gツヤナシマンネンタケ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/18 13:49
自然観察・・・キリシマミドリシジミの飛ぶ渓谷で囀るオオルリ
キリシマミドリシジミが7月7日にもう現れ、写真を撮影したとの情報を受け7月11日が晴れになったので滋賀へ出かけてみた。確かに5頭ほどの♂が渓谷のウラジロガシやアカガシの上部で9時から11時にかけ活発に飛んでいる姿を確認する。しかし、撮影できる手前には飛来せず、写真を撮ることはできなかった。代わりにオオルリが何度もさえずりに現れ撮影機会をくれた。自然観察をしていると何らかの被写体に出会うことになる。 オオルリが何度もさえずりに現れた滋賀の渓谷 2016.7.11.撮影 モミの木の頂部に飛来した... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/13 05:00
発生後期のヒサマツミドリシジミ♂の生態(京都花脊の和佐谷峠と杉峠)
伝説の花脊杉峠と和佐谷峠におけるヒサマツミドリシジミの生態観察に出かけた。発生後期で7月10日にもなると♂はまだ活動しているが最盛期とは明らかに違う行動をしている。和佐谷峠の杉ポイントは♀との出会いの場でありその交尾活動をする場所であることを確認している。この日は13:00から16:30まで観察した。最盛期には14:00前後からひっきりなしに♂が飛び回りテリを張り、15:00〜17:00ころ♀と出会う空間だが、10日は14:00から15:30ころにかけて♂が現れたもののいつもと違う行動をする。2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/12 05:00
自然の不思議・・・クロヒカゲモドキ発生地、止々呂美の異変
クロヒカゲモドキの発生時期になったので止々呂美に出かけてみた。行って見ると通常いろいろな昆虫たちでにぎわっている湿地にほとんど常連の昆虫たちがいない。オオシオカラトンボやスズメバチ、カナブンといったものまで見当たらない。クロヒカゲモドキやゴイシシジミ、ホソバセセリなど論外だった。わずかにジャノメチョウ2♂♂1♀を見るのみ。その割にホオジロの数は多い。この日だけなのか、あるいは今年の異変なのか?いぶかりながら大汗をかいて歩き回りすごすご戻るしかなかった。 毎年クロヒカゲモドキの飛ぶ雑木林の空間。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/11 05:00
自然賛歌・・・鳥越林道、鹿害が及ばない世界の植生の美しさ
京都の野山はどこもかも鹿害で下層部の草木の植生が見られなくなって久しい。そんな折に滋賀県の鳥越林道に出向くと、美しい植物の花や木々に出会え、古の京都の近郊の山野を思い出させてくれうれしくなる。鹿が増えていない山々はこれほど植物の種類が多かったかと賛美して感慨に浸れる。一時はここはマイマイガの大発生で山は惨憺たる景観を示していたが、鹿のような害でなければ自然は数年で復元することも教えられる。現地で見た美しい草木や蝶などをご紹介する。 アカショウマの花 2016.7.7.撮影 アカショウマの花 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/10 05:00
滋賀県鳥越林道の杉枯れとアスファルトに降りるジョーザンミドリシジミ
滋賀県の鳥越林道から見る山に異変が起こっているようだ。おととしはマイマイガが異常発生して山を枯らしたが、今回は杉が何かに侵されて赤く方々で変色して枯れ死している。アスファルトの道路にこれも非常に数を減らしているジョーザンミドリシジミが梢のテリ張りをやめて舞い降りていた。このような光景は初めて見た。 滋賀県と岐阜県にまたがる総工費22億円強をかけ平成9年に完成した鳥越林道。 2016.7.7.撮影 杉が何かに侵され枯れ死にしている山 2016.7.7.撮影 杉が枯れ死にして変に絵画的になった... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/09 05:00
自然観察・・・ヒサマツミドリシジミ産地岐阜尾根での気づき
ヒサマツフリークの会の井上孝美氏に刺激を受け、去年今年と京都杉峠でヒサマツミドリシジミの交尾目的のテリ張り行動を観察してきたが、今年は念願かないその交尾を目撃し、写真撮影にも成功した。しかし、観察を続けるうちこの蝶の採集ポイントにはこのテリ張りポイントと一時的休憩ポイントがあることに気付いた。交尾目的のテリ張り場所では♂は必ず目線が下向きにあり、♀が出てくると急降下して交尾の為追尾する。一時的休憩ポイントでは飛び回り葉上にとまるが目線が下にない。そして前者と違いしばらく休むが飛び立ったら戻ってこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/08 13:10
自然観察・・・滋賀の渓谷にヒサマツミドリシジミを求めて
ヒサマツミドリシジミの発生時期のピークを過ぎたが、その時期の発生地の様子はどうなっているか観察に出かけた。8:10に現地へ着き発生木を叩きだして見る。すると6月23日に♀を撮影した付近のウラジロガシから5♂1♀が飛び出したが全て下の方には降りてこず上に上がってしまった。また、23日に昼近くに叩いて何も出なかった場所では1♂を確認できた。しかし、発生時期に一時的に溜まりになるポイントやよく開翅を観察できる場所では何も飛来しないシーズンオフの状態だった。この日13:00まで現地を確認し、その他の蝶で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/05 05:00
京都紹介・・・尾越二ノ谷から八丁平、峰床山をめぐる
京都の山頂湿原として有名な八丁平と府下2番目に高い峰床山(970m)を周遊した。尾越二ノ谷に車を止めおよそ10km強の行程になる。野鳥の声を聞きながら湿原のゼフィルス他モリアオガエルや小昆虫を観察して歩いた。 尾越二ノ谷峰床山登山口道標 2016.7.1.撮影 二ノ谷市森林管理事務所前の八丁平、峰床山案内板 2016.7.1.撮影 イヌブナの葉に休むオオヤマカワゲラ 2016.7.1.撮影 苔とイワヒメワラビに覆われた二ノ谷の登山道 2016.7.1.撮影 二ノ谷登山道に生えていた葉緑... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/03 05:00
自然観察・・・八丁平のゼフィルスの森に飛ぶアイノミドリ、ジョーザンミドリ、エゾミドリシジミ
京都北山の八丁平は湿原で知られているが、昨今は鹿害で鹿が食べないイワヒメワラビの畑のような様相を示している。しかし、一部の林縁ではゼフィルスの好む環境が残されていて、そこにアイノミドリシジミ、メスアカミドリシジミ、ジョーザンミドリシジミ、エゾミドリシジミなどが♀との出会いを求めてテリを張り、美しい宝石のような表翅を輝かせて飛んでいるところがある。7月1日はまだ時期が早く数は少なかったがそれらのゼフィルスを観察できた。 八丁平のゼフィルスの森 2016.7.1.撮影 八丁平のアイノミドリシジミ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/02 09:46
花散歩・・・京都府立植物園に咲くハス(蓮)の花
京都府立植物園の蓮池等で栽培されているハス(蓮)の花を見て歩いた。この時期美しく咲くいろいろな品種を楽しめる。 京都府立植物園に咲くハス(蓮)の花 2016.6.28.撮影 京都府立植物園に咲くハス(蓮)の花 2016.6.28.撮影 京都府立植物園に咲くハス(蓮)の花 2016.6.28.撮影 京都府立植物園に咲くハス(蓮)の花 2016.6.28.撮影 京都府立植物園に咲くハス(蓮)の花 2016.6.28.撮影 京都府立植物園に咲くハス(蓮)の花 2016.6.28.撮影 京... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/30 05:00
野鳥観察・・・ツバメの子育て
賀茂川北大路橋付近でツバメの巣を観察した。ツバメの子供に親がせっせと餌を運んでいる。もう巣立ち間近なので雛の食欲も旺盛である。どんな餌を運ぶのか見たかったが、なんと観察するうち2回もサナエや赤とんぼのような大きなトンボを与えていた。今年は賀茂川にトンボが少ないがツバメはそうした中でも毎日捕獲して子育てに用いているのだ。鳥が虫の天敵であることがよくわかる。ツバメであれトンボであれ子孫を残すことに専念して自然のバランスと戦っていて絶滅することのないように生き残り戦略を仕組んでいるが、環境が破壊されれ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/29 05:00
自然観察・・・京都の山峡にヒサマツミドリシジミ観察に出向く
富山のヒサマツミドリシジミ発生地の環境によく似た京都の山峡へヒサマツミドリシジミ、アイノミドリシジミの発生状況を観察に出向いた。8時ころアイノミドリシジミのテリを張る環境を調べたが2♂の飛翔を確認したのみで少ない。山峡沿いのウラジロガシ群生地では発生木となるであろう枝を叩いて回るが1♂それらしきものが飛び出たものを目撃したのみだった。この地は標高350mくらいなので発生日が6月20日ごろだと思われすでに発生時期が過ぎて何も見られなかったのかもしれない。再度来シーズンの調査が必要になる。ということ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/28 09:13
蝶の生態・・・ミヤマカラスアゲハ夏型のライフステージ
ミヤマカラスアゲハ夏型の卵から成虫に至るまでのライフステージをご紹介する。花脊で5月に採集したミヤマカラスアゲハの♀から採卵し今年は自宅のキハダで90頭ほど育てた。夏型は春型に比較して非常に大きく紋の変化も個体差が多いので面白い。 ミヤマカラスアゲハの卵 2016.5.17.撮影 ミヤマカラスアゲハの1令幼虫 2016.5.21.撮影 ミヤマカラスアゲハ2令幼虫 2016.5.24.撮影 ミヤマカラスアゲハ3令幼虫 2016.5.28.撮影 ミヤマカラスアゲハ4令幼虫 2016.6.3... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/27 05:00
自然観察・・・ヒサマツミドリシジミ発生地での発生初期の観察
ヒサマツミドリシジミの滋賀の発生地で初期発生が昨日見られたという情報を受け今日現地に出向いてみた。ここでは発生期のヒサマツミドリシジミは初観察となる。産卵期に飛来するポイントにはヒサマツの姿がないので発生木であるウラジロガシを渓流竿で刺激しながらカメラ片手に歩いてみる。そうすると13:30ころまで適所のウラジロガシから合計6頭のヒサマツミドリシジミが飛び出した。4頭は風に流され近くには止まらず上のほうへ登って行った。うち1♂1♀が写真の撮れるところにとまり観察することが出来る。♂は発生木の周辺で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/24 05:00
自然観察・・・ヒサマツミドリシジミの配偶活動と交尾写真。その生態。
ヒサマツミドリシジミの配偶活動を昨年観察し、今年はぜひその交尾写真を撮りたいと思っていたが、シーズンに入りテリ張りポイントへ出かけた2日目、採集者がいない、晴れるという好条件が整いその配偶行動と交尾写真を観察撮影することが出来た。今年はシーズンに入ってから天候不順が続くが19日の晴天にヒサマツが出ている情報があり、20日、21日と天候不順ではあったが花脊のテリ張りポイントへ出かけてみた。幸い京都市内は天候が悪かったがポイントでは晴れ間が再々出てその間にヒサマツミドリシジミの♂が活動するのを観察し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/23 05:00
京都紹介自然観察・・・亀岡にある明智光秀ゆかりの谷性寺と篠葉神社、周辺の自然
亀岡の国道372号線沿いに明智光秀の首塚がある谷性寺がありその隣に篠葉神社が祀られている。小さなお寺であるが亀山を拠点とした明智光秀ゆかりのお寺として趣がある。謎の多い人なので首塚もどういう由来のものか興味深い。寺は紫陽花、オオバキボウシ、桔梗の花が咲き別名「桔梗寺」とも呼ばれる花の寺になっている。穴太積み石垣築地塀の奥には篠葉神社が祀られて歴史を感じさせてもいる。周辺は自然豊かな里山であり観察しても面白い。 近畿自然歩道に谷性寺はあり歩いても面白いだろう。寺の前にある道標。 2016.6.1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/22 05:00
モルフォブルーの光沢を持つオオムラサキの撮影
自然界でオオムラサキを写すのは非常にむつかしい。自宅室内で撮影しても限度があるのでプロの写真家のスタジオをお借りして撮影させていただいた。私のカメラ(キャノン6D)でも無理があったので5Dをお借りして撮影した。さすがに毛の細部まで写っていたので驚きである。今度は本当の自然にいるオオムラサキを撮影したい。モルフォオオムラサキなので野外持ち出しをせず写すのに苦労している。 スタジオで自然演出をして写したモルフォオオムラサキ 2016.6.19.撮影 スタジオで自然演出をして写したモルフォオオムラ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/21 05:00
自然観察・・・端境期の大原大見の自然
昆虫たちの発生や野鳥たちの活動の端境期に自然観察すると何物にもお目にかかれないこともある。6月10日に大原大見を定点観察してみたが、オオルリやミソサザイ、アオゲラなどの鳴き声を聞き姿を遠くに観察できたり少ないながらスミナガシ等の飛ぶ姿を見たほかはこれといったここの特徴的な生き物を見ることが出来なかった。これから蝶ではゼフィルスやヒョウモン類が現れるが発生端境期の大見は静かな景観を見せていた。往々にしてこういう時に環境調査があり何もいないとして開発され公園化されることがよくあるのだろう。 6月に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/20 05:00
自然観察・・・梅雨時の深泥池で見るトンボたち
梅雨の6月中下旬に深泥池で見れるトンボたちを観察してみた。池にはミツガシワ、ジュンサイ、タヌキモ、コウホネなどが茂っている。この日見たトンボはクロイトトンボ、アオモンイトトンボ、オオシオカラトンボ、キイトトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボ、チョウトンボ、ベニイトトンボ、ヨツボシトンボだった。順に写真紹介してみる。 梅雨時の深泥池 2016.6.17.撮影 岸辺にはミツガシワやショウブが茂り池ではジュンサイ採りがされている。 2016.6.17.撮影 浮島の周りにジュンサイ、タヌキモ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/06/19 05:00
自然観察・・・三草山のヒロオビミドリシジミ、ウラジロミドリシジミなどと京都府のキマダラルリツバメ
止々呂美の蝶、三草山のヒロオビミドリシジミ観察に出かけ京都府のキマダラルリツバメを撮影してきた。止々呂美はコジャノメ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウが飛ぶ程度でまだここの蝶の時期にはなっていない。三草山は少ないながらヒロオビミドリシジミ、ウラジロミドリシジミ、ウラナミアカシジミ、アカシジミ、ミズイロオナガシジミを見ることが出来た。帰りに京都府のキマダラルリツバメを撮影してきた。ここではキマダラルリシジミを10頭以上見ることが出来た。 三草山のヒロオビミドリシジミ 2016.6.15.撮影 三草山... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/18 05:00
自然観察・・・この時期に近隣で見られるチョウやトンボなど
6月の梅雨時期、近隣で見られるチョウやトンボらを紹介する。一部オオムラサキ(モルフォ光沢)は累代飼育の幼虫をもらい育てたもので6/9に紹介した後で羽化した蝶である。 アオサナエ 賀茂川北山橋付近 2016.6.10.撮影 アオサナエ 賀茂川北山橋付近 2016.6.10.撮影 アオサナエ 宝ケ池 2016.6.9.撮影 アカタテハ 四条畷市堂尾池付近で採取 2016.6.17.撮影 ウラナミアカシジミ 宝ケ池 2016.6.13.撮影 コオニヤンマのヤゴ 賀茂川北山橋付近 2016.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/17 05:00
自然観察・・・サンコウチョウ、オオルリ、カジカの鳴き声を楽しめる西芳寺川
苔寺奥の西芳寺川は私の定点観察ポイントになっている。この時期にはサンコウチョウが営巣するので巣がないか見に行った。残念ながら巣は見つからなかったがサンコウチョウ、オオルリ、カジカの鳴き声を聞いて楽しめた。古墳時代の山の神様が守っている美しい渓谷である。 山の神様の守る西芳寺川渓谷 2016.6.14.撮影 山の神様の守る西芳寺川渓谷 2016.6.14.撮影 林道に咲くホタルブクロ 2016.6.14.撮影 林道に咲くチョウセンアサガオ 2016.6.14.撮影 林道によくみられるシマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/16 05:00
自然観察・・・嵯峨野大覚寺大沢池にいたカルガモ親子などの生き物たち
嵯峨野大沢池にカルガモ親子がいた。賀茂川と違い蓮池のカルガモは泥の中で餌をとる。菊島で一休みする親子はそこで水浴びして泥を落としている。カイツブリは一度目の子育てを失敗したらしく再び営巣を始めていた。アオバズクは♂がまだ雛がかえるまで柿の木で昼は見張り番をしている。モズはけたたましい声で鳴き、ウシガエルは中空を見つめている。垣根にはムラサキシジミが飛ぶが探してみてもキマダラルリツバメの姿は見当たらない。 柿の木で見張り番をする大沢池のアオバズク 2016.6.10.撮影 柿の木で見張り番をす... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/15 05:00
自然観察・・・羽化したてのキマダラルリツバメと桜伐採による絶滅危機
キマダラルリツバメ産地のご神木を渓流竿で叩いてみるとキマダラルリツバメが10数頭飛び出した。風が強いのでほとんどは流されどこかへ消えてしまったが数頭は落ちるようにして桜やヒメジョオンの花にとまる。羽化したてだろう、ほとんど動かない。TG4を片手に持って写したり、ルミックス1000で撮影した。このような光景を見ると生き残っていてくれたことを知るうれしさと出会えた楽しさで満たされる。この観察で気づいたことは枯れかけたようなツタの絡まる苔むした桜の古木がキマダラルリの発生木になっているということで、こ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/14 05:00
自然観察・・・京都府山城のウラナミジャノメ
この時期になると山城のウラナミジャノメの発生が気になる。6月11日に発生地へ訪れてみたがまだ初期発生の時期で羽化したての♂が少数飛んでいた。あと5日ほどで最盛期になるだろう。カナブンやシロテンハナムグリの数も少なくベニシジミがヒメジョオンの花に飛び、ツバメシジミがボタンヅルに産卵していた。また、川沿いにイヌビワがあるためイシガケチョウがその付近を飛び川向のヒメジョオンに吸蜜に来る。京都府の山城ではイシガケチョウが定着した模様だ。 山城のウラナミジャノメの開翅。この蝶は今日羽化したてのようで飛び... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 05:00
自然観察・・・羽化が始まった京都府南山城のオオヒカゲ
京都府南山城のカサスゲの生える湿地には局地的に発生する大型のヒカゲチョウであるオオヒカゲがいる。今年もこの時期に♂の羽化が始まった。去年も数が多かったが今年も多いようだ。毎年これを観察するのを楽しみにしているがこの地域はメガソーラの基地になるようでボーリング調査がすでに始まっていた。また一つ貴重な蝶の生息地が消滅するのかと思うと残念でならない。オオヒカゲはちょっとした動きに敏感に反応し飛び立つと藪の中にもぐってしばらく出てこない。そっと歩いてとまっているところを見つけ撮影するとよい。幼虫はカサス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/12 05:00
自然観察・・・京都市左京区のキマダラルリツバメ
4時ごろに薄日が射してきたとわかるとキマダラルリツバメの観察にこの時期は出かけたくなる。9日と10日も左京区のポイントに出かけてきた。数はそこそこいるのだが撮影できるチャンスをなかなか作ってくれない。採集者のいない9日、10日の両日は実に撮影日和だった。今が最盛期だと思うが♂はだいぶ羽が傷んでいる。♀も出始めた。桜の頂部の梢で♂は縄張り争いをして飛んでいる。♀はふらふらと近くに出てくるが、高い所から監視するほうが♀を見つけるチャンスが多いのだろう。 桜の古木の頂部にテリを張り♀の登場を待つキマ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/11 05:00
自然観察・・・美しいデザインを持つクスサンの幼虫
最近私の住むあたりではヤママユやクスサンなど大型の蛾を見る機会が減った。カラスサンショウにシンジュサの幼虫が鈴なりになっている光景などもまず見ることがない。三草山にこの時期に出かけると去年もクスサンが数本の栗に大発生していたが、今年も道沿いの一本の栗の木に鈴なりにクスサンの幼虫がいて花だけ残しほとんどその木の葉を食い尽くしていた。バカでかい幼虫なので食べる量も半端ではない。毛むくじゃらなので嫌いな人にはどうしようもないが、明るい黄緑色をした幼虫は気門に美しい茶色と空色の水玉模様があり、驚いて丸固... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/10 09:08
自然観察・・・ヒロオビミドリシジミ、ミズイロオナガシジミの発生が見られた三草山
三草山のゼフィルスの森にヒロオビミドリシジミ、ミズイロオナガシジミが羽化し始めた。午前中ナラガシワの下草になっている笹原にいた成虫は午後になると木々の梢で活動を始める。ヒロオビミドリシジミはナラガシワのドングリの付け根の樹液がお好みのようだった。この日は環天頂アークも見られ天気はゼフィルス日和だったがまだヒロオビミドリシジミの数は少ない。 下草の笹から飛び立った今日羽化したヒロオビミドリシジミ 2016.6.8.撮影 午後になり活動を始めたヒロオビミドリシジミ。時折太陽に当たり開翅し、美しい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/09 22:22
蝶の飼育・・・モルフォブルーの金属光沢をもつオオムラサキの飼育
劣性で自然界では極めて稀なモルフォブルー光沢を持つオオムラサキを累代飼育してすべてがそれになるよう研究されているN氏からO氏に譲られた4令越冬幼虫をおすそ分けいただき去年に引き続いて今年も飼育した。オオムラサキは越冬幼虫の管理と5令に脱皮させる時の管理が一番むつかしい。エノキに袋掛けで5令にさせ、その後は大きめのガラスないしプラケースで水揚げの悪いエノキの枝を水揚げ細工した上でを密閉飼育すれば4日ごとの餌交換をすることでかなり大きなオオムラサキを羽化させることが出来る。今年はO氏よりいただいた幼... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/08 05:00
自然観察・・・京都市左京区のキマダラルリツバメ
京都市は桜の古木のあるところでアリがいれば他地域では天然記念物に指定されるキマダラルリツバメが局地的に棲息している。20年前くらいまでは数も多かったが桜の古木が切られ新しい桜に植え替えられるようになって数が減っている。左京区の発生地の桜の樹上に夕方4時ころから♂がテリを張り始めるので何日か通ってみた。ここでは5月29日から発生していたが私が観察した時は風等の影響で6月4日が初見となった。その後、6月5日、6日と観察し一部を写真に収めることが出来た。 アキニレに羽休めに降りてきたキマダラルリツバ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/07 15:25
自然観察・・・ゼフィルスの森で保護される三草山の虫たち
ヒロオビミドリシジミやウラジロミドリシジミがかって多産していた三草山のカシワやクヌギの林は現在ゼフィルスの森として保護され環境整備が進んでいる。6月2日に様子を見に行ったがまだこの時点ではヒロオビミドリシジミ等は観察できず、アカシジミを見ただけだった。今日現在はもうその姿を見れるようだ。2日にこの森で出会ったチョウなどの昆虫をご紹介する。 三草山で出会ったゼフィルスの森のアカシジミ 2016.6.2.撮影 三草山で出会ったゼフィルスの森のアカシジミ。太陽の光が当たると赤色が美しい。 2016... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/05 05:00
自然観察・・・大阪府四条畷市堂尾池ハイキングコースの自然
去年と一昨年のテングチョウ大発生時と比較して今年の様子を調べに堂尾池に出かけてみた。天気も悪くほとんど虫たちを見かけない状態だった。特にテングチョウはあれほどの大発生が嘘のようにこの日はたった1頭の成虫を観察したにとどまる。何もいないように見える道筋を注意深く観察してゆくと結構生き物が多いことに気付く。何もいないからと言って開発するとこういう生き物が棲息する環境が損なわれるのだということを知っておきたい。しかし、テングチョウで見られた大発生メカニズムというものは一体どういうからくりになっているの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/02 05:00
野鳥観察・・・今年も蓮池で巣作りして抱卵を始めたカイツブリ
去年に引き続き今年も京都の蓮池でカイツブリが藻を集めて浮巣作りをし、卵を抱き始めた。孵化して背中に載せて子育てするする姿を見られるのが待ち遠しい。 蓮池に浮巣を作り抱卵するカイツブリ 2016.5.27.撮影 通常だと5卵ほど生んでいると思うのだがさて何羽孵化するのか? 2016.5.27.撮影 時折巣を離れて藻を集め浮巣を補修する 2016.5.27.撮影 浮巣の補修作業は♂も積極的に協力している 2016.5.27.撮影 浮巣補修を協力する♂と抱卵する♀ 2016.5.27.撮影 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/31 05:00
自然観察・・・この時期に見るトンボたち
5月中〜下旬に京都府立植物園や大沢池、野山の湿地で私が見たトンボたちをご紹介する。 大沢池の蓮池に飛ぶクロイトトンボのペアー 2016.5.27.撮影 大沢池の菱とクロイトトンボの3ペアー 2016.5.27.撮影 四条畷市堂尾池湿地で羽化したオオシオカラトンボ 2016.5.28.撮影 四条畷市堂尾池湿地で羽化したオオシオカラトンボ 2016.5.28.撮影 大沢池のコシアキトンボ 2016.5.27.撮影 宝ケ池の湿地でホバリングするサラサヤンマ 2016.5.29.撮影 宝ケ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/30 05:00
野鳥観察・・・今年もご神木のスダジイに営巣にやってきたアオバズク
今年もご神木のスダジイの大木の洞にアオバズクが営巣にやってきた。♀が抱卵しているようで♂が見張りしている。いつもはスダジイの葉陰に同化し隠れてとまっているが、この日は隣の柿の木にいてしっかり姿を見せていた。めったにないチャンスで撮影できた。7月ころ雛が孵化し親子連れの姿を見るのが楽しみである。 ご神木のスダジイの巣で抱卵する♀を守るように見張るアオバズクの♂ 2016.5.27.撮影 目を閉じたアオバズクの♂ 2016.5.27.撮影 ご神木のスダジイの巣で抱卵する♀を守るように見張るアオ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/29 05:00
自然観察・・・京都で生息範囲を広げたホシミスジの生態
元来局地的な発生をしていたホシミスジは近隣では伊丹市で見られる蝶だったが、ここ数年着実に京都での生息範囲を広げ私が観察した平野神社や植物園では特にその数が多い。今年も5月26日に京都府立植物園へ出向くと10数頭が飛んでおり、すでに♀は産卵活動をしていた。自宅で蛹にしたものは25-27日に羽化しており野外のほうが早いと言える。蛹になるまでは野外観察で撮影して前蛹、蛹は自宅に取り込んで今回は撮影した。 冬に落葉したコデマリの枝先に付くホシミスジの越冬巣。巣はコデマリの葉を巻いて作り中に入っている。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/28 05:00
自然観察・・・滋賀県のヒサマツミドリシジミのいる渓谷
昨年ヒサマツミドリシジミの♀が産卵活動をしていた滋賀県の谷の5月を見に行った。この時期が発生期と8〜9月の日照状況とほぼ同じなのでどこに、またどの時間に日が当たるかと産卵をしていた部位がどのようになっているのかを観察するのが目的だった。やはり、10月に見た時とはずいぶん日照部分が異なっている。この時期には後から蛾の幼虫が巣を作り食べるものも多いのでどれがヒサマツミドリシジミの幼虫の食痕か判定するのはむつかしい。しかし、明らかに昨年産卵した部位ではそれらしい食痕を観察できた。滋賀県にある渓谷の美し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/25 05:00
自然観察・・・花脊に咲く美しいレンゲツツジに舞うミヤマカラスアゲハなどの蝶たち
花脊のレンゲツツジに舞うミヤマカラスアゲハなどのアゲハチョウは例年5月20日ごろが最盛期なので出かけてみた。オレンジ色の大きなレンゲツツジの花絨毯の上に舞うミヤマカラスアゲハなどの蝶をを撮るのが目的である。しかし、今年は蝶が少ない。ほんの数えるほどしか花に訪れるアゲハチョウを見なかった。それでも訪れた数匹の蝶で目的の花絨毯とアゲハチョウ類の写真を撮影することができた。 花脊の渓谷に咲くレンゲツツジの花絨毯 2016.5.20.撮影 花脊のレンゲツツジの花 花脊の渓谷に咲くレンゲツツジの花絨... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/24 05:00
自然観察・・・松尾の西芳寺川の自然
松尾神社の裏になる山にはこの地が平安時代以前秦氏の本拠地だっただけに古墳が多い。それらは過去のブログで紹介したが苔寺の奥の西芳寺川はこの時期にサンコウチョウやオオルリなどの野鳥が見られることでも知られている。20号橋まで伸びる林道には昆虫たちの姿も多く私の定点間観察ポイントの一つにもしている。19日にそろそろサンコウチョウが見れるかと思い出かけてみた。所々で鳴き声はするがなかなか姿を現してくれない野鳥だが何とか一度杉林に出てきたところを見ることができた。蝶ではこの谷で初めてクロセセリに出会う。広... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/23 08:39
自然観察・・・敦賀の池河内湿原と中池見湿地の昆虫たち
ウスバシロチョウの時期の敦賀にある池河内湿原と中池見湿地の様子を見に出かけた。今庄地区には黒いウスバシロチョウが発生しているが山を隔てると池河内にはそのような蝶は見当たらない。しかし、自然が豊かなので個体数は断然こちらのほうが多い。池河内湿原はハンノキの林となっているのでミドリシジミの幼虫が多いかと思ったが今年はほんの少数の幼虫が作る巣しか見つからなかった。久しぶりにジャコウアゲハに擬態するアゲハモドキという蛾にお目にかかる。飛んでいるところを見るとどうみても蝶に見えた。中池見湿地ではアザミの花... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/22 05:00
自然観察・・・福井県今庄周辺の黒いウスバシロチョウ
福井県今庄周辺の黒いウスバシロチョウの飛ぶ世界を18日に観察に出かけてみた。今年は発生が早いのかすでに擦れて羽の痛んだ蝶が目立つ。また、メスは執拗に♂に交尾を迫られるため羽の表の鱗粉が剥げているものが多い。もっと黒いウスバシロチョウを見ることができたらと期待していたが普通の黒さだったので少し残念だった。今回は今庄周辺の2か所で観察した。 今庄I地域の黒いウスバシロチョウのいる世界。シャクの花が咲く野原にウスバシロチョウが飛んでいる。 2016.5.18.撮影 ここの地域ではカラスビシャクの群... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/21 05:00
自然観察・・・昨年テングチョウが大発生した能勢初谷川の経年変化
昨年おそらく数万頭のテングチョウが大発生したと思われる能勢初谷川だが今年も同じ発生が繰り返されるのか確かめに行った。昨年は川沿いの大木も含めたエノキがことごとく葉のない状態になるまでテングチョウの幼虫によって食い尽くされ、エノキの下にあるクサギやトチの葉裏には数え切れないほど蛹が密集してぶら下がっていた。今年はというとエノキの2次芽へ産卵をする越冬テングチョウの姿もまばらで幼虫や蛹はよほど探さないと見つからない。エノキも一部は食われているが大部分の葉は残っている。なぜか今年は雀の姿が多く見られ、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/20 08:43
自然観察・・・鹿害で荒れて行く京都市左京区大原大見町の山里
定点観察している左京区の山奥廃村になった大見だが昨年までウスバシロチョウがまだ多く残っていたのに今年は17日に行って見ると非常に少ない。時期が早かったのならいいがほかの地域はすでに最盛期を過ぎかけていてここの下草の現状を見ると時期だけの問題ではないようだ。百井のほうが多く飛んでおり、大見に入ると鹿除け柵の近くでわずかしか飛んでいない。ほかの昆虫も少なく野鳥のさえずりもわずかにキビタキの声を聞くのみだった。晴天で景色だけは良いのが救いである。タンナサワフタギ、アキグミの花もまだ三分咲なので今年は開... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/19 06:33
蝶の生態・・・今年飼育した福井県今庄の黒いウスバシロチョウ
福井県の今庄周辺には地域変異として黒いウスバシロチョウが局地的に発生している。その黒さの程度の強い♀を昨年採取して採卵した。ウスバシロチョウ研究家の小野氏からも卵をいただき多くの孵化を期待したが昨夏の暑さのせいなのか今年の孵化率が極端に悪かった。わずかの幼虫だが無事羽化した個体はやはり黒味の強いウスバシロチョウだった。中でも触角が不全のメスは黒味が極端に強くなっている。 今庄の黒いウスバシロチョウから採卵した卵 2015.12.5.撮影 今庄の黒いウスバシロチョウの終令幼虫 2016.3.2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/18 05:00
自然観察・・・定点観察している雲ケ畑の花と虫たち
定点観察している雲ケ畑のアオバセセリ時期の花と虫たちをご紹介する。花も虫も鹿害で非常に少なくなっているが注意深く見て歩けばまだまだいろいろな種類が見られる。 蝶のように羽を閉じてとまるイカリモンガ 2016.5.14.撮影 ウツギの花を吸蜜するイカリモンガ 2016.5.14.撮影 この時期にアオバセセリ等が訪れる早咲きのウツギの花 2016.5.13.撮影 越冬したウラギンシジミの♀ 2016.5.13.撮影 カマツカの花 2016.5.13.撮影黒の染料になるキブシの実 2016.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/17 05:00
野鳥観察・・・能勢野間稲地の大欅に巣立ちしたフクロウの雛
15日は能勢初谷川へテングチョウの経年発生の調査に出かける予定であったので、その前後に能勢野間稲地の天然記念物野間の大けやきに立ち寄り巣立ちしたフクロウの雛たちを観察した。ここの大欅は樹齢1000年以上といわれ、高さ30m、幹回り14mの巨木である。周りに建物が何もないのでひときわ目立っており存在感がある。このケヤキは野間神社に合祀後ここに小祠となって残されている蟻無宮の御神木だったという。この大木では毎年フクロウやアオバズクが営巣するらしいが、今回は巣立ちしたフクロウを2羽確認することが出来た... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/16 05:00
蝶と遊ぶ・・・雲ケ畑の空木(うつぎ)の花に舞うアオバセセリ
毎年この時期はアオバセセリを求めて雲ケ畑へ行く。今年も5月13日と14日はいつも観察する早咲き空木の花に舞うアオバセセリと遊んできた。今年は蝶の数が少ないので2日間で見たアオバセセリはたった4頭に過ぎない。ポイントのウツギの花は1♂が占有するのでほかの蝶は入れない。1頭の蝶の舞飛ぶ姿を撮影して楽しんだ。アオバセセリは日陰を好むので飛翔撮影するときは2時を回ると暗すぎてフラッシュを持っていないと難しい。 雲ケ畑のウツギの花に舞うアオバセセリ 2016.5.14.撮影 雲ケ畑のウツギの花に舞うア... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/15 05:00
自然観察・・・花脊の躑躅に舞うミヤマカラスアゲハ
毎年この時期は花脊の躑躅に舞うミヤマカラスアゲハを観察に出かける。2012.6.1.、2014.5.28.、2.15.5.14.、2015.5.17、に定点観察したものをアップしているので参考にしていただきたい。それらと比較すると今年がいかに数が少なくまた早く発生したかがわかる。躑躅の花の開花と蝶の発生タイミングが合わないようだ。全体の数が少ないうえに♂が少なく♀が多くまたほとんど擦れたものばかりだった。12日はそういう状況下で3か所の躑躅の花ポイントを観察した。 広河原の躑躅に舞うミヤマカラ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/13 05:00
自然観察・・・深泥池の白カキツバタと小昆虫
太田神社のカキツバタを見に行ったが今年はさっぱり花付が悪いようで写真にならない。それで深泥池の白カキツバタを見に行った。こちらもあまり美しくなかったがまだ見れる状態だった。今年は御霊神社のイチハツの花付も悪かったがこの種の花の回り合わせだろうか?池辺にはまだトンボの類も見られずアブなどの小昆虫のみわずかに観察できた。 この時期白カキツバタが浮島や池辺に美しく咲く深泥池 2016.5.11.撮影 深泥池の浮島に群生して咲く白カキツバタ 2016.5.11.撮影 深泥池の浮島に群生して咲く白カ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/12 05:00
野鳥観察・・・賀茂川でのイカルチドリ子育て(抱卵とカラス撃退)
賀茂川西賀茂橋周辺中州に今年はイカルチドリが居ついて子育てしている。一番中州のイカルチドリは1回目の卵を何かに狙われたのかどうも孵化しないで失敗したようだ。別の場所に2番子の卵を産んで抱卵している。良い中州には他のイカルチドリが入ってきたり、天敵のカラスや邪魔なセキレイがやってくるので♂はそれを追い払うのに躍起になっている。中州の石礫の中で抱卵していると実に見事な保護色となり肉眼ではほとんど識別できない。何とか親が少し動くとその場所を見つけることが出来る。10日の朝は外敵のカラスがうろうろしてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/11 05:00
自然観察・・・新緑の大悲山峰定寺奥のナメラ谷に見る自然
今年も新緑の花脊峰定寺奥のナメラ谷林道と野鳥の森を自然観察に歩いてみた。この時期にはここで見れる花や鳥、昆虫たちは10日おきの周期で違ったものが見れるようになる。今年は発生が早いと思い覗いてみたがまだほとんど期待したものは見られなかった。野鳥で見れたものはミソサザイ、オオルリ、キビタキ、キバシリ、キセキレイ、カケス、シジュウカラ、ヒヨドリだった。ミヤマカラスアゲハ等の黒いアゲハ類、ウスバシロチョウ、アオバセセリ、スミナガシなどはまだ発生しておらず、モンシロチョウ、モンキチョウが見られただけで、蛾... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/07 05:00
京都紹介・・・京都市左京区花脊原地町の峰定寺御神木「三本杉」
北区の我が家から花脊峠を越え車で約1時間行くと大悲山峰定寺に着く。峰定寺と谷の奥にある御神木の三本杉については2010年7月20日と2012年6月13日のコラムでも紹介した。できればカレンダーでそれを振り返ってもらえれば参考になると思う。峰定寺は1154年に鳥羽上皇の勅願で創建され藤原信西と平清盛が本堂、仁王門造営に当たったという。峰定寺のある大悲山は古くから修験の行場でありこの付近は京都市といっても山深い別世界になっている。峰定寺仁王門から山道を奥に進み鳥居跡の残る谷筋を20分ほど登ると三本杉... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/06 05:00
野鳥観察・・・五月初旬に見た大阪城公園の野鳥(サンコウチョウ他)
5月1日と2日に大阪城公園を訪れ、そこにいた野鳥たちを観察した。1日は今年初めてサンコウチョウが市民の森で見ることが出来、ヨタカなども観察することが出来た。2日はオオルリ、キビタキ、センダイムシクイなどが多かった。 給水塔裏のクスノキに隠れるアオバト 2016.5.2.撮影 神社裏のエナガ親子 2016.5.2.撮影 音楽堂裏のオオルリ♂ 2016.5.2.撮影 桜の森のオオルリ♀ 2016.5.2.撮影 桜の森のキビタキ♂ 2016.5.1.撮影 給水塔裏のキビタキ♀ 2016.5... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/04 05:00
自然観察・・・新緑の花脊大見尾根と滝谷山、ヒサマツミドリシジミポイントを歩く
ヒサマツミドリシジミの往年のメッカ、花脊大見尾根を新緑の時に歩いてみた。この時期に歩くとこの山の形状がよく分かる。また、ヒサマツミドリシジミの食草になるウラジロガシがどういう状況かもよく見える。この時期には野鳥も多いのでサンショウクイやゴジュウカラ、クロツグミなどにも出会いたかったが、サンショウクイの鳴き声を聞き飛翔を見たほか、オオルリ、コサメビタキ、ホオジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、カケスを観察したにとどまった。谷にはシャクナゲ群落の花が咲いていたり、ヤブデマリ、マユミ、アブラチャン、コバノミ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/03 05:00
春の蝶・・・荒れ地に飛ぶと忍者のように見つけにくいミヤマセセリ
年一化の春の蝶といえばギフチョウ、コツバメ、ツマキチョウを思い浮かべるが、地味なミヤマセセリも春にしか出てこない美しい蝶だと思う。里山が機能して人の管理が行き届いていた頃はこの蝶はどこにでも普通にいた。しかし、京都の北山近郊ではほとんどその姿を見ない程激減している。毎年深泥池や雲ケ畑に少なくなったこの蝶を見に行くが、今回は花脊大見尾根の鹿害で荒れた雑木林で2頭だけだが飛んでいる姿を見ることが出来た。草があったり花に訪れる時はわかりやすいのだが枯れた雑木林の中で日光浴に飛ぶこの蝶はまるで暗闇を走る... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/02 05:00
中州で母親の羽の中に納まり団子になって昼寝する賀茂川のカルガモ親子(3)
ここ2日カルガモ親子を取り上げて紹介したが、今日も賀茂川の中州に10羽の雛が団子になって休む可愛いカルガモ親子を観察した。母親が水浴びし、中州に上がると子供たちもくつろぎ昼寝モードに入る。順に母親の腹下の羽の中に納まり休む。しばらくすると母親は子供たちの団子を外に置き昼寝を続けた。中州にほかのカルガモ親子が入ったことに気づくとそれを追い払う。追い払ったのち子供たちを中州に残し食事に行ったのか、監視なのか、飛び立っていった。カルガモの親も子育て中は天敵や縄張り維持など気配りが大変である。 賀茂川... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 05:00
賀茂川のどんどんを登ろうとするカルガモ親子(2)
賀茂川のどんどんは治水上大きな役割を果たすが、魚やオオサンショウウオ、カルガモ親子にとっては上流に行くための大きな障害となる。川の端から端までこの段差を乗り越えられない大きさの生き物は一旦このどんどんを下りるともう元には戻れない。ベビーラッシュとなった賀茂川ではカルガモ親子が各どんどんの島で子育てするようになり、どんどんを下りて元に戻れない親子が下流へ下流へと移動してゆく。当然そこには別の親子がいるわけで多いところでは何組もバッティングして諍いも出てくる。どんどんの端にスロープ流路があったらと思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/30 05:00
ベビーラッシュになった賀茂川のカルガモ(1)
賀茂川は今、カルガモたちの雛が生まれちょっとしたベビーラッシュとなっている。上流で孵化した雛たちを親は中州を中心に連れまわり育てるのだが一旦どんどんを降りてしまうと雛たちは元に戻ることが出来ない。親は一生懸命登らそうとするが懸命な努力の後無理であることを悟る。そうすると次のどんどんまでの島で育てるしかなくなるが先住のカルガモ親子がいると居住権争いが起きる。時には3組ぐらい下流域に同じ島での子育て回遊を見ることにもなる。西賀茂から四条あたりまでこれからの時期そういうカルガモ親子が頻繁に出没するだろ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/29 05:00
賀茂川で観察したアオスジアゲハの斑紋異常(エサキ型)
賀茂川の出町付近でセイヨウカラシナに舞うアオスジアゲハを観察していたら、かなり明瞭な前翅中室に青い斑紋をもつエサキ型アオスジアゲハを発見した。アオスジアゲハの斑紋異常にはエサキ型、タンノ型、ハンキュウ型、太帯型、細帯型、スルスミ型、薄墨型などいろいろな変異が見られるが、このエサキ型はミカドアゲハのように見えるので昔蒐集していた頃の憧れだった。その頃、今は整備されてなくなったが西大路御池交差点にクスノキの幼木があり、そこで採取して飼育したものからかなりの頻度でエサキ型を羽化させていた友人がいた。私... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/28 05:00
福井県大野市荒島岳登山路でのギフチョウ(通称山ギフ)観察
岐阜県との県境に近い福井県大野市の荒島岳(1523m)へギフチョウ観察に出かけた。林道から行く登山路は1000mの尾根ピークからいったん谷に降りて登るコースなので現在は荒れて途中から道が消失しているようだ。この手前の900m位の尾根筋にイワウチワの花が咲いていて、その花に吸蜜するギフチョウを撮影したかったのだが、なかなかまともなチャンスは得られなかった。900m位の標高にいるギフチョウは里にいるギフチョウに対し通称山ギフと呼ばれているそうで、少し黄色味が強いかもしれない。このあたりは鹿の害がない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/27 05:00
野鳥観察・・・エナガの水浴びとエナガ団子
植物園でエナガが水浴びをしていたところを観察し、京都御苑ではエナガが巣立ち後親に餌をおねだりするため緑陰のカシの枝に団子になっているところを観察した。子供が18羽おり、一家族とは思えないが二家族がこんな団子になることがあるのだろうか?エナガは小さい鳥なので特にかわいい。 京都府立植物園の蓮池のせせらぎで水浴びするエナガ 2016.4.22.撮影 京都府立植物園の蓮池のせせらぎで水浴びするエナガ 2016.4.22.撮影 京都府立植物園の蓮池のせせらぎで水浴びするエナガ 2016.4.22.... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/25 05:00
花散歩・・・京都府立植物園に4月22日に咲いていた花
京都府立植物園は2〜3日行かないと花の様子が変わる。5日ぶりに4月22日に訪れた時、園内に咲いていた花を紹介する。これから旬を迎える花、ピークの花、峠を越えた花があり大体5日ごとに行くと変化を感じることが出来る。 アジュガ レプタンス 2016.4.22.撮影 イチハツ 2016.4.22.撮影 エビネラン 2016.4.22.撮影 キエビネ 2016.4.22.撮影 クマガイソウ 2016.4.22.撮影 コバノガマズミ 2016.4.22.撮影 サワオグルマ 2016.4.22... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/24 05:00
野鳥観察・・・続・賀茂川で子育てするイカルチドリ
この時期は野鳥の子育て観察ができるので毎朝賀茂川を散歩するのが楽しい。中州でイカルチドリが3か所子育てをしている。天敵が多いので親は大変で、子供を遊ばせるときは常に警戒音を出して子供たちを見守る行動をする。まだ抱卵している島もあるが、先に孵化した一つの島は3羽の子供がだいぶ大きく育った。雨の後14日頃巣立ちした島では5羽のおチビさんが動き回っている。この島は産んだ卵が皆孵化したようだがこれからの生き残りが大変だ。チビにはやんちゃな奴や怖がりでいつも母親のそばを離れない子などいて、人間の子と同じで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/22 05:00
生態観察・・・久多オグロ谷と佐々里のスギタニルリシジミ
毎年のことながら今年も久多と佐々里のスギタニルリシジミを観察に出かけた。19日は京都が晴天ながら久多は曇天で気温が低くほとんど虫が飛んでいなかった。時たま日が射すとスギタニルリシジミは現れるのだが流されるようにとまらず梢へ消えてしまう。いつもなら多くの♂が吸水しているポイントがあるもののそこにもたまに飛んでくる程度だった。かろうじて1頭枯木にとまってくれたのを写真撮りした。残念だがリベンジすることにして13:30には引き上げた。20日は天気も良く暖かくなるようなので京北のキジの写真を撮りがてら佐... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/21 05:00
自然観察・・・天然記念物水生植物群落深泥池の自然
深泥池も私が定点観察をしている場所で再々訪れご紹介したが、春は5日も行かないと花の様子が変わってくる。4月10日にまだソメイヨシノの花が残る池に出向いた時と4月15日に出向いた時では咲いている花や緑の色も違っていた。高山のふもとになる雑木林はカシノナガキクイムシによる橡の枯死や鹿害でひどい状態になっているが木々の梢はまぶしいくらい美しく花や新芽で色づいている。トンボのシーズンはこれからだが現在シオヤトンボの羽化が始まり弱弱しい飛翔姿を見ることが出来た。 4月10日のまだソメイヨシノの花が少し残... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/19 05:00
野鳥観察・・・4月14日に大阪城公園で見た野鳥たち
春の野鳥たち渡りのシーズンになってきているが大阪城公園の様子を4月14日に見に行った。オオルリが音楽堂や桜林周辺にいたのとキビタキが少ないながら神社裏、桜林に見られた。クロツグミの姿も見れたが写真には撮れなかった。飛騨の森ではヤブサメ、ハチジョウツグミを見ることが出来た。この時期は野鳥と花が絡むと美しい光景になるので楽しい。その他、蝶ではアオスジアゲハ、アゲハチョウ、クロアゲハ、スジグロシロチョウなどの姿を早見ることが出来た。 オオルリ 2016.4.14.撮影 オオルリ 2016.4.14... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/18 05:00
野鳥観察・・・エナガの巣での子育て
エナガが大阪城公園のクスノキの幹股に営巣し、雛が孵化して子育てをしていた。樟の若葉で巣は見事に幹の苔に同化して隠されている。エナガの親はせっせと虫を採りに出かけては巣に戻り一番大きく口をあける雛に与えている。雛たちの出す糞の掃除も親の大切な役目で白い糞を咥えては周辺にそれが出ないように飛び去る。もう少しで巣立ちを迎える時期と思え、この記事を出す時には巣立っているかもしれない。 桜の木につく虫を採るエナガ 2016.4.14.撮影 クスノキの幹股に苔で作ったエナガの巣があった。見事に周りの苔と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/17 08:28
野鳥観察・・・賀茂川の中州で子育てするイカルチドリ(営巣、抱卵と子育て)
毎年四月は賀茂川の中州でイカルチドリが子育てする姿を観察できる。今年は早朝散歩のコースにある石礫の多い中州で、4組のペアーが営巣、抱卵、子育てしており、それらを毎朝眺めながら成長を確認している。すでに雛が孵った中洲では可愛い雛が目まぐるしく動き回る姿を見ることが出来、親が子どもを羽の中に隠して守る様子や♂が警戒音を出して♀や子供たちを守る行動を観察できる。 中州にある石礫の中の巣から遠く離れ抱卵する♀を気遣いながら周りを監視する♂のイカルチドリ 2016.4.10.撮影 川岸から巣の方向を眺... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/14 05:00
ギフチョウシーズンの終盤・・・南越前と越前市のギフチョウのいる風景
4月9日にギフチョウの♀を求めて越前に出かけた。気温が23度になると蝶は活動的になりほとんど花にとまってくれない。それに7日に花嵐となったのでほとんどのギフチョウが擦れていた。南越前と越前市の発生地を4ヶ所めぐりその風景を追ってみた。 日野山とサンダーバードの走る南越前町の景色 2016.4.9.撮影 南越前町のソメイヨシノの樹下で休むギフチョウ 2016.4.9.撮影 南越前町今庄の枝垂桜の景色 2016.4.9.撮影 今庄の里に咲くヤマエンゴサク 2016.4.9.撮影 ヤマエンゴ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 05:00
京都桜情報2016・・・京都御苑の名物桜「松に生えた桜」
京都御苑の学習院跡にある通称「松の木に生えた桜、桜松」、環境庁京都管理事務所の看板でそれを知らせている。黒松の空洞に生えた山桜が松が倒木してもその空洞に守られて根や枝を伸ばし、写真のように立派な桜木になり花を咲かせている。普通公園では倒木は撤去されるが、この桜は御苑の管理者の暖かい保護を受けたようだ。クロマツは枯死してもこの山桜をこのような形に見事に育てている。クロマツがなければこのような桜は生まれなかっただろう。いつも開花時期を待って見に行くのだがタイミングが少しずれてしまう。今回も盛りを少し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/08 05:00
ギフチョウ三昧・・・カタクリの花での交尾と斑紋変化の多い南越前のギフチョウ
4月5日にまた鯖江方面にギフチョウの発生地調査を友人と行った。午前中は気温が低く曇天のため3頭の飛翔を確認しただけだったが、午後1時半から5時までは南越前に戻ったところ晴れ間が広がり多くのギフチョウが飛ぶ姿を観察できた。かなり擦れの♂が増えてきたが♀は羽化したてで美しい。まだそれほど♀の姿を見ないのでまだこれからが発生の本番だろう。カタクリの花に吸蜜する♀が現れると即座に♂が交尾する。それに割り込もうとする別の♂が飛び込んできて三つ巴になるシーンも観察できた。また、ギフチョウは斑紋変化が多い。先... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/07 05:00
ギフチョウ三昧・・・南越前のカタクリの花に舞うギフチョウ2016
カタクリの花に舞うギフチョウを撮影するべく南越前に出かけ現地で6時間来る蝶来る蝶を撮影しまくった。撮影できた杣山型の1頭を除き普通型だが変化が多いのが面白い。ちょうど開花の時期を迎えたカタクリの花と春の女神ギフチョウがモデルになってくれるので飽きることがない。 カタクリの花と春の女神ギフチョウ 2016.3.30.撮影 カタクリの花と春の女神ギフチョウ 2016.3.30.撮影 カタクリの花と春の女神ギフチョウ 2016.3.30.撮影 カタクリの花と春の女神ギフチョウ 2016.3.3... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 11:37
カタクリの花に舞う南越前の杣山型ギフチョウ
300頭に1頭の割で出現するという南越前杣山に棲息する遺伝子型斑紋をもつ杣山型ギフチョウ。収集家はこの蝶を求めて杣山に通うという。しかし、今回は斑紋変化のあるこの蝶を近隣の南越前で確認し写真と動画に撮影することが出来た。必ずしも杣山に限ることなくこの周辺に棲息する遺伝子型の蝶である証になるだろう。 南越前の杣山型ギフチョウとカタクリの花 2016.3.30.撮影 南越前の杣山型ギフチョウとカタクリの花 2016.3.30.撮影 南越前の杣山型ギフチョウとカタクリの花 2016.3.30.撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/31 10:03
ギフチョウ三昧・・・越前の春の女神ギフチョウと遊ぶ一日
3月27日も2016年春のギフチョウを楽しむために越前に出かけた。ところによってはまだ少し発生には早い場所も見られたが、オスの最盛期に近いところを選び一日ギフチョウ三昧に明け暮れた。花とギフチョウをこの日のテーマにしていたが、カタクリとギフチョウ、桜とギフチョウ、梅とギフチョウ、エンゴサクとギフチョウ、スミレとギフチョウをそれぞれ撮影でき、ギフチョウの後ろにギフチョウがとまるシーンもあり、2匹のギフチョウがカタクリの花に舞う姿など京都ではもう見られない贅沢な光景を十分に味あわせてもらった。 越... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/29 05:00
例年より10日は早い発生か?2016年春の福井県南越前に舞うギフチョウ
暖冬なので快晴の3月22日に春の女神ギフチョウが福井県南越前に舞っていると確信して観察に出かけた。道中タムシバが山肌に咲くのが見え、現地にはショウジョウバカマ、キクザキイチゲ、カタクリも咲いていたので10時半になると尾根に今朝羽化したての♂が飛び始めた。11時ころには尾根に複数のギフチョウが舞い始め撮影を楽しませてくれた。それぞれ非常に美しい♂だった。ふもとのカタクリやヤマエンゴサク、オオイヌノフグリの花には昼から吸蜜にくる♂が多く、こちらはすでに擦れているものも見られた。やはり当地のギフチョウ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/24 05:00
野鳥観察・・・3月15日に亀山公園で見た野鳥
この時期は亀山公園であまり多くの野鳥を観察することはできなかった。一般的な野鳥の姿だけは少ないながら見られたが、馬酔木の花を吸蜜したり水たまりで水浴びするメジロの群れは見ていて楽しい光景だった。 ジョウビタキの♂ 2016.3.15.撮影 ジョウビタキの♂ 2016.3.15.撮影 水たまりで水浴びするジョウビタキの♀ 2016.3.15.撮影 水たまりで水浴びするジョウビタキの♀ 2016.3.15.撮影 火葬塚付近のルリビタキ♂ 2016.3.15.撮影 火葬塚付近のルリビタキ♂... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/20 05:00
花散歩・・・京都府立植物園3月初旬の花木
京都府立植物園の今年3月11日に咲いていた花木を見て歩いた。それらを写真紹介する。 アオモジの花 2016.3.11.撮影 ウグイスカグラの花 2016.3.11.撮影 ゲンカイツツジの花 2016.3.11.撮影 ゲンカイツツジの花 2016.3.11.撮影 サンシュユの花 2016.3.11.撮影 シナマンサクの花 2016.3.11.撮影 シャクナゲモドキの花 2016.3.11.撮影 トサミズキの花 2016.3.11.撮影 ネコヤナギ 2016.3.11.撮影 枯蓮... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/13 05:00
京都紹介・・・仁和寺からめぐる宇多天皇陵、朱山七陵
仁和寺西門から御室八十八個所の逆コースをたどり市道千束御室線に出て宇多天皇陵への参道を朱山方面に向かうと静寂の山中に宇多天皇陵が厳かに祀られている。そしてさらに朱山を登り竜安寺方面に向かうと山頂に圓融天皇火葬塚があって少しそれより下に堀河天皇後圓教寺陵・一條天皇圓融寺北陵が南に京都市内を一望する景観の中に祀られている。ここから眺める愛宕山、双ケ丘や平安京の朱雀大路を偲ぶ現在の千本通りが一直線に伸びている姿など見ごたえがある。途中の伐採植林された斜面から金閣寺裏や船岡山、比叡山、松ヶ崎東山西山(妙... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/10 05:00
自然観察・・・尼崎農業公園の花と野鳥や蝶
梅の花と椿、菜の花が満開となった尼崎農業公園の野鳥たちや蝶の自然観察をしてみた。この日観察した野鳥はツグミ、ハクセキレイ、ムクドリ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、メジロ、シロハラ、アオジだった。蝶はキタキチョウ、モンシロチョウ、ウラギンシジミ、テングチョウ、キタテハの飛翔を確認した。 大芝生広場にホトケノザ、オオイヌノフグリが一面に咲いている 2016.3.5.撮影 梅林にはメジロが群れで吸蜜しておりそろそろ花の盛りが過ぎかけている 2016.3.5.撮影 オオアカハラが出る小... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/08 05:00
伊丹市昆虫館の蝶温室に飛ぶ蝶たち
伊丹市昆虫館の蝶温室へ行ってみた。ヤンバルや八重山へ行ってもなかなか出会えない蝶たちもここではたくさん飛んでいる。しばし南方へ旅行した気分で蝶たちを観察できるので楽しい。 オオゴマダラの卵 2016.3.5.撮影 オオゴマダラの♂ 2016.3.5.撮影 オオゴマダラの♀ 2016.3.5.撮影 ほとんど南へ行っても見れなくなったカバタテハ 2016.3.5.撮影 クロテンシロチョウ 2016.3.5.撮影 クロテンシロチョウ 2016.3.5.撮影 コノハチョウ 2016.3.5... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 08:43
野鳥観察・・・続この時期に見られる野鳥たち
冬鳥が終盤を迎えるこの季節。そろそろ見られなくなる鳥も含めてこの時期に見られる野鳥を昨日に続き並べてみる。 アオジ 2016.1.21.京都御苑にて撮影 アトリ 2016.1.13.京都御苑にて撮影 キセキレイ 2016.2.25.京都御苑にて撮影 シジュウカラ 2016.2.25.京都御苑にて撮影 シメ 2016.1.26.京都御苑にて撮影 ツグミ 2016.2.25.京都御苑にて撮影 トラツグミ 2016.2.25.京都御苑にて撮影 トラツグミ 2016.2.25.京都御苑に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/06 05:00
野鳥観察・・・この時期に見られる野鳥たち
湖北や植物園、宝ケ池でこの時期見られる野鳥たちの一部をご紹介する。 ウグイス 2016.2.4.植物園にて撮影 エナガ 2016.2.4.植物園にて撮影 エナガ 2016.2.4.植物園にて撮影 エナガ 2016.2.4.植物園にて撮影 オオジュリン 2016.3.2.湖北にて撮影 オオジュリン 2016.3.2.湖北にて撮影 オオジュリン 2016.3.2.湖北にて撮影 ホオジロ 2016.3.2.湖北にて撮影 コゲラ 船岡山 2016.2.27.撮影 ジョウビタキ 201... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/05 01:00
野鳥観察・・・湖北の美しいコハクチョウ
3月2日に湖北へオオワシを見に出かけたが、それとは別にコハクチョウの群れを見るのも楽しみにしていた。そろそろコハクチョウも北へ帰るころと思っていたが、琵琶湖には柳島のヒシクイやコハクチョウもほとんど見ることが出来なかった。ところが山本山方面の田んぼのほうに多くのコハクチョウの群れが現れ、夕方までそこで食事を楽しんでいた。おそらく北へ帰る腹ごしらえのために田んぼへ出てきたのだろう。群れ同士、時には縄張り主張をするようだがあまり激しい諍いはしないようだった。湖北の田んぼでエサを食べるコハクチョウの群... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/04 01:00
花散歩・・・積雪に開花する今津にあるザゼンソウ群生地
3月1日に雪が降り、これは周りの雪を溶かして花開くザゼンソウ観察のチャンス到来と今津にあるザゼンソウ群生地へ翌朝一番に出かけてみた。春の雪は溶けるのが早い。8:30に現地についたがもう雪が解け始め竹藪の上から水滴がしたたり落ちてくる。カメラを守りながらザゼンソウの姿を写してみた。やはり雪があるとザゼンソウの姿はより美しくなる。 今津にあるザゼンソウ群生地の竹藪 2016.3.2.撮影 今津にあるザゼンソウ群生地の湿地 2016.3.2.撮影 今津ザゼンソウ群生地の雪とザゼンソウ 2016.... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/03 09:28
野鳥観察・・・湖北山本山のオオワシ
3月になったのでそろそろ湖北のオオワシも北へ帰る時期だと思い最後にもう一度姿を見たいと思って山本山へ出かけてみた。風のない天気となりオオワシは飛びづらかったのか長い時間枝移りぐらいしか動かなかった。待ったかいがあり16:30頃やっと琵琶湖へ飛び立った。しかし、エサは取らずにすぐ戻り17:00に引き上げたのでその後ねぐらへ飛び立つ姿を見ることが出来なかった。16:30の飛行を見れたのは幸いだった。 湖北山本山のオオワシの飛翔 2016.3.2.撮影 16:30頃琵琶湖へ飛び立ったオオワシ 20... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/02 23:17
花散歩・・・府立植物園の早春の花
今年は寒暖の差が激しいようだ。2月末に15度を超える日があるかと思うと3月1日は朝は積雪、午後にも吹雪く寒い日となった。府立植物園で2月末に写した早春の花をご紹介する。 セツブンソウ 2016.2.28.撮影 セリバオウレン 2016.2.28.撮影 セリバオウレン 2016.2.28.撮影 バイカオウレン 2016.2.28.撮影 バイカオウレン 2016.2.28.撮影 フキノトウ 2016.2.28.撮影 フクジュソウ 2016.2.28.撮影 フクジュソウ 2016.2.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/01 21:02
野鳥観察・・・京都御苑でのイカルの集団食事
冬の時期にはイカルがエノキの落ちた実を集団で食べに降りているところを見かけることが多い。ただ、人の気配に驚くと飛び去って違う場所へ移動してしまって長くは観察することが出来ないのが普通だと思う。この日はよほどおなかがすいているのか集団の規模が大きいから安心しているのか、人が何度通り過ぎても同じ場所に逃げては舞い戻ることを繰り返していた。今までも集団で食事するところを見ているが今回は数が一番多かったようだ。 エノキの木の下に落ちている実を食べに集団で降りてきているイカル 2016.2.25.撮影 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/26 22:20
野鳥観察…水無瀬のコミミズク、ノスリ、ホオジロ
山田池公園に行った帰りに水無瀬のコミミズクを見に寄ってみた。今年はよく飛ぶ日と飛ばない日があるようで、あまり近くに来てくれないようだ。前回1月14日に行った時は姿を見ることができなかった。この日は3時半ごろから飛び始めたので少し観察できた。しかし、ネズミが少なくなったのか活動は鈍くネズミをとらえた姿も観察できなかった。ノスリとホオジロは姿を見せてくれる。去年のブログのほうがこの鳥の生態をよく見ることができる。 水無瀬のコミミズク 2016.2.16.撮影 水無瀬のコミミズク 2016.2.1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/18 17:07
野鳥観察・・・ミコアイサ、オシドリのいる山田池公園
山田池公園へミコアイサを観察したいと思い出かけてみた。オス一羽とメス4羽がいたが、オスは単独行動をしてかなり遠いところで活動していたので思うように撮影できなかった。そのかわりメスは近場でエサ取りをしていたのでよく観察できる。オシドリも入江から出ようとしないので灌木の隙間から覗くしかできない。カワウが繁殖期を迎えコロニーを作り、オオタカも時折池を飛び交う。カイツブリやマガモ、ヒドリガモ、カルガモは数が多い。アラカシの林にはアオバトもいるようだ。 枚方市の山田池公園 2016.2.16.撮影 山... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/17 09:17
野鳥観察・・・京都の藪で増え続けるソウシチョウ
外来生物法で特定外来生物に指定され、日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている美しい野鳥のソウシチョウは京都で着実に増え続けているようだ。今回の観察でも密集した葉が生い茂る椎の木をねぐらにしてリーダーが美しく大きな声で囀り、10羽ほどの集団を率いてエサを探していた。亀山公園、吉田山、京都御苑、植物園ほかでその姿を見ているが、適当な藪があればどこにでも定着しそうなたくましさをもっている。今のところウグイスの生息環境を乗っ取ってはいないようだが集団を形成するのでこれからどう変化するかわからない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/12 05:00
花散歩・・・植物園の早春の花、可憐な白い花が咲くスノードロップ
植物園に咲く早春の花として可憐なスノードロップが満開になっている。これからこの花が終わると水仙、クロッカス、ヒヤシンスが咲き春の花が一気に咲きだすシーズンに入る。 府立植物園に咲く早春の花、スノードロップ 2016.2.7.撮影 府立植物園に咲く早春の花、スノードロップ 2016.1.30.撮影 府立植物園に咲く早春の花、スノードロップ 2016.2.7.撮影 府立植物園に咲く早春の花、スノードロップ 2016.2.10.撮影 府立植物園に咲く早春の花、スノードロップ 2016.2.1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 05:00
花散歩・・・節分時期に咲く早春の花、セツブンソウ
節分と立春を迎えると植物園にセツブンソウの花が咲く。注意してみないとどこに咲いているのかわからないくらい小さな花だが毎年この時期になると可憐な姿を見せてくれる。この花が咲くとすぐに春が駆け足でやってくる。 府立植物園に咲くセツブンソウ 2016.2.4.撮影 府立植物園に咲くセツブンソウ 2016.2.4.撮影 府立植物園に咲くセツブンソウ 2016.2.4.撮影 府立植物園に咲くセツブンソウ 2016.2.4.撮影 府立植物園に咲くセツブンソウ 2016.2.7.撮影 府立植物園に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 09:51
野鳥観察・・・府立植物園の生態園せせらぎでのジョウビタキの水浴び
ジョウビタキの水浴びはなかなか見れるものでないが植物園のせせらぎにちょうど水浴びをしようと飛来したところを観察した。人気がないタイミングだったので何度も何度も水浴びを楽しんでいた。 府立植物園のジョウビタキ♂ 2016.1.31.撮影 府立植物園の潅木で実を食べるジョウビタキ♂ 2016.1.31.撮影 府立植物園のせせらぎへ水浴びに飛来したジョウビタキ♂ 2016.1.31.撮影 府立植物園のせせらぎで水浴びするジョウビタキ♂ 2016.1.31.撮影 府立植物園のせせらぎで水浴びす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 05:00
野鳥観察・・・節分の日に探鳥した吉田山の野鳥たち(ソウシチョウほか)
吉田神社の節分祭に訪れた後、吉田山の野鳥探索をしてみた。ソウシチョウ、クロジ、トラツグミを撮影することができ、ほかに観察できた鳥はアトリ、シロハラ、コゲラ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、ルリビタキ、アオジ、ヒヨドリだった。これからも定期的に調べてみたいと思う。 吉田山のソウシチョウ 2016.2.3.撮影 吉田山のソウシチョウ 2016.2.3.撮影 仲良く餌をついばむ吉田山のソウシチョウ 2016.2.3.撮影 美しい篭脱け鳥のソウシチョウ。美しい声でさえずっている。 2016.2.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/06 05:00
野鳥観察・・・二条城の探鳥で見つけたハチジョウツグミなど
毎年2〜3月は京都検定に合格していると入苑無料になるので元離宮二条城へ出かけている。今年は一度ゆっくり探鳥して見ようと思い朝から出かけてみた。この日はかなりの数のカシラダカが桜園に入っていて餌を啄ばんでいた。そして、幸運にも梅園でハチジョウツグミに遭遇した。ツグミの数やシロハラ、シメの数もそれほど多くないのにこの鳥が一羽単独で餌を探していたのには驚いた。この日観察できたのは、そのほかにヒヨドリ、シジュウカラ、エナガ、ジョウビタキ、ムクドリ、イカル、カワラヒワ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/04 05:00
野鳥観察・・・賀茂川と植物園のカワセミの餌取り
賀茂川と植物園半木池でカワセミの餌取り活動を観察した。今回はFZ1000でなくEOS6Dで撮影してみた。 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 賀茂川のカワセミ 2016.1.31.撮影 植物園半木池のカワセミ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 05:00
自然観察・・・アカウキクサがはびこる蓮池に生きる小さな生き物たち
ある日の事、蓮池を巡ると血の池のようにアカウキクサがびっしりはびこっていました。ふと目をその中に移すと枯れ果てた世界の中に小さな生き物たちがうごめいています。あるものはこの状態では生き残れないでしょうがあるものはそこを終の棲家にしているようです。なぜか「蜘蛛の糸」の世界を連想してしまいました。 ある日の蓮池 2016.1.30.撮影 ある日の蓮池 2016.1.30.撮影 ある日の蓮池 2016.1.30.撮影 ある日の蓮池 2016.1.30.撮影 ある日の蓮池 2016.1.30.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 05:00
野鳥観察・・・寒波襲来の朝の野鳥たち
1月20日の寒波襲来で初雪の降った朝、賀茂川と府立植物園の野鳥と雪を見に行った。 初雪の朝の賀茂川のカワセミ 2016.1.20.撮影 初雪の朝の賀茂川のカワセミ 2016.1.20.撮影 初雪の朝の賀茂川のカワセミ 2016.1.20.撮影 初雪の朝の賀茂川のカワセミ 2016.1.20.撮影 初雪の朝の賀茂川のカワセミ 2016.1.20.撮影 初雪の朝の植物園のキセキレイ 2016.1.20.撮影 初雪の朝の植物園のキセキレイ 2016.1.20.撮影 初雪の朝の植物園のキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/01 05:00
景観散策・・・暖冬の中で凍てつく朝、寒い朝の府立植物園
暖冬の中で凍てつく朝、寒い朝に府立植物園の花鳥を愛でながら散策してみた。 凍てつく半木池 2016.1.25.撮影 凍てつく半木池 2016.1.25.撮影 シダレエンジュと比叡山 2016.1.27.撮影 イロハモミジの実を食べるイカル 2016.1.27.撮影 水を飲みに降りるメジロ 2016.1.27.撮影 せせらぎに餌を探すセグロセキレイ 2016.1.25.撮影 独特のスタイルでとまるシロハラ 2016.1.27.撮影 ロウバイ 2016.1.25.撮影 西表島親岳か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/30 05:00
野鳥観察・・・京都府立植物園のルリビタキ
今年の冬は京都府立植物園にルリビタキの数が少ない。♂の姿はまだ見ていない。♀が2羽いるようだ。水琴窟やシーダの森付近にいるルリビタキの♀を撮影してみた。 水琴窟のルリビタキ♀ 2016.1.25.撮影 水琴窟のルリビタキ♀ 2016.1.25.撮影 水琴窟のルリビタキ♀ 2016.1.25.撮影 水琴窟のルリビタキ♀ 2016.1.25.撮影 水琴窟のルリビタキ♀ 2016.1.25.撮影 水琴窟のルリビタキ♀ 2016.1.25.撮影 シーダの森のルリビタキ♀ 2016.1.27... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/29 05:00
野鳥観察・・・植物園のカワセミと遊ぶ
冬場、花や昆虫、野鳥の姿の少ない時は植物園半木池のカワセミが遊んでくれる。餌を採るのに必死なのだがこれを何とかコンデジで捕えようと頑張っている。なかなか思うようにはいかないが生態を観察するには十分かもしれない。 府立植物園半木池のカワセミ 2015.12.27.撮影 府立植物園半木池のカワセミ 2015.12.27.撮影 府立植物園半木池のカワセミ 2016.1.16..撮影 府立植物園半木池のカワセミ 2016.1.16..撮影 府立植物園半木池のカワセミ 2016.1.19..撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/28 05:00
自然観察・・・宝ケ池の冬景色(カケスやオシドリ、鹿のいる景色)
宝ケ池に冬景色を見に行った。ここの冬名物はオシドリが見れることだが今年は6羽しか観察できなかった。例年に比べかなり少ない。この日は比較的カケスが姿を見せた。アカゲラやミソサザイの姿も見れた。鹿は相変わらず良く姿を見せる。♀が妊娠しているようだった。宝ケ池にはシナガチョウが1羽残っているが、この姿と公園から見る比叡は良く似合う。 宝ケ池駐車場.友愛広場方面の冬景色 2016.1.23.撮影 宝ケ池の人気者、年老いたシナガチョウと国際会館や比叡山を遠望する宝ケ池の冬景色 2016.1.23.撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/26 05:00
野鳥観察・・・嵯峨野巡りで見た野鳥たち
1月22日は晴天だったので嵐山から大覚寺、広沢池へと嵯峨野巡りの景色を楽しみながら野鳥を観察してみた。当日出会った野鳥たちをご紹介する。 広沢池葦原のアオサギとコサギ 2016.1.22.撮影 亀山公園のアオジ 2016.1.22.撮影 亀山公園のアトリ 2016.1.22.撮影 広沢池のイカルチドリ 2016.1.22.撮影 大沢池のオオバン 2016.1.22.撮影 大沢池のオカヨシガモ 2016.1.22.撮影 大沢池のカイツブリ 2016.1.22.撮影 大沢池のカワウ、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/25 05:00
野鳥観察・・・嵯峨野大覚寺大沢池のオオバン
大沢池にオオバンが今年も数は多くないが来ている。真っ黒い鳥なのでなかなか撮りずらい。目は赤いのだが黒い色に隠れて見えないことが多い。蓮池に餌を探している所と菊島に休んでいるところを観察した。 大覚寺多宝塔前の蓮池で餌を探すオオバン 2016.1.22.撮影 大覚寺多宝塔前の蓮池で餌を探すオオバン 2016.1.22.撮影 大覚寺多宝塔前の蓮池で餌を探すオオバン 2016.1.22.撮影 大覚寺多宝塔前の蓮池で餌を探すオオバン 2016.1.22.撮影 大覚寺多宝塔前の蓮池で餌を探すオオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/24 05:00
野鳥観察・・・今年も健在している亀山公園のクロジ
亀山公園は昨年から今年にかけてかなりの公園整備がなされた。アオバトがよく訪れていた樫の木は景観の為かバッサリと伐採され、野鳥たちの通り道の隠れ家の藪も切り払われた。ずいぶん鳥たちは住みにくくなったと思う。それでもクロジは健在なのでうれしい。この日は2羽観察することが出来た。 亀山公園のクロジ 2016.1.22.撮影 亀山公園のクロジ 2016.1.22.撮影 亀山公園のクロジ 2016.1.22.撮影 亀山公園のクロジ 2016.1.22.撮影 亀山公園のクロジ 2016.1.22.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/23 05:00
蝶の生態観察・・・石垣島川平で採集したクロホシセセリとオオシロモンセセリ
昨年11月石垣島の川平のヤシで採集したクロホシセセリの若齢幼虫3頭と吉原のゲットウから採集したオオシロモンセセリの幼虫2頭をシュロチクで飼育したが、クロホシセセリは気温が低いにもかかわらず1月14日から21日にかけて羽化した。しかし、オオシロモンセセリはハナミョウガで飼育し蛹にはなったものの12月中旬に羽化寸前で低温の屋外で写真撮りしたことが悪かったのか羽化に至らなかった。たとえ短時間でもオオシロモンセセリは10度以下の環境にさらすとだめなようだ。 石垣島川平で採取した幼虫をシュロチクで飼育し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/22 05:00
野鳥観察・・・シジュウカラの冬の餌になるブナの葉に出来た虫こぶ
植物にはいろいろな寄生虫により虫こぶ(虫えい)が出来ることがある。葉や果実が異常な成長をすることにより虫こぶとなるのだが夏の間に出来たその虫こぶの中で越冬する虫をシジュウカラが冬場の餌としている。ブナの木の付近の落葉をこの時期になると群れで枯葉を拾っては小枝の上で突いて食べ、また枯葉を拾うという行動を繰り返す。見る人にはなんで枯葉を拾うのだろうと不思議な光景になるが突いた葉はきれいに虫こぶが取れているので見てみるとよい。 植物園の生態園でタマバエの仲間が寄生してできた虫こぶのあるブナの枯葉を探... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/21 05:00
野鳥観察・・・木枯らし(雪起し風)の中の植物園にいる野鳥たち
1月20日は京都の初雪となったがその前日は雪起しの風が強く寒い日となった。当然植物園には人影も少なく野鳥たちは普段とは違い頻繁に姿を見せ餌を探していた。そんな野鳥たちを観察してみた。 寒そうに羽を膨らますアオサギ。こういう時この鳥は髭を伸ばした仙人のように見える。 2016.1.19.撮影 アオジは相変わらず人を怖がらないでイノコズチの実を啄ばんでいる 2016.1.19.撮影 イロハモミジのくぼみに昨日の雨が溜っていてそれを飲みに来たイカル 2016.1.19.撮影 窪みにはこのようい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/20 14:55
野鳥観察・・・この時期に見る府立植物園のかわいい野鳥たち
今年は暖冬の性でか植物園に野鳥の姿が少ない。その中で探すと少ないながらルリビタキやジョウビタキの姿が見える。アオジだけは数が多い。それでも例年よりは少ないと思う。シロハラやツグミはこの時期でもまだ人馴れしていない。できるだけ近づいてそれらの野鳥に迫ってみた。1mの距離に近づいたアオジの目には私の姿が写っている。 椿苑のルリビタキ 2016.1.15.撮影 椿苑のルリビタキ 2016.1.15.撮影 生態園のジョウビタキ 2016.1.15.撮影 生態園のジョウビタキ 2016.1.15.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 08:11
府立植物園に見る暖冬異変の植物
府立植物園では暖冬異変により例年とは違う花が開花したり昨年の植物が枯れずに居残ったりしている。何とも季節感のない1月になった。 例年だと初春に咲くミモザアカシアが満開になっている 2016.1.15.撮影 サルビアの花がまだ枯れずに残っている 2016.1.16.撮影 マツヨイグサの蕾がまだ残っている 2016.1.16.撮影 ロウバイの花は半分程度もう終わっている 2016.1.16.撮影 蓮池のアカウキクサがびっしりはびこってしまった 2016.1.15.撮影 秋に野鳥が食べてし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/16 21:17
野鳥観察・・・京都御苑でこの時期に見られる野鳥たち
今年は野鳥たちの訪れが京都ではどの地も少ないようだ。京都御苑も例外ではないがこの時期に見れる野鳥をご紹介する。1月13日に御苑を一周して見た野鳥たちである。写真には撮れていないが少ないながらトラツグミ、ソウシチョウ、ヒガラ、キクイタダキもよく観察すれば見ることが出来るかもしれない。 アオジ 2016.1.13.撮影 アオバト 2016.1.13.撮影 水を飲みに来ているアトリ 2016.1.13.撮影 アトリ 2016.1.13.撮影 落ちたエノキの実を集団で食べるイカル 2016.1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/15 10:30
野鳥観察・・・ミコアイサ、オシドリのいる枚方の山田池公園
枚方の山田池公園にミコアイサがいるというので観察に出向いてみた。いることにはいたのだが非常に遠い。ルミックスFZ1000をデジタルズームで1600mmにしてようやく輪郭を得る程度だった。幸いにも観察中、オオタカが2羽現れ、1羽がカワウを池で捕えた。窒息させてから岸に引き上げ食べ始める。もう一羽が横取りしようとするがそれを振り払い木陰に隠して食べていた。ここで今日観察できたのはオオタカ、ミコアイサ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、オオバン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/14 22:24
花散歩・・・暖冬異変で早咲きする宝ケ池や京都御苑の紅白梅
今年は暖かい日が続き近来になくどの地でも紅白梅が早咲きしているようだ。宝ケ池には紅白梅と馬酔木の花が8分咲きになっていた。京都御苑も本来は2月に咲く早咲きの紅白梅が咲きだしている。 宝ケ池の梅の花 2016.1.12.撮影 宝ケ池の梅の花 2016.1.12.撮影 宝ケ池の梅の花 2016.1.12.撮影 宝ケ池の馬酔木の花 2016.1.12.撮影 京都御苑の梅の花 2016.1.13.撮影 京都御苑の梅の花 2016.1.13.撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/13 21:12
野鳥観察・・・ようやく賀茂川に多くなった都鳥(ユリカモメ)
今年はユリカモメの姿が暖冬の性か少ないと思っていたが荒神橋あたりまで行くとかなりの数のユリカモメが舞っているのを見ることが出来た。京都の冬はこのユリカモメが賀茂川に数多く群れてくれないと始まらない気がする。 鴨川の荒神橋付近で数多く舞っていたユリカモメ 2016.1.8.撮影 鴨川の荒神橋付近で数多く舞っていたユリカモメ 2016.1.8.撮影 鴨川の荒神橋付近で数多く舞っていたユリカモメ 2016.1.8.撮影 鴨川の荒神橋付近で数多く舞っていたユリカモメ 2016.1.8.撮影 鴨... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 05:00
自然観察・・・嫌われ者のカラスは美しいか?
カラスというのはどうもゴミあさりや黒装束が人に嫌われ写真の題材になりにくい。また写真に撮っても何か美しくないものが多い。賀茂川を自然観察していたらカラスが行水していた。「カラスの行水」というフレーズもあるがあまりいいイメージはない。そこでもう一度少ないながら撮った写真を見返してみた。やはり汚いものが目立つが偏見を捨てて美しそうなカラスの写真を掲載してみる。はたしてカラスは美しいだろうか?先入観にとらわれてやはり見たくない姿だろうか? 賀茂川で見たカラスの集団行水 2016.1.8.撮影 京都... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/10 14:22
野鳥観察・・・アラカシのドングリを食べるアオバト
アラカシの木にアオバトが7羽ほど入ったのが見えてドングリを食べに下りないか待ってみた。鳥の動きからすると下りそうなので少し時間をかけて待ってみた。2時間ほどして4時頃1羽が降りたのに続き8羽がアラカシの樹下に降り急いでドングリを飲み込み始める。オオタカのような天敵にこういう時に狙われることが多いので皆ドキドキものなのだろう。少しの動きにも反応して8羽が飛び立つ。よほどおなかを空かしているのか♀が1羽残ったが、これも皆がいないことに気付きすぐ飛び立った。朝に集団で水を飲みに来たり餌を集団でアオバト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 05:00
野鳥観察・・・水無瀬の河川敷でノネズミを狙うノスリ
水無瀬の河川敷へコミミズク以外の野鳥を観察しに午前中から出かけた。淀川にはカワアイサの群れとイソシギ、川鵜が見られ、河川敷の茂みにはウグイス、ホオジロ、モズ、アオサギ、チョウゲンボウ、ノスリがおり、上空にはノスリ、オオタカが舞うのとムクドリの群れを見ることが出来た。15:30から16:10まではコミミズクが飛ぶのを見て引き上げた。12時過ぎにノスリが河川敷でノネズミを狙っており、しばらくそれを観察した。 水無瀬の河川敷でノネズミを狙うノスリ 2016.1.7.撮影 水無瀬の河川敷でノネズミを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/08 10:38
今季も水無瀬河川敷に飛来しているコミミズク観察
今季も水無瀬にコミミズクが飛来していて野鳥好きの方は毎日のように撮影に来られている。私も年末に短時間だが様子を見に覗いてみた。 水無瀬河川敷 2015.12.29.撮影 枝にとまろうとするコミミズク 2015.12.29.撮影 ネズミを探すコミミズクの飛翔 2015.12.29.撮影 コミミズクの飛翔 2015.12.29.撮影 コミミズクの飛翔 2015.12.29.撮影 コミミズクの飛翔 2015.12.29.撮影 コミミズクの飛翔 2015.12.29.撮影 コミミズクの飛... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/05 05:00
2015年のヒサマツミドリシジミ観察を回顧して
2015年は久しぶりにヒサマツミドリシジミの生態観察をしに京都の花脊峠や滋賀県の産地に複数回出向いた。それらを総括して撮影写真の一部をご紹介する。特に10月に入ってからは♀の産卵シーンを観察に滋賀県の昔採卵したいくつかの場所へ出向くことによりその生態をある程度見ることが出来た。今年はさらに観察を続けてみたい。 花脊のポイントで先季ようやくテリを張り始める時期になり卍飛翔するヒサマツミドリシジミの♂ 2015.6.17.撮影 羽化直後の時期は通過するだけでテリを張らないが♂はこの時期になるとヒ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/04 05:00
謹賀新年 申年元旦
申年なので去年上高地で撮影した猿で年始の挨拶をさせていただきます。今年もよろしくご愛読お願いいたします。 2015年6月13日上高地明神池にて撮影 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/01/01 00:00
自然観察・・・淀川河川敷の狐(キツネ)
自然観察していて狸は良く見かけるが狐の方は今まで見かける回数が少なかった。しかし、今回淀川河川敷を観察していると狐が現われネズミを捕る行動を見ることが出来た。飛び上がって押さえつけるような行動を何度かするところを観察でき撮影した。 飛び上がってネズミを捕えようとするキツネ 2015.12.29.撮影 淀川河川敷でネズミを探すキツネ 2015.12.29.撮影 淀川河川敷でネズミを探すキツネ 2015.12.29.撮影 淀川河川敷でネズミを探すキツネ 2015.12.29.撮影 淀川河川... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/30 05:00
野鳥観察・・・この時期に近隣で見かける鳥たち
今年は暖冬の性か野鳥たちの姿を見かけることが少ない。ようやくツグミの群れを見るようになった。この時期に近隣の植物園、京都御苑、宝ケ池で見かけた鳥たちをご紹介する。 植物園の榎の大木で群れになって実を食べるイカル 2015.12.24.撮影 群れでエノキの実を食べるイカル 2015.12.24.撮影 イカルとシメ(イカルの群れに混じってエノキの実をシメが食べに来ている) 2015.12.24.撮影 植物園の藪を飛び回るウグイス 2015.12.24.撮影 時折植物園のサザンカの藪から姿を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/29 05:00
蝶の生態・・・美しい南方の蝶・クチナシの実を食べて育つ「イワカワシジミ」
今年の11月13日に石垣島の高田林道でクチナシの実からイワカワシジミの終令幼虫を1頭採集して持ち帰り飼育した。順調に育ち12月初めには蛹となり12月11日に羽化した。今年が暖冬だったことも幸いしたかもしれない。12月25日に羽化予定だったオオシロモンセセリは寒波で羽化間際で力尽きていた。これは非常に美しいいイワカワシジミの♀だった。太陽に当てて開翅さそうとしたが温度が低すぎてその撮影は断念した。 11月13日に石垣島高田林道で採集したクチナシの実を食べるイワカワシジミの終令幼虫 2015.11... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/27 05:00
不思議なキノコの世界・・・アブラゼミに寄生して生えた冬虫夏草ツブタケの仲間?
京都府立植物園の人工池の傍にあるユキヤナギにこの夏とまったままキノコに寄生され死んでしまったアブラゼミが♂♀2匹いた。どういう過程でこのような状態になったのかわからないがとまり方も良かったのか9月に発見してから12月まで1♂はまだユキヤナギの枝にとまった状態でミイラ化している。このセミが地中にいたら冬虫夏草のセミタケのようになっているのだろうか?あるいは地に落ちていたらもっと形を変えていたのだろうか?いずれにしても長きにわたり近くの池の湿気のおかげで12月までキノコ状態が保たれているのだろう。神... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/26 05:00
キノコ観察・・・市販のエノキタケと姿形が違う美味しい天然エノキタケとアラゲキクラゲ
天然エノキタケは鍋料理などによくつかう細長いベージュ色したエノキタケとは姿形が全く違って美味しい。今回観察したキノコは植物園の榎の切株に生えており、キノコ狩りのように持ち帰れないので幼菌から成熟菌になるまで経過観察してみた。 植物園の榎の切株に生えていたエノキタケの幼菌。一緒に生えているのはアラゲキクラゲの幼菌。 2015.12.17.撮影 植物園の榎の切株に生えていたエノキタケの幼菌。一緒に生えているのはアラゲキクラゲの幼菌。 2015.12.17.撮影 植物園の榎の切株に生えていたエノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/25 05:00
キノコ狩り・・・山の神様のプレゼント・美味しい天然の「ナメコ」
11月12月にブナ科の雑木林に行くと山の神様が美味しいキノコのプレゼントをくれる。友人とキノコ狩りに出かければ山の澄んだ空気の中でキノコ汁を味わえるし、持ち帰ってもしばらくいろいろな料理に使って楽しめる。今年は暖冬の性か12月に入っても2回山歩きでこのプレゼントを受けて楽しめた。天然のナメコは市販のものと違って実に美味しい。 花脊のブナ林に出来たナメコ 2012.11.10.撮影 花脊のブナ林に出来たナメコ 2012.11.10.撮影 花脊のブナ林に出来たナメコ 2012.11.10.撮影... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/24 05:00
野鳥観察・・・賀茂川に冬を告げるユリカモメの餌取り
賀茂川にユリカモメが訪れると京都に冬がやってくる。賀茂川の野鳥はパンが大好きなようで道行く人がパンを与えると鴨やアオサギ、ドバト、スズメ、ユリカモメなどが目ざとく見つけて集まってくる。そういう光景も賀茂川の冬景色として定着した。この日も寛ぐユリカモメたちの群れのところに餌を与える人が現われると多くの鳥が集まってきて、カワウが餌取りを開始すると逃げ惑う魚をお相伴するサギやユリカモメが小忙しく魚の影を追っていた。 賀茂川の冬羽になったユリカモメ 2015.12.18.撮影 賀茂川の少し夏羽が残る... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 05:00
野鳥観察・・・植物園と賀茂川のカワセミ
この時期になるとカワセミも食事をするのが大変になる。暖かい日でないと小魚も物陰に隠れてなかなか出てこない。いくらカワセミが魚捕りの名人でも姿を見せない魚は捕れない。魚の姿を求めて飛び回ることになる。植物園の半木池も池中を見てみるとほとんど見えるところには魚の姿がない。まだ賀茂川の方が川鵜が魚を追いまわしたりすると姿を見せてくれる。それはサギやユリカモメ、カワセミにはありがたい食事のチャンスにもなる。半木池で餌が見つからなければカワセミは賀茂川に出て川鵜がいる周辺とか落ち込みの魚を狙って広範囲に飛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/22 05:00
野鳥観察・・・エノキの実を集団で食べ吸水するイカル
この時期には集団で飛行し、エノキの大木やその下に実を食べるイカルをよく見ることがある。この日は植物園の水琴窟庭園の榎の大木に実を食べに来てパチパチという音を立てながら黒い実を啄ばんでいた。実を食べると喉が渇くと見え半木池に水を飲みに降りてくる。水際は危険が多いのでイロハモミジの洞にたまる水は最高のオアシスとなる。しかし、この水は少ないので利権争いが激しく戦いも起こってくる。 植物園の半木池に集団吸水するイカル 2015.11.17.撮影 吸水に下りるのは危険が多い。常に周りに神経をとがらしび... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/21 05:00
野鳥観察・・・人懐こくて人を怖がらないかわいいアオジ
アオジは人懐こく人を怖がらないところがあり脅かしさえしなければすぐそばで観察しても逃げることがない。冬になると植物園に居つくごく普通の鳥で、灌木の中で餌を摂っている姿をよく見かけるようになる。♂は時間がたつともっと頭の緑色が濃くなり美しい。脅かさずに佇んで近くに寄って目を合わせるとこちらを見ているようで本当にかわいい。植物園に今年は鳥の姿が少ないのでアオジとしばらく遊んで観察してみた。 植物園のレンギョウのブッシュに休んでいるかわいいアオジの♂ 2015.12.17.撮影 植物園のレンギョウ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/20 05:00
野鳥観察・・・琵琶湖湖北野鳥センター近くの鴨たち
琵琶湖湖北野鳥センター近くの柳島や漁港付近にはたくさんの冬鳥が集まっている。その美しい景色と集まっていた鴨たちの一部をご紹介する。 湖北野鳥センター前琵琶湖の柳島風景 2015.12.14.撮影 柳島にくつろぐオオヒシクイ 2015.12.14.撮影 琵琶湖柳島のオオヒシクイ 2015.12.14.撮影 琵琶湖柳島のオオヒシクイ 2015.12.14.撮影 琵琶湖柳島のオオヒシクイ 2015.12.14.撮影 湖北の漁港近くのヒドリガモたちがいる景色 2015.12.14.撮影 漁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/18 05:00
自然観察・・・コハクチョウが飛来した湖北の美しい景色
琵琶湖の湖北にコハクチョウが飛来して美しい姿を見せている。コハクチョウが餌をついばむとオオバンやホシハジロ、ヒドリガモ、キンクロハジロといった鴨たちがお相伴に集まってくる。本来ならこの時期は雪景色になるのだろうが今年は透明感のある冬晴れになった奥琵琶湖の景色が広がりコハクチョウたちがそこに融け込んでいる。 湖北にコハクチョウがいる景色 2015.12.14.撮影 湖北にコハクチョウがいる景色 2015.12.14.撮影 湖北にコハクチョウがいる景色 2015.12.14.撮影 湖北にコハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 05:00
野鳥観察・・・今年は例年より遅く12/8に湖北にやってきたオオワシ
今年は暖冬の性か例年より15日以上遅く12/8に湖北山本山にオオワシがやってきた。今年も見に行きたいので条件の良い日を検討していたが12/14は好天になるので出かけてみた。いつも良く飛ぶときは昼前後に行動するようなので昼前に今回も現地に到着して観察した。前日は一度も飛ばずこの日は朝に餌を捕ったらしいが、見ていると動きそうなのでしばらく見守る。想像通り脱糞して後飛ぶ気配を見せ飛び立ち、しばらくその行方を追いかける。それは山沿いに飛翔して姿を消したがすぐ同じルートで戻ってくる。短い時間だったがしっか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 05:00
自然観察・・・鴨たちのいる賀茂川の冬景色
今年は暖冬で12月8日に初霜が降りて以降また暖かくなった。そんなことでユリカモメの姿もまだ少ない。鴨たちの姿もまだ少ないがいつも集まるところにはそこそこの姿が見れるようになる。そんなことを考えていると早朝に鷺の集団(30羽を超える)とカワウの編隊(100羽はいるか?)が賀茂川の今宮通り付近に現れた。こんなに多くのこれらの鳥の数を賀茂川で今まで見たことがない。「こんなにいるぞ、どうだ」と「今年は野鳥が少ない」と言っていたことに対するデモンストレーションの様だった。 比叡山の見える賀茂川の景色とヒ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/15 05:00
京都北部近郊では珍しくなったスジグロシロチョウとコマユバチ
暖冬の性か11月28日の好天の陽気に誘われて京都の北部では最近とみに姿を見ないスジグロシロチョウが府立植物園の梅林に現れた。緩やかに飛翔してヨメナの花に吸蜜していた。飛翔しているときは大丈夫だったろうが花にとまると一匹のコマユバチが飛んできて体にとまる。幼虫や蛹ならともかく親の体に寄生するため卵を産もうとするのではないだろうが物色するようなそぶりを見せた。こんなシーンを観察するのは初めてである。 京都府立植物園の梅林に現れたスジグロシロチョウ 2015.11.28.撮影 緩やかに飛翔し下草に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/14 05:00
花と蝶・・・食草のカナムグラの減少とともに少なくなったキタテハ
秋型のキタテハは春型と違い羽の輪郭の彫が深くなり色も濃色となって美しい。この蝶の食草となるカナムグラは空地にはどこにでも生えていたが最近はどこも整備されて街中ではほとんど見かけなくなった。それとともにこの蝶も少なくなり春型などはめったに見ることがなくなった。越冬を控えた秋には数が増えるのでなんとか街中でも植物園等では出会うことが出来る。美しい花とキタテハを撮ってみた。 越冬を控え日向ぼっこするキタテハ 2015.11.30.府立植物園にて撮影 ツワブキの花とキタテハ 2015.11.24.府... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 05:00
野鳥観察・・・広沢池で観察したカイツブリの飛翔
広沢池で鯉揚げが12/5から始まるので最後のミサゴ観察に出かけた。ミサゴは8時ころには池に出て餌を捕ったそうだが10時ころから昼前まで数度山際と上空に姿を見せただけでもう水が引いた池にこの日は現れることがなかった。池にはモロコを狙うアオサギやダイサギが集まり、水がまだ残っている時にはカイツブリもいた。観察中に飛翔する気配を見せたのでそれを撮影してみた。 広沢池のカイツブリペアー 2015.12.4.撮影 カイツブリの飛翔 2015.12.4.撮影 カイツブリの飛翔 2015.12.4.撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 05:00
野鳥観察・・・この時期にこちらのフィールドで普通に見られる野鳥たち
虫たちが冬休みするこの時期は、本来なら野鳥たちが自然観察をする時に目を楽しませてくれる。しかし、今年は紅葉の遅れがあるほど暖かい性か冬鳥たちも姿を現すのが遅いようだ。例年ここに掲載するような野鳥はどこでも見れるのに今年はそうもいかないようだ。当たり年、外れ年というのがあるかもしれない。しかし、京都の初霜も8日に観測され、記録として一番遅くこの日湖北にオオワシも現れたというのでこれから冬の野鳥の姿を見る機会が増えることを願っている。 人懐っこいアオジ 2015.12.8.府立植物園にて撮影 ツ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/10 10:34
南の島の景観・・・人口2300人ほどで島の90%が亜熱帯ジャングルの西表島の風景
11月15日から17日の3日間滞在した西表島(いりおもてじま)の自然の景色をご紹介する。人口が少ないので島にはスパーやガソリンスタンドも数えるほどしかない観光地になっている。 車で行ける南の西端になる南風見田(はえみた)キャンプ場周辺の景色 2015.11.15.撮影 南風見田キャンプ場付近に咲くハイビスカスの花。この花にはツマベニチョウがやってくる。 2015.11.15.撮影 西表島大原港付近の景色 2015.11.15.撮影 タイワンヒメシジミのいる墓地公園の景色 2015.11.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/03 05:00
南の島の景観・・・美しい蝶のいる南国の石垣島の景色
11月12-18日の蝶観察旅行で見た石垣島の美しい景色をご紹介する。 石垣島川平(かびら)公園グラスボート乗り場 2015.11.120撮影 石垣島川平公園グラスボート乗り場 2015.11.120撮影 川平公園グラスボートから見るサンゴ礁の海 2015.11.12.撮影 川平公園グラスボートから見るサンゴ礁の海 2015.11.12.撮影 石垣島吉原にある私設昆虫館「カビラ蝶館」の展示標本 2015.11.12.撮影 石垣島パラピドー観光公園の入口にあるガジュマル 2015.11.... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/02 05:00
南の島の景観・・・美しい竹富島の海と民家の景色
11月14日に訪問した竹富島の景色をご紹介する。島中にスジグロカバマダラやシロオビアゲハ、リュウキュウムラサキなどが数多く群れ飛んでいた。 スジグロカバマダラが数多く飛ぶ草地と竹富島の特徴ある住宅 2015.11.14.撮影 住宅の入り口にはシーサーが飾られサンゴ礁の石垣が続き、掃き清められた道がすがすがしい 2015.11.14.撮影 石垣の周辺にはピンク色のアサヒカズラや真紅のハイビスカスの花が咲き南国の雰囲気を高めている。その花にツマベニチョウ、シロオビアゲハ、ベニモンアゲハが吸蜜に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/01 05:00
自然観察・・・南の島の野鳥や爬虫類など
石垣島・西表島では主に蝶観察を行ったので野鳥や爬虫類などはたまたま出会ったものにすぎないが、それらを紹介しておく。シロハラクイナや鷹類は見かけながら撮影はできなかった。メジロやキジバトもここのものは本州とは違うので撮影しておけばよかったと残念に思う。 アマサギ 2015.11.13.石垣島バンナ公園南にて撮影 アマサギ 2015.11.13.石垣島バンナ公園南にて撮影 ムラサキサギ 2015.11.15.西表島大富林道にて撮影 本州のものと違いずいぶん黒っぽいイシガキシジュウカラ 201... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/30 05:00
自然観察・・・南の島で出会った美しい昆虫たち
石垣島・竹富島・西表島を11月12日から17日にかけて主に蝶観察で巡り、その時出会ったほかの南の島の美しい昆虫たちをご紹介する。 ナナホシキンカメムシ 2015.11.13.石垣島バンナ公園にて撮影 アカホシカメムシ 2015.11.12.石垣島吉原にて撮影 ハマグルマの花にいるイヌビワハマキモドキ 2015.11.12.石垣島吉原にて撮影 オオトモエ 2015.11.17.西表島浦内川ガンピレーの滝にて撮影 クロツバメガ 2015.11.13.石垣島バンナ公園南にて撮影 タチアワユ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/29 05:00
自然観察・・・南の島のマダラチョウ類
石垣島・竹富島・西表島に飛ぶマダラチョウ類を見ると南国に来た感を強くする。大きくて白いオオゴマダラが青空に悠然として飛ぶ姿は周りの景色に映えて実に見ごたえがある。また、スジグロカバマダラはこの3島とも夥しい個体が群れ飛んでいる。どこにその食草のリュウキュウガシワがあるのか見当たらないが、ほとんどを食い尽くして発生しているのだろう。我が家でもウマノスズクサを食べるジャコウアゲハは多くの幼虫が食草の茎まで食い尽くしてしまうが、おそらくここでも同じような現象が起きているのだと思う。 本州の昆虫館で定... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/28 05:00
自然観察・・・南の島のセセリ類
石垣島・竹富島・西表島に棲息するセセリ類を11月12−17日に観察したのでご紹介する。オオシロモンセセリは幼虫のみの観察で成虫にはお目にかかれなかった。 コウトウシロシタセセリ 2015.11.16.西表島祖納にて撮影 コウトウシロシタセセリ 2015.11.13.石垣島高田林道にて撮影 コウトウシロシタセセリ 2015.11.16.西表島祖納にて撮影 ゲットウを食べるオオシロモンセセリの幼虫 2015.11.12.石垣島吉原にて撮影 オキナワビロードセセリ 2015.11.14.石垣... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/27 05:00
自然観察・・・南の島のシロチョウ類
石垣島・竹富島・西表島(いりおもてじま)など南の島に棲息、あるいは迷蝶として来るシロチョウ類をご紹介する。南国を象徴する代表的な蝶として知られ、大型で白地に紅が美しく垂涎の的となっているツマベニチョウは数も少なく花から花へ飛び回り、吸蜜時間が短いので撮影するには苦労が多い。また、ウスキシロチョウ、ウラナミシロチョウや、ナミエシロチョウ、カワカミシロチョウ、それにミナミキチョウ、タイワンキチョウは識別点が紛らわしく採集して標本にしないと写真だけでは判別がつきにくい種類だと思う。 サンタンカの花に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/26 05:00
自然観察・・・南の島のアゲハチョウ類
石垣島・竹富島・西表島に多く飛ぶアゲハチョウ類は本州と同じ種類でも外観の違うものがいる。クロアゲハの♂は尾が短く♀は赤紋が発達している。アオスジアゲハだけはあまり変わらない。カラスアゲハはヤエヤマカラスアゲハとして別の種類になっている。11月12日から17日に観察したアゲハチョウ類をご紹介する。 本州にいるものとあまり変わらないが数が多いアオスジアゲハ 2015.11.14.石垣島バンナ公園南にて撮影 本州のものより尾状突起が短いクロアゲハの♂ 2015.11.13.石垣島バンナ公園にて撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 05:00
自然観察・・・南の島のタテハチョウ類とヒカゲチョウ類
石垣島・竹富島・西表島へ2015年11月12-17日間蝶の観察と写真撮影に訪れ、そこで出会った南の八重山諸島のタテハチョウ類ジャノメチョウ類をご紹介する。 美しいアオタテハモドキの♂ 2015.11.13.石垣島バンナ公園南にて撮影 アオタテハモドキの♀ 2015.11.13石垣島.バンナ公園南にて撮影 アオタテハモドキの追飛(♂♀) 2015.11.13.石垣島バンナ公園南にて撮影 アオタテハモドキ♀ 2015.11.17.西表島高那にて撮影 タテハモドキ 2015.11.16.西表... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/24 05:00
自然観察・・・石垣島・西表島のシジミチョウ類
石垣島と西表島で観察できたアマミウラナミシジミ、ウスアオオナガウラナミシジミ、シロウラナミシジミ、ルリウラナミシジミとイワカワシジミの幼虫をご紹介する。ウスアオオナガウラナミシジミは迷蝶が土着して発生しているらしい。11月12日から17日にかけての観察でルリウラナミシジミ以外は新鮮な蝶を観察することが出来た。 アマミウラナミシジミ♂ 2015.11.13.石垣島高田林道にて撮影 アマミウラナミシジミ♂ 2015.11.15.西表島大富林道にて撮影 アマミウラナミシジミ♀ 石垣島バンナ公園南... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/23 05:00
自然観察・・・石垣島・竹富島・西表島にいるちびシジミチョウ類
八重山諸島の石垣島、竹富島、西表島にいるちびシジミチョウ類を撮影に出かけた。日本一小さいと言われるタイワンヒメシジミは西表島のミツバノコマツナギが生えている草地に局所的に発生していて、迷蝶が居ついたものとされているが何時絶滅してもおかしくない蝶だった。地面を這うようにして観察しないとなかなかその姿が見えてこない。その割に活動的で思うようにとまらない蝶である。ほかのシジミチョウもとまったところをマクロで撮影するのは非常に骨が折れた。リュウキュウウラボシシジミは3ケ所の発生地を巡りそれぞれ飛翔を確認... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/22 05:00
野鳥観察・・・西表島のカンムリワシ
11月12日から18日まで石垣島・竹富島・西表島を蝶の写真を主に撮影するため訪れたが、野鳥の撮影もある程度できるかなと期待していた。特にこの地域ならではのカンムリワシはぜひ見たいと思い、石垣島のバンナ公園のカンムリワシの展望台に行くが、そこでは鷹類が飛翔するのを見ただけだった。他の石垣島巡回ポイントと竹富島でも同じような鷹類が飛翔するのを目撃する事は出来る。しかし、西表島を訪れ、タイワンキマダラという蝶を追いながら浦内の放牛草地付近に行くと、木立からカンムリワシが飛び立つところに出会え、キーキー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/11/21 05:00
石垣島・西表島(いりおもてじま)の自然・・・日本最大の蝙蝠、ヤエヤマオオコウモリの生態
11月12日から18日にかけて八重山諸島の石垣島・竹富島・西表島を自然観察を目的に写真撮影をしながら可能な限り巡って来た。石垣島と西表島で日本最大の蝙蝠(開長60cm)ヤエヤマオオコウモリを観察できた。この蝙蝠は飛んでいると大きな鳥が飛んでいるように見える。オオバイヌビワやギランイヌビワなどの実を食べ、まるで狸を蝙蝠にしたような外見をしている。 石垣島バンナ公園昆虫館横にある幹に実のなるギランイヌビワの実を食べに来たヤエヤマオオコウモリ。夕方になると実を食べに集まってくる。 2015.11.1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/20 05:00
蝶の生態・・・ウマノスズクサがあれば市街地にも現れるジャコウアゲハ
ウマノスズクサがあることで植物園にはジャコウアゲハが一時的に大発生した。北白川の住宅地でもウマノスズクサがあることで自然発生を繰り返しているが、我が家もウマノスズクサを植えてみると今年は自然発生するようになった。餌が少ないので発生しても茎の芯まで食い尽くすありさまで、26頭ほどいた幼虫もこの秋はどこまで蛹になったのかはわからない。ウマノスズクサが毒なのでこの蝶は鳥が食べないらしいが蜂もあまり見向きしていないようだ。しかし、蛹になると見つかりやすい所にいるものは食されているのを見つけている。 自... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/19 05:00
蝶の生態・・・今年の秋、京都府立植物園に多く発生したスミナガシ
今年の秋は植物園のアワブキに何度となくスミナガシが産卵に訪れたようで、かなりの幼虫を自然観察することが出来た。幸い今年は野鳥の数が少なく、本来なら終令幼虫になるまでに捕食されるところが、今年はかなりの数が終令幼虫まで育ったようである。しかし、蛹は発見することが出来なかった。山のアワブキならば根際に蛹化しやすい場所があるが、植物園ではそのような場所がないためでもある。食樹のアワブキが近隣から消滅している原因もあり数を減らしているスミナガシをここで観察できるのはありがたいことだ。5頭持ち帰り家でも飼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/18 05:00
蝶の生態・・・京都市北区紫野の住宅街に定着しているクロセセリ
我が家の周辺にクロセセリが定着している。京都の山沿いの発生地は鹿の害でミョウガが減りその姿を減らしているが、住宅街では割とミョウガを植えているお宅が多いのでこの蝶が住み着く環境となっているようだ。市原、西賀茂、紫野、紫明、北白川、哲学の道、嵯峨野、蹴上、山科の住宅街にてそれを確認している。ここでは紫野の住宅街にある我が家に訪れた今年のクロセセリを中心にご紹介する。 我が家で羽化した紫野のクロセセリ 2015.5.3.撮影 市原の住宅街にいたクロセセリ 2015.5.8.撮影 紫野の我が家に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/17 05:00
蝶の生態・・・今年1頭だけ採取できた京都府立植物園のクロコノマ
2011年は京都のいたるところにクロコノマが発生し、奥地では花脊峠から広河原や大見にまでその姿があった。しかし、2012年ころからそれは少なくなりはじめ、2014年はかろうじて京都府立植物園に4頭の幼虫を見出したにとどまる。今年もその姿は少なく、宝ケ池で秋型成虫を1頭観察したほかは植物園で終令幼虫1頭を採取したのみだった。この植物園のクロコノマをご紹介する。 京都府立植物園で今年採取した終令幼虫1頭を飼育して羽化したクロコノマ 2015.10.30.撮影 今年の秋に飼育した京都府立植物園のク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 05:00
蝶の生態・・・東近江市で採取したカラスアゲハの飼育
今年夏、東近江市で採取したカラスアゲハから採卵した幼虫の生態をご紹介する。 昨年の春、宝ケ池の岩倉川で観察したカラスアゲハ春型の♂ 2014.5.3.撮影 東近江市で採取したカラスアゲハ(夏型)の♀ 2015.7.30.撮影 採取した♀から採卵したカラスアゲハの卵。孵化しなかったもの。 2015.8.6.撮影 カラスアゲハ2令幼虫 2015.8.6.撮影 カラスアゲハ3令幼虫 2015.8.9.撮影 飼育しているカラスアゲハ3令幼虫 2015.8.9.撮影 カラスアゲハ3令幼虫 2... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/15 05:00
蝶の生態・・・秋は幼虫期間が長いアオバセセリ
夏型のアオバセセリは比較的飼育がしやすいが蛹で越冬する春型のアオバセセリは秋の幼虫期間が長いので飼育がなかなか大変である。終令幼虫期間が10月から11月の初旬まで1カ月ほど終令のまま棲息する。食草のアワブキも黄葉し始めるころようやく蛹になる。京都府立植物園で9月初旬に採取した幼虫の経過をご紹介する。 京都府立植物園で見つけたアオバセセリ幼虫の巣。食草のアワブキの葉を綴って巣を作る。 2015.9.10.撮影 京都府立植物園で見つけたアオバセセリの幼虫の巣。中央アワブキの葉先にそれを閉じて綴っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/14 05:00
佐々理峠の自然・・・ブナ原生林の根幹とキノコ
佐々理峠から灰野に至る尾根筋はブナ原生林の歴史を見せる樹木の根幹がその悠久の息吹を感じさせてくれる。雨の古道を歩きその景観とキノコを観察した。 佐々理峠の樹木の根幹の景観 2015.11.10.撮影 佐々理峠の樹木の根幹の景観 2015.11.10.撮影 佐々理峠の樹木の根幹の景観 2015.11.10.撮影 佐々理峠の樹木の根幹の景観 2015.11.10.撮影 佐々理峠の樹木の根幹の景観 2015.11.10.撮影 佐々理峠の樹木の根幹の景観 2015.11.10.撮影 佐々理... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/12 05:00
京都紅葉散策・・・花脊八桝町春日社の紅葉
花脊八桝町春日社の大銀杏の黄葉とイロハモミジの紅葉は2013.11.19.にも紹介しているが、11月10日にここを通りかかったので撮影してみた。2年前とだいぶ時期に差があるようだ。今年の京都の紅葉の見ごろは場所によってかなりまだらとなっている。貴船川沿いは色づく前に散ってしまっていた。 花脊八桝町春日社の紅葉 2015.11.10.撮影 花脊八桝町春日社の紅葉 2015.11.10.撮影 花脊八桝町春日社の紅葉 2015.11.10.撮影 花脊八桝町春日社の紅葉 2015.11.10.撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/11 05:00
紅葉散策・・・滋賀高島市三国峠周辺の原生林の紅葉
高島市の三国峠(776m)周辺に広がる原生林の紅葉は見事な彩を見せる。遠敷峠も素晴らしいが、その峠を見晴らすこの峠からブナ原生林に踏み込んだ世界は全く異次元の色空間になっていた。目を見張る美しい紅葉の彩を写真にてご紹介する。 滋賀県高島市三国峠周辺のブナ原生林の美しい紅葉 2015.11.7.撮影 滋賀県高島市三国峠周辺のブナ原生林の美しい紅葉 2015.11.7.撮影 滋賀県高島市三国峠周辺のブナ原生林の美しい紅葉 2015.11.7.撮影 滋賀県高島市三国峠周辺のブナ原生林の美しい紅... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/10 05:00
自然観察・・・京都府立植物園の晩秋の野鳥と昆虫たち
京都府立植物園にいる11月初旬の野鳥と昆虫たちを観察してみた。暖かい日差しを受けて虫たちもまだまだ活躍している。 京都府立植物園にエノキの実や虫を食べ定着しているアオゲラ 2015.11.3.撮影 ユリノキの黄葉とアオゲラ 2015.11.3.撮影 エノキの虫を突くアオゲラ 2015.11.4.撮影 水が抜かれた琵琶湖池に現れたヒガラ。園内にはシジュウカラ等に混じり一羽だけいる。 2015.11.4.撮影 琵琶湖池に現れたヒガラ。アオジ観察中に私のすぐそばに出てきた。 2015.11.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/09 05:00
野鳥と景観・・・広沢池のアオサギとミサゴらの景色
嵯峨野広沢池には朝8時、10時、12時、14時と2時間おきにミサゴが餌取りに現れる傾向がある。水抜きされる11月20過ぎ頃までその姿を観察できるだろう。特に大きな魚をキャッチした時は見ごたえがある。この日は鯉なのかブラックバスなのかわからない大きな魚を10時20分ころキャッチした。旋回してすぐ捕まえたので一瞬の出来事だった。弁天島では弁天を祀る松にアオサギがカッコよくとまってくれ野鳥のいる景観美を演出してくれた。ほかに池にはオオバン、カイツブリ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カワウ、コサギなどがい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/07 19:23
晩秋に発生する羽が透明でオレンジ色の奇妙な形の美しい蛾「ミノウスバ」の集団交尾
オレンジ色の胴体をして毛むくじゃら。羽は透けて美しい。♀は蝶のような触角を持ち、♂は蛾そのもののブラシ状触角という不思議。こんな1cm程度の得体のしれない虫が虫も少なくなった晩秋の11月に現れる。この虫は蛾で名前をミノウスバという。最初この蛾を見た時はこの形状に驚いた。11月になりこの蛾がとまっているところを植物園内を歩いている時に見つけたので、食草のマサキ、ニシキギ、マユミといった樹木周辺を探ってみると他にも見つかるかもしれないと思い、園にあるニシキギを探した。するとニシキギのところでこれの♂... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/06 05:00
紅葉散策・・・ヒサマツミドリシジミのいる今津渓谷の秋
ヒサマツミドリシジミのいる高島市今津の渓谷の秋を写してみた。10月はヒサマツミドリシジミの♀に条件が合えば出会うこともできる。この日はウラジロガシに飛来するそれを1頭見ることが出来た。ナナカマド、シラキ、アカメガシワなどの紅(黄)葉が美しい。 ヒサマツミドリシジミ等ゼフィルスのいる今津渓谷の紅葉 2015.10.21.撮影 林道に差し込む朝日 2015.10.21.撮影 ウラジロガシが群生する山肌 2015.10.21.撮影 シラキの美しい紅葉 2015.10.21.撮影 ナナカマドの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/01 10:12
紅葉散策・・・美しい久多の渓谷の紅葉
久多の渓谷は昔、ヒサマツミドリシジミの採卵にたびたび出かけたところである。道路整備でだいぶ様子は変わったが谷が深いのでその美しさは昔のまま残っている。ヒサマツミドリなら卵を産みそうなウラジロガシの新芽が見えるがもうそのような枝を切って卵を探す年ではない。最近のカメラはよくなったのでそれを望遠で撮ってみると卵が見えるような見えないような。もう少し技術が進むとカメラで卵を確認することが出来る時代がくるのだろう。久多の秋の紅葉は本当に美しい。 美しい久多渓谷の紅葉 2015.10.29.撮影 木々... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/31 05:00
紅葉散策・・・朽木小入谷(おにゅうだに)と遠敷峠(おにゅうとうげ)の紅葉
雲海で有名な朽木小入谷と遠敷峠の紅葉を10月29日に見に行った。あいにく到着後は日照がなくなり秋の陽に照る山紅葉は見れなかったが天空の道(滋賀県高島市朽木林道小入谷線)に広がる紅葉はここならではの絶景だった。久多や朽木、能見、花背は紅葉の美しい所が多く、それを眺めてドライブするだけでも楽しいコースである。 遠敷峠への林道からから眺める小入谷天空の道の紅葉 2015.10.29.撮影 遠敷峠への林道からから眺める小入谷天空の道の紅葉 2015.10.29.撮影 遠敷峠への林道からから左側リョ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/30 14:50
自然観察・・・京都府立植物園の10月末の花、鳥、昆虫たち
府立植物園へ10月22日から27日にかけて訪れた時観察した植物や鳥、昆虫などをご紹介する。 スダジイに餌を探すアオゲラ 2015.10.26.撮影 スダジイに餌を探すアオゲラ 2015.10.26.撮影 樹上のアオサギ 2015.10.26.撮影 山茶花の花とエナガ 2015.10.27.撮影 カツラの木の黄葉に休むカワセミ 2015.10.22.撮影 ノニレの木のコゲラ 2015.10.22.撮影 シジュウカラの水浴び 2015.10.24.撮影 水浴びにやってきたシジュウカラ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/28 08:35
自然観察・・・京都府立植物園のこの鳥はオオムシクイ?あるいはメボソムシクイ?
野鳥の中でムシクイの類はどうも判別しにくい。蝶で言えばゼフィルスの同定に近いだろう。この日も植物園の中でムシクイが2羽いて水飲みに来た所とか林間で虫捕りするさまを観察した。モチノキ、ノニレ、イロハモミジ、キンモクセイ、アラカシの木にこの鳥が飛びながら餌を求めていた。オオムシクイに思えるが、メボソムシクイかもしれない。はたしてどちらだろう? 植物園のオオムシクイ? 2015.10.22.撮影 植物園のオオムシクイ? 2015.10.22.撮影 植物園のオオムシクイ? 2015.10.22.撮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 05:00
自然観察・・・ヤマトシジミの♂を誘引するキクキンウワバ(蛾)など秋の昆虫たち
府立植物園で自然観察の折、コブシの特定の枯葉になぜかヤマトシジミの♂が何度も数匹単位で誘引されているのを見つけた。何かあるのかよく観察するとその枯葉にキクキンウワバという蛾がとまっている。擬態しているのでわかりにくいがどうもこの蛾が原因しているらしい。近づいては交尾行動を示し間違いに気づいて飛び去る。それを入れ替り何度も繰り返していた。この蛾を撤去すると集まっていたヤマトシジミの♂たちは分散していった。面白い現象があるものだ。この蛾のフェロモンがヤマトシジミの♀が出すフェロモンに似ているのだろう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/26 12:37
自然観察・・・京都府立植物園のアオゲラ
今年も府立植物園にアオゲラのシーズンがやってきた。昨年もアオゲラが植物園に居付き様々な生態を見せてくれたが今年も期待が持てそうである。22日と24日に観察したアオゲラをご紹介する。 エノキの実を食べるアオゲラ 2015.10.22.撮影 エノキにいる虫を探すアオゲラ 2015.10.22.撮影 トチノキの虫を探すアオゲラ 2015.10.22.撮影 トチノキの古い巣穴を覗くアオゲラ 2015.10.22.撮影 エノキの枝上のアオゲラ 2015.10.24.撮影 エノキの虫を探すアオゲ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/25 05:00
自然観察・・・ヒサマツミドリシジミ産地の紅葉とヒサマツミドリシジミの♀
ヒサマツミドリシジミの♀の5度目の観察に某所へ出かけた。すっかり山は紅葉して非常に美しい。朝から快晴のヒサマツ日和となりその産卵活動観察を楽しみにした。何時もの通り朝日が当たり気温が上昇する9時から10時頃、この日の活力を得るため♀が産卵場所に近い日当たりのよい場所にふらふらと現われ開翅して日光浴する。その後は産卵のためにかなり広範囲に飛び回り産卵に適するウラジロガシの新芽を探して移動する。この日はブナの新芽にも産卵行動を示していた。残念ながら産卵する写真は撮影できなかったがおそらくブナにも産卵... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/20 05:00
自然観察・・・紅葉が始まった府立植物園正門前ケヤキ並木と秋の野鳥たち
府立植物園正門前の美しいケヤキ並木の紅(黄)葉が始まった。園内にはフユイチゴの赤い実がなりエノキの実を食べにくる野鳥たちも多くなる。この日はアオゲラがそれを食べていた。 紅(黄)葉が始まった京都府立植物園正門前ケヤキ並木 2015.10.17.撮影 紅(黄)葉が始まった京都府立植物園正門前ケヤキ並木 2015.10.17.撮影 生態園に赤く実ったフユイチゴ 2015.10.17.撮影 エノキにつく虫や実を食べにくるアオゲラ 2015.10.17.撮影 エノキにつく虫や実を食べにくるアオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/19 05:00
自然観察・・・大阪城公園の秋の野鳥たち
10月16日は朝から快晴だったので大阪城公園へ秋の野鳥を観察に出かけた。オオルリ、キビタキ、コサメビタキ、ムシクイなどが見られ、迷鳥で超珍鳥と思えるウタツグミの姿も見ることが出来た。大阪城公園は野鳥を観察するのに素晴らしいフィールドだと思う。オオルリの♀、キビタキの♀、コサメビタキは判別がつきにくい。またムシクイ類も写真では判別が難しい。 野鳥が多く訪れる大阪城公園音楽堂裏の小径 2015.10.16.撮影 野鳥を多く観察できる飛騨の森 2015.10.16.撮影 城石垣の上が野鳥を観察す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/18 05:00
大阪城公園で撮影したこの鳥はクロツグミの♀?ウタツグミ?
10月16日は晴天だったので秋の渡りの野鳥を観察に大阪城公園に出かけてみた。オオルリ、キビタキ、ムシクイなどが見られたが神社の裏にクロツグミの♀らしきものがいて大勢のカメラマンとともにそれを撮影した。てっきりクロツグミの♀と思っていたが帰って写真を見るとどうも違うよう?ヨーロッパには普通にいるウタツグミが迷鳥として来たのかな? 大阪城に来たウタツグミ? 2015.10.16.撮影 大阪城に来たウタツグミ? 2015.10.16.撮影 大阪城に来たウタツグミ? 2015.10.16.撮影 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/17 10:12
自然観察・・・クモバチの仲間アカゴシベッコウの蜘蛛捕獲
宝ケ池の山間遊歩道の石垣でクモバチの仲間アカゴシベッコウが蜘蛛を捕え巣穴へ引きずり込もうとしていた。逃げようとする蜘蛛の足を咥えて引きずり、抵抗すると針を刺して麻酔をかけているようだった。 蜘蛛を捕獲したアカゴシベッコウ 2015.10.13.撮影 蜘蛛を引きずろうとするアカゴシベッコウ 2015.10.13.撮影 蜘蛛を引きずり揚げるアカゴシベッコウ 2015.10.13.撮影 蜘蛛を巣穴まで運ぼうとするアカゴシベッコウ2015.10.13.撮影 途中蜘蛛が動こうとするとアカゴシベッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/14 05:00
蝶の生態・・・秋に♀の紋が美しくなるヤマトシジミ
ヤマトシジミはカタバミを食草とするので我々の最も身近に棲息するシジミチョウである。家の周りに秋になると数が増え多くのこの小さい蝶が舞う姿を見ているとうれしくなる。夏までの♀の表は黒一色だが秋になるとその中室にブルーの紋が出るようになり美しい。蝶の蒐集家には見向きもされないが家のカタバミで幼虫になり蛹になったヤマトシジミの生態をご紹介する。 ヤマトシジミの終令幼虫 2015.9.22.撮影 ヤマトシジミの終令幼虫 2015.8.12.撮影 カタバミの葉裏に蛹になったヤマトシジミの蛹 2015... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/12 05:00
自然観察・・・宝ケ池の秋の野鳥と昆虫ほか
宝ケ池の山に秋の野鳥が訪れている。先週にはエゾビタキ、コサメビタキやオオルリほかがネジキの黒い実を食べに訪れていたという。今週に入りそれらは姿を消したがアカゲラの声などが聴けるようになった。この日は一見ホトトギスかと見間違えたがツミの姿も見ることが出来た。カワセミの♀も野鳥の森に現れていた。この日に見た野鳥や昆虫ほかをご紹介する。 撮影した姿が似ていたので昨年ここで観察したホトトギスかと見間違えたが帰って写真をよく見るとツミだった。 2015.10.5.撮影 野鳥の森の観察水場でトンボを撮影... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/09 05:00
自然観察・・・京都府立植物園で初めて見たサカハチチョウ
京都の北山周辺では鹿害(鹿が蝶の食草を食べつくしてしまう)で昔は普通にいたサカハチチョウを全くと言って良いほど見なくなっている。非常に寂しい思いをしているが、府立植物園にフジバカマが咲きアサギマダラが訪れるようになったこの9月末にそれを観察していると偶然そこにサカハチチョウが訪花しているのを見つけた。夏型でかなり羽を痛めてはいるが産卵活動で里へ下りてきた♀のようだ。今年は植物園にスミナガシも何度となく訪れてアワブキに産卵したし、アオバセセリも産卵してそれぞれ幼虫が育った。そして、シジュウカラ、エ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/07 05:00
自然観察・・・ヒサマツミドリシジミ♀の秋の生態
月刊むし2015年7月ゼフィルス特集号の報文と直接横浜のI氏からお電話いただいたことに刺激を受け、ヒサマツミドリシジミの発生地某所へ観察に出かけてみた。10月にこういう発生地へ成虫観察に行くのは初めてである。出向いて、現地に8時半に到着するなり、こういうところに産卵すると予想した目の前のウラジロガシに♀が飛来して驚く。しかし、これは目撃後非常に敏捷な動きでほとんどとまることなく上昇していった。それからしばらくしてヒサマツらしきゼフと小さい蝶が舞う姿をいくつか観察し、小さい蝶がウラジロガシ葉上で開... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/06 05:00
自然観察・・・岡山県新見市の里山に群舞していたスジボソヤマキチョウ
岡山県新見市の近郊を観光ドライブしていた折、里山に咲くヤマハッカの花にスジボソヤマキチョウが群舞しているところに出くわした。私のチョウ蒐集をしていた45年以上前には京都の近隣にも多数その姿を見たものだが最近では伊吹山のミヤマイボタに群れているものを見たぐらいである。比較的大きなキチョウなので目立ちやすいがしばらくその姿を撮影して楽しんだ。付近にはクロツバラがあったのでそれで発生しているのだろう。また、この付近はベニモンカラスの産地なのでクロウメモドキで発生しているものもあると思う。まだまだいると... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/05 05:00
岡山県新見市にある県天然記念物「満奇洞(まきどう)」
岡山県新見市の山中に満奇洞という鍾乳洞がある。八墓村の映画ロケ地になった洞窟だが、そういう雰囲気にピッタリと言える鍾乳洞だった。総延長450mの洞窟入口は屈まないと入れないほど天井が低い。何度か頭を打ったが内部に入ると奥に広がる世界は鍾乳洞の形態をほとんど見せていて非常に内容の濃い観察が出来た。説明を加えずに写真をご覧いただくことでその様子を垣間見てほしい。 満奇洞 15.9.26.撮影 満奇洞 15.9.26.撮影 満奇洞 15.9.26.撮影 満奇洞 15.9.26.撮影 満奇洞 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/30 20:49
広島市森林公園こんちゅう館に舞う蝶たち
山陽道広島東インターを下りてすぐ近くに広島市森林公園こんちゅう館がある。広大な山間にそれは立地していて周りは自然豊かな公園となっている。ここを訪れるのは4年ぶりだが南方の多くの蝶に出会えて楽しい。沖縄に行ってもこの館内に飛んでいる蝶になかなか出会えなくなっているのはさびしいことだ。造られた自然だができるだけ自然らしく撮影してみた。 森林公園内にある広島昆虫館 2015.9.25.撮影 アオスジアゲハ 2015.9.25.撮影 オオゴマダラ 2015.9.25.撮影 食草にとまるオオゴマダ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/28 22:06
自然観察・・・雲ケ畑渓谷の自然
定点観察している雲ケ畑の渓流の自然を観察に出かけた。ここは標高350m位でウラジロガシが多い。ちょうどヒサマツミドリシジミの産卵時期なので渓谷での吸水や産卵行動をひょっとして見ることが出来ないか観察してみた。結果は何も見つからなかった。もっと朝日がよく差し込む渓谷でないとだめなのだろう。オオルリの若♂、この時期は非常に危険なキイロスズメバチ、猛毒を持つトビズムカデなどを観察することが出来た。 カワガラスが飛ぶ渓谷。この日も飛ぶ姿は見ることが出来たが撮影は駄目だった。 2015.9.19.撮影 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/19 22:00
自然観察・・・山科区の最高峰、音羽山(牛尾山)でオオセンチコガネとキノコを観察
牛尾観音周辺で臭豆腐のトラップを使うと美しい緑色のオオセンチコガネがたくさん集まってくるという話を聞いた同好のT氏の誘いで音羽山(593.4m)へ出かけてみた。40年ほど昔、夏の暑い盛りにこの山の中腹にあるススキ原で夥しいクロシジミを採集した思い出のある山である。今回はトラップの有効性が如何なものかを確認するのと時期的にどんなキノコが見れるかが私の関心事だった。トラップを仕掛けた後、パノラマ台から音羽山山頂に登り3時間強を経過して現場に戻ったが結果としては仕掛けた場所の問題もあったのかオオセンチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/16 11:20
自然観察・・・植物園に見る秋のキノコ(2015.9.10.観察)
今年は雨の日が多い。そういう気象条件はキノコの発生が多かろうと植物園に観察に行くことを楽しみにしているが、案の定9月10日に出かけた時もたくさんのキノコが生えていた。中にはアブラゼミに生えた冬虫夏草のツブタケらしきものも見ることが出来た。紛らわしいものが多くて名前を特定しにくいが、今回も私なりに図鑑と照らして名前を入れてみた。間違いがあればぜひご教授願いたい。 アブラゼミに生えた冬虫夏草のツブタケの仲間? 2015.9.10.撮影 アワタケ? 2015.9.10.撮影 カサタケの一種?20... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 11:46
自然観察・・・宝ケ池公園で7月に見たキノコ(2015.7.10.)
台風18号の雨でどこにも出かけられなかった。宝ケ池公園で7月10日に見たキノコを整理した。これも図鑑と突き合せた結果だがやはり難解で?が多い。しかし、昨日アップした9月に観察したものと7月とでは同じキノコが多いこともわかった。 アイタケ 2015.7.10.撮影 アンズタケ 2015.7.10.撮影 イタチタケ 2015.7.10.撮影 イヌセンボンタケ 2015.7.10.撮影 ウコンハツ 2015.7.10.撮影 カキシメジ 2015.7.10.撮影 キンチャタケ 2015.7... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/09 19:43
自然観察・・・雨上がりの宝ケ池公園に見たキノコ(2015.9.7.)
こう毎日秋雨が続くとなかなか出かけにくいが、キノコの発生条件はそろってくるので雨上がりにいろいろな場所に観察に行くと多くの種類を見つけることが出来て面白い。今回も宝ケ池公園に出かけその観察をして見た。写真を撮り図鑑で名前を調べるがなかなか判定できない。撮ったキノコは割いて見たり色替りの様子を見たりして特徴をつかむ努力をしてみた。一応今回も名前は付けたが?が多い。間違い探しをしていただけるとありがたい。 アオゾメタケ? 2015.9.7.撮影 アカアザタケ? 2015.9.7.撮影 アカツム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/08 17:45
自然観察・・・2015.9.5.に観察した京都御苑のキノコ
キノコの名前を知りたくてまた京都御苑を回ってみた。9月1日に観察した時と少し間を置いただけでかなり様子が変わっていた。今回も図鑑と照らし合わせ名前を付けてみた。間違っているものもあると思うのでお気づきがあればご指摘願いたい。 アイゾメイグチ。割いて見ると藍色に染まっている。 2015.9.5.撮影 アカシチオタケ? 2015.9.5.撮影 アンズタケ 2015.9.5.撮影 カレエダタケ 2015.9.5.撮影 カワリハツ 2015.9.5.撮影 キツネノカラカサ 2015.9.5.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/09/07 21:04
蝶の生態・・・越冬を控えこの時期に数を増やそうとしているムラサキシジミ
9月に入ると垣根のアラカシやアラカシの蘖に出る新芽にムラサキシジミの♀が産卵に訪れる。普段はあまり姿を見れない所でもこの時期には越冬を控えて数を増やそうとしているので観察する機会が増える。今年も京都府立植物園や京都御苑のアラカシ垣根でムラサキシジミの♀を観察した。幼虫の巣や成虫の姿を写真に写したのでご紹介する。 越冬を追えてこれから産卵するムラサキシジミの♀。産卵に必要なのか水たまりに吸水に来ている。 2015.4.17.府立植物園にて撮影 今年の春に産卵され発生したムラサキシジミの♂ 20... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/06 15:42
自然観察・・・雨上がりの京都府立植物園(2015.9.2.)に生えていたキノコ
キノコの観察をして写真を整理するとブログをアップするのが遅れる。何度図鑑と首っ引きしてもその名前を特定することが困難だからだ。写真を見比べてみてもこれがそうだと思えるものは特徴がはっきりしているものだけである。今回もこれがそうかなと思うものを並べてみた。 アケボノアワタケ? 2015.9.2.撮影 オオキヌハダトマヤタケ? 2015.9.2.撮影 オオシロカラカサタケ 2015.8.31.賀茂川にて撮影 カワラタケ 2015.9.2.撮影 キツネノカラカサ 2015.9.2.撮影 シ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/09/03 20:36
自然観察・・・雨上がりの京都御苑(2015.9.1.)に生えていたキノコ
キノコは名前を図鑑で調べるのが難しい。なかなかこれかと思えるものがない。どなたか先生に師事するととよいのだろうが独学では間違いが多い。今日、雨上がりの京都御苑を歩いてみた。想像通り多くのキノコが生えていた。図鑑と見比べて独断と偏見で敢えて名前を付してみた。間違いが多いと思うのでどなたかにそれをご指摘、ご教授願えるとありがたい。 アケボノアワタケ? 2015.9.1.撮影 カブベニチャ 2015.9.1.撮影 チチアワタケ 2015.9.1.撮影 アンズタケ 2015.9.1.撮影 エノ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/01 22:08
自然観察・・・山城の神童寺周辺に見る自然(ウラナミジャノメの姿を求めて)
山城神童寺に第二化のウラナミジャノメの姿を求めて周辺の自然観察に出かけた。残念ながら今回は1頭しかその姿を見ることが出来なかった。この周辺のヒメウラナミジャノメはウラナミジャノメがいる性か斑紋の変化のあるものが多い。今回は際立ったものが見つからなかったがそれでもその紋を観察すると面白い。平安時代の重要文化財の仏像を多く祀る神童寺は聖徳太子創建と伝え、近くの大神神社もこの地域の古代を想像させて興味深い。周辺には美しい里山が残されていてクヌギ林にいろいろな生き物がいることも嬉しくなる。 山城町の聖... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/27 20:05
自然観察・・・市原鞍馬川の夏
定点観察している市原の鞍馬川沿いの雑木林だが近年宅地開発でさらにクヌギの林が少なくなった。夏の荒れたクヌギ林で細々と棲息している生き物を観察してみた。 夏の市原の鞍馬川 2015.8.22.撮影 夏の市原の鞍馬川 2015.8.22.撮影 夏の市原の鞍馬川 2015.8.22.撮影 夏の市原の鞍馬川 2015.8.22.撮影 市原のクヌギ林沿いの小川 2015.8.22.撮影 市原の雑木林 2015.8.22.撮影 クヌギ林が荒れて朽木に生えるキノコ。名前はわからない。 2015.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/25 13:31
自然観察・・・タマムシの多産地、市原で観察したタマムシの産卵
2011年から数年、市原の特定の榎でタマムシが異常発生していた。非常に多くのタマムシが数本の榎の樹上で観察出来、またそれを樹上から見れる位置にその木があったのでそこは特別の場所だった。しかし、去年と今年は全くそこにその姿を見ない。残念である。今年もその姿を求めて出かけてみたが、全くいないので周辺のクヌギ林を観察していると、クヌギの朽木に産卵に来ているタマムシの♀を発見した。しばらくするとその根際や穴に産卵管を差し入れ卵を産むところを見ることが出来た。卵を産むところを観察したのは初めてになる。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/23 13:06
自然観察・・・京都御苑の雨上がり
この2日間夏の雨が降った。雨上がりにはキノコが出ているのではないかと京都御苑を歩いてみた。そこで見たキノコなどを紹介してみる。キノコは独断と偏見で名前を付けているので間違いがあればご教授願いたい。 京都御苑出水の小川の大楠 2015.8.21.撮影 京都御苑の百日紅の花 2015.8.21.撮影 京都御苑の九条池に咲く百日紅の花と甲羅干しするカメ 2015.8.21.撮影 京都御苑のアブラゼミ。一つの木の下部に8頭ほどとまっていた。 2015.8.21.撮影 真っ赤な色をした赤とんぼ、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/21 20:40
自然観察・・・美しい夏の広沢池と大沢池周辺
定点観察に出かけている嵯峨野広沢池と大沢池周辺の夏の自然をご紹介する。この日も写真には撮れなかったがクロアゲハ、ナガサキアゲハがクサギの花周辺に飛んでいたり、池周辺にはコシアキトンボなども飛んでいる。ヒヨドリも子育てで巣立った雛に餌の採り方を教えていた。モズも巣の周辺で大きな声で鳴いている。自然観察する目で眺めるといろいろなものが見えてくる。 真夏の広沢池の葦原と遍照寺山 2015.8.19.撮影 広沢池に映る遍照寺山と弁天島。水鳥はカイツブリぐらいしかいなかった。 2015.8.19.撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/20 01:00
自然観察・・・美しい真夏の宝ケ池公園
定点観察している宝ケ池公園。真夏には際立った生き物がいないが静かな昼下がりの景観を楽しみ、湿地や緑陰に休む虫や鳥を探すとけっこうおもしろい光景を見ることが出来る。 真夏の昼下がりの宝ケ池公園。比叡山と国際会館が池に影を落とすさまが美しい。 2015.8.18.撮影 宝ケ池の東屋と野鳥の森方面の景色。緑と雲が美しく池に映えている。 2015.8.18.撮影 宝ケ池の榛の木湿地 2015.8.18.撮影 宝ケ池公園のカサスゲ湿地 2015.8.18.撮影 宝ケ池国際会館 2015.8.18... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/19 11:45
自然観察・・・深泥池の夏(ジュンサイとタヌキモで埋め尽くされる池)
深泥池の盆頃はチョウトンボも盛りを過ぎ羽が傷んでくる。池にはジュンサイが溢れ、タヌキモが黄色い花を咲かせている。池辺にギンヤンマが飛びキイトトンボも盛りを過ぎた。ショウジョウトンボも羽が傷み出している。モンシロチョウの羽化したてがいてイチモンジセセリがタヌキモの花にとまった。こちらはこれからが出番だろう。シオカラトンボやオオシオカラトンボも水際に飛んでいた。池のジュンサイの中に泳ぐカルガモ、タヌキモの花姿などを写してみた。 池面がジュンサイで埋め尽くされた深泥池 2015.8.15.撮影 池... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/16 01:00
自然観察・・・京都のクヌギ酒場周辺にて
岩倉と大原の夏のクヌギ酒場周辺はいろいろな虫が集っていて面白い。一昔前ならもっとたくさんの虫たちがワクワクするぐらいいたのだがまだ少しだけでも残っていることに感謝したい。 岩倉の樹液の出ているクヌギの木 2015.8.14.撮影 岩倉のクヌギ酒場にいたアオカナブン 2015.8.14.撮影 岩倉のクヌギ酒場にいたカナブン 2015.8.14.撮影 岩倉のクヌギ酒場にいたコクワガタの♀ 2015.8.14.撮影 岩倉のクヌギ酒場にいたオオスズメバチとカナブン 2015.8.14.撮影 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/15 01:00
京都紹介・・・狸谷山不動院と瓜生山山頂(奥の院)
一乗寺の詩仙堂の奥に狸谷山不動院がある。金色の目をしたご利益の高いお不動様が懸崖造りの本堂にお祀りされている。麓の一乗寺下り松、八大神社は吉川英治の小説『宮本武蔵』の決闘シーンで有名になった場所でもあり、このお不動様の境内にも武蔵が滝に打たれる場面がある。山間で非常に霊気にあふれた信仰と修行の霊場となっている。本堂を奥の院に向かうと三十六童子めぐりの霊場になり瓜生山山頂に着く。ここには勝軍地蔵が祀られるが、山上広場は室町時代の北白川城跡である。京都では珍しいオオムラサキが舞う広場で、運が良いと多... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/13 01:00
蝶の生態・・・イチモンジチョウの生活史
6月15日に山城大河原で採集したイチモンジチョウの♀に産卵させその生活史を観察してみた。この蝶を飼育するのは初めてだったが鉢植えにしていたスイカズラで親になるまで観察できた。 羽化したてのイチモンジチョウ 2015.8.5.石榑峠にて撮影 羽化したてのイチモンジチョウ 2015.8.5.石榑峠にて撮影 花脊峠のイチモンジチョウ 2015.6.22.撮影 大河原で採集したイチモンジチョウの卵から育てて羽化したイチモンジチョウ 2015.7.16.撮影 イチモンジチョウの卵 2015.6.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/09 01:00
自然観察・・・石榑峠の昆虫や生き物たち
今年はキリシマミドリシジミの裏年になるのか石榑峠ではその姿をわずかしか見れなかった。数が少ない時は♂はテリを張らずかなり広い範囲を占有するのでとまることが少ない。したがって2回訪れてみたが飛翔する姿を見るだけで写真撮影はできずじまいだった。それにしても今年は暑い。蝶もぎらぎら照りつける太陽の下ではあまり活動せず、少し陽射しが緩んだ時に少しだけ姿を見せてくれた。ポイント近くの観察で写真を撮らせてくれた昆虫や生き物たちをアイウエオ順に紹介する。 ポイント近くから眺める鈴鹿山系の竜ヶ岳 2015.7... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/08 01:00
自然観察・・・スイスのツェルマットで見たベニモンマダラという美しい蛾など
スイスのツェルマットのお花畑で見た赤い美しい蛾はベニモンマダラという蛾の仲間らしい。時にはバフンアザミ(キルシウム・スピノシスシムム)の花に群れていて赤い斑点を作ったようになっている。こういう蛾を見れるのもスイスの高原ならではなのかと思う。ほかにもチャマダラセセリと友人が見まがえた蛾とか観察した。 アザミの仲間にとまる美しいベニモンマダラという蛾 2015.7.19.スイスのツェルマットで撮影 バフンアザミに群れる美しいベニモンマダラという蛾 2015.7.19.スイスのツェルマットで撮影 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/03 13:57
自然観察・・・スイスツアーで見た野鳥
今回のスイスツアーで見た野鳥をご紹介する。ヨーロッパでは日常普通の鳥なのだろうが日本では見たことがない鳥もいた。 イタリアのアオスタで見たイワツバメ 2015.7.18.撮影 イタリアのアオスタで見たイワツバメ 2015.7.18.撮影 スイスのユングフラウで見たキバシガラス 2015.7.21.撮影 スイスのユングフラウで見たキバシガラス 2015.7.21.撮影 スイスのユングフラウで見たキバシガラス 2015.7.21.撮影 スイスのツェルマットで見たクロウタドリ 2015.7... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/30 05:00
美しいアルプスの景観・・・ユングフラウとアイガー氷河眺望お花畑ハイキングの景観
今回のツアーはアルプス三大名峰観光で、21日は残り一つのユングフラウ(4158m)とアイガー(3970m)北壁の眺望を楽しむ内容だった。ユングフラウヨッホ駅(3454m)まで登山電車で向い、スフィンクス展望台(3571m)からユングフラウと氷河を見、氷の宮殿ツアーをする。その後アイガーグレッチャー(2320m)からクライネシャディック(2061m)までアイガー氷河を眺望するお花畑ハイキングを行い言葉に出来ない景観を満喫した。美しいアルプスの景観を写真でご紹介する。アルプスの花と蝶は別に改めてご紹... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/29 12:10
美しいアルプスの景観・・・ツエルマット−マッターホルンの壮大な自然
ツアーでは19日と20日に壮大な頂を見せるマッターホルンの観光をツェルマットを基点にして楽しんだ。初日は登山列車でゴルナーグラート展望台からローデンボーデンに移りマッターホルンを映す山上湖ハイキング、二日目は地下ケーブルカーとロープウェイでスネガ展望台に上り山上湖シュテリーゼまで往復してフラワーハイキングを楽しむ。好天に恵まれこれ以上ないと思えるマッターホルンの景観を撮影することが出来た。様々な表情を見せる壮大な自然の景色をご紹介する。 ツェルマットにあるホテルクリスチーナベランダから見たマッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/28 11:15
美しいアルプスの景観・・・イタリヤのクールマイヨールとフランスのシャモニーから上ってみたモンブラン
「アルプス空中散策ツアー」でイタリアのクールマイヨールからスカイウェイでエルブロンネル展望台に上り、モンブランを眺め、国境を越える三連のゴンドラが強風で運航停止の為、バスで国境のトンネルを越えフランスのシャモニーからもエギーュ・デュ・ミディ展望台へロープウェイで上りモンブラン(4810m)などの山々の威容を観光した。あいにく山上は朝のフランス側の雨で雲が多かったが一瞬の晴れ間にモンブランを撮影することが出来た。4000m級の山々の美しい景観をご紹介する。 イタリアのクールマイヨール(1300m... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/27 17:42
美しい自然・・・マッターホルンが美しく見えるツェルマットの草原に悠然と飛ぶアポロチョウ
祇園祭四条傘鉾巡行を今年はお休みして23日までスイスツアーに参加しました。その目的の第一はマッターホルンが美しいツェルマットの草原に優雅に飛ぶアポロ蝶の撮影です。ツアーなので時間制約があり小一時間の間でしたがアポロ蝶を撮影することが出来ました。スイスの美しい景色の中に悠然と飛ぶアポロ蝶は太陽の蝶と呼ぶにふさわしいものでした。 スイスのツェルマットにあるホテルから見るマッターホルン 2015.7.20.撮影 ツェルマットのアポロチョウが飛ぶガレ場のある草原 2015.7.20.撮影 ツェルマ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/26 08:43
蝶の生態・・・石垣市のキミスジ
石垣市で採集されたキミスジから採卵し飼育されている4令幼虫を友人から預かり飼育して撮影することにした。2005年に西表島で記録したのを皮切りに八重山諸島に定着した外来種の蝶である。カラムシで簡単に飼育できるので、放蝶されると京都にも土着するかもしれない。終令幼虫まで集団で食餌し、ほとんど分散することはなかった。蛹になる時に単独行動する。 成虫はキンモンガのような雰囲気をを持った蝶だ。 カラムシを食べるキミスジの4令幼虫と5令幼虫(石垣市) 2015.7.8.撮影 キミスジの終令(5令)幼虫... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/25 19:27

トップへ | みんなの「自然」ブログ

好奇心京都 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる